シャーレ テラリウム に水草の水上葉を植えました。



ポゴステモンはブセと相性がいいですね。




ロタラの花もまだまだ見頃です。


エキノドルスはこれが最後の一花。


ウォーターローンの花は可愛らしい。


花が入って、一気に鮮やかになりました。
他の植物はといえば、

ナナプチみたいなブセは成長遅め。
(左のはナナプチです。その右の。)

その他のブセも干からびることなく維持は出来ています。

盆栽はといえば、楡檜は、

葉っぱでいっぱいになりました。

枯れ木のような状態で買ってきましたが、
屋内に入って春を感じたようです。

こっちの盆栽も、

色濃い葉っぱが出てきました。

2/10の時点では、こんな状態だったのに。








なんか、葉っぱっていいぞ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




10/19に立ち上げた、新生4号器

植栽直後がこちら。

せっかちなので、とっとと増えるように、
ニューラージパールグラスをふんだんに植えました。





1ヶ月後、高光量で維持した水槽は、
ガラス面がコケまみれ。
まだ水ができていない感じだったので、
コケは放置して1回目のトリミング。
根が張った手応えだったので、
照明は通常の10Wスポットに戻しました。





光量不足で立ち上がってしまうかなぁ?
とも思いましたが、
2ヶ月後の本日、

まぁまぁ繁ってきました!

若干の立ち上がりは見られますが、

この先は葉っぱを小さく維持していきたいので、
低光量を継続したいと思います。
(ヒョコンと伸びてるのはコブラグラスか何か。
余ってたので混栽)

今回は、新規底砂だったので、
立ち上げにきっかり2ヶ月かかりました。
ただ、種水の効果はあったと思います。

ということで2回目のトリミング。

100均のスプリングシザーが大活躍。

逆手持ちにも、左手持ちにも、対応してくれます。

本当はADAのスプリングシザーがほしいです。
軽い力で切れますし、
先端の尖りっぷりも繊細で最高です。
うん、買おう!決めた!
スプリングシザーのストレート!

トリミング終了。

ゴルフ場みたいでつまらんなぁ。
ザクのコケはいい感じ!


まぁ、グッピーの繁殖水槽だから、
スッキリが良いよね!
とか言いながらも、
いろいろ妄想しちゃう。


絨毯完成まであともちょい!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




最近ハマっている苔のお話です。
元気がないとプレミアムモスのような姿で、
元気モリモリだとそれはまるでワカメ。
駒草園からやって来て、
2号器で育てています。

将来は絨毯にしたいのです。
ナウシカが、金色の草原に…みたいな。

こうなる予定です。


我が家の状況はというと、

荒野でガンマンが決闘しそうな感じ。
まだまだ生え足りません。


この苔、
簡単に増えそうですが、
なかなか気難しい。

植えても転がる、流される。
着生するかっていうと、
そうでも無い。
引っかかる程度。

気ままに流され、
引っかかったところで伸びる。

なので、
欲しいところに生えてくれない。

その場所が気に入ると、
ワカメ化開始。



透き通った緑が綺麗です。

ビーカーでも増やそうかと、
ちょいと採取して培養を始めると、
溶けてゴミになる。
うーん、意外と難しい。
環境さえ合えばガンガン伸びるみたいだけど、
水の好みがうるさいようです。

せっかくワカメ化して上に伸びて来ても、
水流が強かったり、
エビに荒らされると、

ひっくり返って丸まってしまいます。

こうなると、
綺麗には伸びないので、

指で砕いて、

水槽に撒きます。
そうすると、
また生えてくるのです。

早く草原にならないかな。

そしたら、王蟲とナウシカを置こう。


たしかホソバミズゼニゴケです。
たぶん光量の関係で、
上に伸びたり、
横に広がったりします。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




最近ネタ切れなので、
駒草園におねだりに行ってきました。




カランカラーン

入り口の扉を丁寧に閉めて入店する。
店内の暖気を逃がさないよう素早さも大切だ。
マスターはヒーターを
使用せずに水槽を管理しているので、
雨が降ると肌寒いこの時期はストーブを点けている。
こういった気遣いもおねだりには欠かせない。

入店したら、入り口から順番に、
褒めごろして歩く。
言葉は必要ない。
水槽の素晴らしさを堪能し、
素直に反応すれば、
そのリアクションが必然的に褒めとなるのだ。

おねだりはタイミングが重要だ。
いきなりおねだってはならない。

店内を一周したら、
AJを一冊抜き取り、
カウンターの上に置く。
帰りではいけない。
儀式のようなものだ。
特に意味は無い。

カウンターにAJを置けば下準備は完了だ。
マスターは間髪入れずネタを振ってくれる。
今日は、布袋と氷室の話題で盛り上がった。

マスターとの会話を
キャッチ3:リターン1で行いつつ、
随所に甘美かつタイムリーな褒め言葉を織り交ぜ、
その時を探る。

グッピーの話がひと段落したその時。


さぁ、今だ!
今回の獲物の話題に
さりげなくかつ素早く移行する。


マスター:「持ってくかい?」
ミッション コンプリート



おねだりが終わったからといって、
すぐに立ち去るのは野暮だ。
マスターとの談話を堪能し、
次のお客が入ってきたタイミングで、
AJの代金を支払い店を出る。
支払いは500円玉で行うのがいい。
スマートだ。



※おねだりはとても高度なスキルを要します。
一般の方は、是非、お金を払って購入して下さい。
また、この記事は、
おねだりを推奨するものではありません。
おねだりのしすぎは、あなたの健康に
害を及ぼす可能性があります。








こちらをご覧ください。

ゼニゴケの一種だと思います。
名前を聴いた直後に、
懲りずにまた名前を忘れてしまいました。
人の名前と水草の名前と、
信号機に付いた地名を
覚えるのが苦手です。
というか、覚える気がないようです。
絵で覚える派です。

マスターがひとかけらの苔から培養した苔です。
こんな絨毯初めて見た~!
海藻サラダに出来そう!
ニモが住んでいそう!


これを、
マスターが、
ブチブチっと引きちぎって、

パッキングしてくれました~。




仕分けしてみると、
プレモスも結構入ってる~!
ラッキー!

プレモスはモス工場行き。

もちろん、保湿のため、

蓋もしまーす。

この容器、
いつの日かフェアリーガーデン風に
仕上げようと思っているんですが、
マテリアルが揃うまではモス工場です。

ゼニゴケっぽいのは、

細かめに刻んで、
そっと沈めておきました。
着生能力は未知数ですが、
水流のほとんどない水槽環境なら、
舞い上がらずに増えてくれるのでは無いでしょうか。
うまく育つといいなぁ。

マスター、本日もありがとうございました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




最近はネ、
ヒーターがなくても維持が簡単な、
国産水草を見直そうと、
いろいろと植えているんですよ。

2号器でいえば、
スクリューバリスネリア。
これを植えています。
ランナーで横に広がるから、
逆に横への侵食を制御しやすいし、
スクリューがキュート。
維持も簡単。
素敵水草だなぁって。

でもね、

なんか付いてる!
白いの!
貝の卵かな?って思ったけど、

葉の中心、
下の方、

えらく規則的に、
一定の間隔で点々が。

これは、なんなんでしょう?
教えて賢い人!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




余ったオーストラリアンクローバーを
ただ瓶に入れておくのもなんなので、

今回も丸めて糸で縛りました。

これで3つ目です。
成長が早いので、水槽に浮かべて、
栄養分吸収に一役かってもらいます。

しばらくすれば、

こんな感じになります。
伸びすぎた茎だけたまにカットして、
丸っこさを維持すると可愛いですよ。

根っこも見応えありです。
小さなカエルのフィギュアぐらいなら
上に乗せられるかな?

グッピーの稚魚は、

ようやくメタルカラーが現れてきました。

体型だけ見ると、
まだ全部メスっぽい形。
この先変化が出るのかな?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




我が家には、
オーストラリアンなんたらクローバーだか、
チドメなんたらだか、
よくわからないけど、
すごく増える水草さがあります。

成長が早いので、
余剰養分の吸収用に、
あちらこちらに浮かべているのですが、
すぐに増えてめんどくさいので、
木綿糸で縛って管理することにしました。


適当に丸めて、
糸でぐるぐる巻に。


根っこがいっぱい伸びてきました。


水上にも葉が出てきました。

なかなかいい感じです。

とにかく増えるので、
3号器の前景に植えて見ましたが、
余って仕方ないので、
ガラス容器にも突っ込んでいます。

ガラス容器は、蓋があると維持が楽チンですよ。

瓶の中でも水上葉が。

育成が簡単な水草を、
うまく使ってレイアウトすれば、
日々の管理もずいぶん楽になりますよね。

今後は、自分の水槽にあった水草を、
うまく見つけて育てて行きたいと思います。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




今日はブログを更新しない予定でしたが、
新しく導入した筋トレマシーンを
使用している間は暇なので、
腹筋を鍛えながら
ブログを更新することにしました。

今後、ブログが更新されない時は、
筋トレをサボったのだと理解してください。
目指せ、エイトパック!

で、筋トレの前に、
スリムウッドにモスを巻きました。

サムライモスだと思います。
モスの巻き方はYossyさんに聞いてください。

葉っぱをイメージして、
部分的に巻きました。
めんどくさかったからではありませんよ。
むしろ、飛び飛びに巻く方が面倒なんですから。
その度に結ぶからね。

他にも、ウォーターフェザーを巻きました。
が、更新するつもりがなかったので、
写真を撮りませんでした。
猛烈に反省。

で、
モス巻き流木を水槽に入れていたら、
5cmCUBE盆栽に、

2cmほどのモスラ出現!
キィー、怖い~!

最初から居たとは思えないので、
買ってきた苔の中に、
卵が混ざっていたのでしょうね。
大きく育ったな。

このまま飼育するほど慈悲深くないので…、
ティッシュでくるんで…。
だって、何に育つかわからないでしょう?

ヤゴだと思って採ってきた生物が、
ヘビトンボの幼虫だって知った時のトラウマがあって、
謎の生物は今だに怖いのです。

ヘビトンボはググらない方がお互いのためだ。

筋トレがきつくて、文章が雑。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ










昨日見た時は袋だったのに、
今日見たら、中から白いのが出て来た。

とんがった細い蕾はよく見かけるけど、
袋を割いて出てきたのは、
我が家では初。

ふーん、面白いなぁ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




アクア開始から2回目の冬。
今年はヒーター無しで様子を見ています。
室温は20度で維持しているので、
水温は18度から20度です。

我が家で飼育する生体に関しては、
20度という温度は問題無いようです。
ずっと20度というのは、
日較差が大きいより適応できるみたい。

それよりも水草たちの変化は顕著です。
たとえば有茎草。

暖かい地域の有茎草は、
葉が抜けまくりです。
したの方はハゲっつる。
ロタラとかメジャーな種は
強そうなイメージだけど、
ウチには無いので検証不能です。

こちらも、

低温に弱いらしく、
多くの葉が透明に。

ウォーターローンは、

増えるでもなく、減るでもなく。
春を待っている感じでしょうか。

キューバパールはというと、

やや停滞気味ながらも、
確実に増えています。
意外にも低温には耐えられるようです。

ウォーターフェザー。

こちらはむしろ、低温の方が好みのようで、
新芽が見られます。

低温になってから、
むしろ伸びているのが、

ウォータークローバー?

水面に到達して冬を乗り切るのでしょうか?

国産水草はやはり強いです。

チドメは爆殖中。

そして当然ながら、

マツモも大爆殖。
余った養分の消費専門なので、
適量を浮かべているのですが、
日に10cmは伸びています。

どんな水草でも問題ない
ということではないので、
ヒーターレスでの維持には、
水草のチョイスも大切だなぁと思いました。
室温を23度ぐらいにすれば、
随分違うのでしょうが、
電気代も随分違うし、
何よりも、
我々が暑くて過ごせません。


試験的に、

ピタリ適温プラス 1号

を敷いて見ましたが、
底砂が厚いせいか、
はたまた、1号では出力不足なのか、
20度から変化はありませんでした。

壁に掛けるタイプの
ヒーターってないでしょうか。
実験器具とかで。
無骨なやつでいいんですけど。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






カボンバ アフロが作れるくらい。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




組織培養ってのが、
ずっと気になっていて、
いつか実際に見て見たいと
思っていました。

楽天カードのポイントが溜まっていたので、

組織培養 キューバパールグラス

を購入して見ました。

想像していたよりも柔らかい、
ピーチゼリー状の培養基に乗っていました。

自分は、菌を培養するような、
寒天状のものを想像していました。

近所で木化石に
色合いの似た石を拾ってきて、
0.2号の極細テグスで巻きつけましたが、

気づけば、30mを使い切ってしまい、
中途半端な状態に。
まだ、葉っぱはたくさん残っているのに。





底面濾過では、
底砂を動かすのはタブーです。

あっという間に水は濁り、
再び澄んだ水に戻るには、
かなりの時間を要します。
底砂はろ過装置そのものなのです。
水槽内で、外部ろ過のフィルターを
洗うようなものですね。
糞や残り餌、枯葉を溜め込み、
バクテリアが分解し、
養分として溜め込む。

極小気泡の超スロー濾過では、
人間の手が入ることを拒みます。
何も加えず、何も触らず、
水槽内の生態系を見守る。
手助けはするけど、
それは気づかれないように、
ほんのチョットだけ。
そんな感じのろ過でしょうか?




むすこすいそうは、
CO2添加は無しなので、
照明のみ強くして見ました。

出てきましたよー。

アクアブログでよく見る気泡がー!
キューバの宝石がー!
光は偉大です。

むむ、おいらが照明増やしたって、
葉っぱたちに気づかれたかも。



底砂をいじった他にも、
根流木からのカビによる濁りが出てきました。
枝状流木と同じですね。
カビにはチェリーシュリンプが
効果的だったので、
今回も、

エビ水槽から引っ越ししていただきました。
綿状のカビはとても美味しいらしいです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




テラ部分のモスもリシアも、
すべて多い尽くしてしまった、

ニューパールグラス

ですが、
そろそろコバエの季節。

もっさり葉を刈り上げて、
風通しをよくしたいところです。

しかしながら、
切っても抜いても、
どんどん増える。
捨てる量もかなり多い。
でも、抜いたものは根っこもついているし、
なんかもったいない。

というこことで、
我が家のメイン水槽=実験水槽内で、
陸地から水中への移植を。

抜いては植え、
抜いては植え、
を繰り返すこと100回ほど。






空いているところに片っ端から植えてみました。
LED直下から、
日陰まで、
いろんな条件下に植栽です。

ちなみに、

左が昨日植えた水上葉。
右が以前水中化させた水中葉。
ここは、ほとんど照明の
当たらない日陰部分です。
昨日、先っちょだけが
見えるように植えたのに、
もうこんなに伸びとる!

陸上では横に這ったけど、
水中ではどうだろう。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




嫁さんがジョイフル本田に行こうというので、
じゃぁもう少し足を伸ばしてチャームにも行こう。と、
家族4人で行ってきました。
県内とは言え、片道50km…。


母の日間近で花を売っていたせいか、
今回は駐車場にもひと気あり。

暖かくなってきたからか、

エアプランツが大量にありました。

今回気になったのは、

展示水槽の水草。

キューバパールグラス

だそうです。

着生能力は低いけど、
根で石に絡むよと教えてもらいました。

なるほどです。
これなら、石組みというより、
素材置き場と化した、

我が家の水槽に、
彩りを与えてくれるかもしれません。

お店に行ったら、
入場料と、講義料ということで、
なにか買って帰るがモットーなので、
水草をちょこっと買って退散。

そういえば、
こ~のんさん家はこの辺だったと、
急遽おじゃましました。
水槽べやの引越し計画中で、
新部屋の床をチェックしてくれと
言われていたので。

床補強、手に負えないようなら、
丸ノコ持ってお手伝いに上がります。

帰りに焼肉食い放題で
ビールを浴びるほど飲んで、
記憶を失いました。
(焼肉屋で運転手交代です)

買ってきたのは、
ベトナムクローバーと
ブリクサショートリーフです。

パックに名前が書いてあったので、
記事にできました。
キューバパールは買わなかった。


ブリクサショートリーフ



ベトナムクローバー


息子水槽とエビ水槽用です。

それから100均で陶器を購入。

こちらはハオルチア玉用。

可愛らしい感じで、
嫁さんにも好評です。


エビ水槽 中も前も、
賑やかになりました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




硫酸カリ添加継続中。
昨日までとは一変して、
赤い みずくさ たちが
一気に色づきました。

我が家の水槽で、
こんなに鮮やかな色が
出せたのは初めてです。

固形硫酸カリ添加前に発生した、
産毛のようなコケは、
成長こそ止まったものの、
誰も食べてくれません。

ヤマト先輩を追加投入して、
春の大暴走集会ヨロシク ロクサーヌ
でしょうか。


ハスは、イモから外れました。

こちらは水面到達組。

一日でずいぶんと伸びましたー。

土日でトリミングでしょうか。

みずくさ の成長が目に見えると、
すいそう を眺めるのが楽しくなります。
掃除や換水も楽しめます。

ゴビー、

あっ、アオミドロの残党が!

完全には退治できていなかったのか。
砂利の上で細々と生き残っていたとは。



毎日の変化が楽しみですね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




今朝起きて、
水槽を眺めて、
今日はネタないなぁ、
更新お休みだな。
って思ってたけど、
帰ってきたら、
なんか色々起こってました。

まず、コレ、

多分朝には生えてたはず。

みずくさに ちんちん が生えました。
ボカシ入れなくていいのかな?
この みずくさは オスです。
残りの3本はメスのようです。
今後、ちんちん がどうなるのか、
興味心身です。

それから、

ヤマト師匠の体の中は、
ウンコ道が見えています。
そんなにコケもないはずなのに
何を食べているんだろうって、
疑問に思っていたのですが、
朝はきちんとあったはずの、
ヘテランテラが、

ほとんどない!
チドメも、

穴だらけ!
これが有名な食害かぁ。
比較的良く増える水草なので、
まぁ今回は様子をみよう。

それより、

このお毛々はなんだろう?
師匠がアオミドロを食べ残した跡?
それとは別の藻やコケ?
なんか気になるなぁ。


おまけ
ポピーグラスの角度を下向きにする為、
応急処置で、足の長さの違う
キスゴムで対応しました。

ちょっと下に向いたので、
水位を8cmぐらいまで下げられそうです。

明日は何も起こらないはずなので、
多分更新は無いはず。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




私が、日々勉強に勤しみつつ、
アオミドロに襲われていると、
Xからの電話。
"ワシやー ワイやー ワテやー …"(着信ボイス)
※Xとは、私のアクア開始をきっかけに、
急にお近づきになった友人でありんす。


電話口でXが、
はよヤマト入れぇやー。
と言ったので、
月の初旬にして、すでにお財布のHPはゼロよ!
と伝えたところ、
X:ほんなら持ってくわー。なんぼ?
参の字:えー、デカイし怖いから5匹ぐらいでいいや。
X:欲しい水草はー?
参:名前知らないから、有茎草いろいろ。

※私は、関西弁がわからないので、
こんな感じに喋ってたなぁという、
曖昧な記憶で今回もお送りしております。




X:来たでー。



ほれ!



X:ロタラマクマンドラ ナローリーフ以外、
水上葉やでー。

と、あやしげな呪文を唱えるX。
なんて言ったかわからないから、
紙に書いてくれとお願いしました。

X:赤い有茎草メインで切ったったわー。
新鮮やでー。食えるわー。
それより、ワシのハナビ元気か~。

参:お前さんのじゃありませんよー。
私があなたから頂いたものですよー。
だから私のハナビですよー。
聞こえてますかー。


X:全員無事かー。

参:一匹が輸送時のダメージで
傷ついてお亡くなりになり、
一匹が背骨曲がりっぽい状況で、
ヒレをつつかれて弱っているので、
サテライトに入っております。
先日頂いたハナビは、
現在49匹であります!
以前から飼育中のものを入れると、
70匹以上いると思われますが、
息子のスタンド"鶯色の戦車"
を持ってしても、
正確な数を数えることは、
到底無理との報告を受けております。

※その後、サテライトに移した、
背骨曲がりの個体は、
残念ながらお亡くなりになりました。

(なんとなく、キャラが定まりつつあり、
Xは鬼軍曹or連隊長の方向で扱うことに。)

X:まぁ、ええわー、
水草の名前教えとくから、
覚えときやー。
電話でビロビロの赤とか、
ポツポツの緑とか言われても、
全くわからんしなぁ。


参:えー、じゃぁ、これを"いの1"、
それを"ろの2"…


X:そんなん 表がいるわー!

参:で、水上葉は、
どうやって水中葉にするのですか隊長!



X:しらん、ベランダで育てたやつやし、
水槽に戻したことない。
刺しときゃええやろー。


参:ラジャー!

ということで、
曲がって育ってしまったみずくさを
まっすぐに直しつつ、
水中葉に変えるために、
水槽の右側を開けてから植えました。
レイアウトとか完全に無視で、
もはや畑…。


水中葉は全く違う葉っぱだというので、
その姿を見てから植える位置を考えたいと思います。
こんなとき、
ストック水槽があったらなぁと、
強く思います。

せっかく名前を教えてもらったので
さも覚えるかのごとく
記事にしておきますが、
今回の難易度はすごく高く、
絶対に覚えられないので、
勝手に通称をつけます。
追加注文時は、通称でお願いいたします。

ロタラマクマンドラナローリーフ

細赤ロタラ

ルドウィジアセネガレンシス

いの1番でいいや
たのむ!点を打ってくれ!
どこで区切ったらいいか解らない。

二ドルリーフルドウィジア

うーん、ジャックと豆の木でいいや
ウィとか日常会話で使わないし!
これ、うちにある赤いやつじゃない?

ルドウィジアレペンスルビン

はっぱ3号!!
絶対に二度と言わない難易度。
覚えられるか!

エウステラリス ダッセン

おっ、日本語来た。
脱線草。

なんで長いの?
名前長いよ。
ロタラ赤細でいいでしょ。
和名併記して下さいよ。
ないなら付けてよ。
漢字の和名。
炉鱈 赤細!
こっちの方が100倍覚えやすいわ。

それから、ついに正式配備のヤマト師匠。

柄がきれい!
ハナビのように点々点。

ひげがいっぱい。

尻尾に紋々背負ってる。
おしゃれー。

目も、ちょっと半目で可愛らしい。
思っていたほどデカくない。
1匹を除いて。

ヤマト師匠の働きっぷりったら、
賃金追銭物で、
アオミドロを喰うわ喰うわ。
でも、根元は残すので、
次の日にちょいと伸びます。
で、夜には喰います。
多分、稲作を覚えた農耕民族よろしくで、
明日のおやつを確保するために、
喰いたい気持ちをぐっと抑えて、
根元を残しておくのでしょう。
明日生えてくるのを計算して。
賢いなぁ。
そのうち、切って植え始めるな。

記事が長くなったので、
ここいらで強制終了いたします。

また明日お会いしましょう。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




"オフ会でおねだり" 続編は、
こ~のんさんの水草部屋にて、
片っ端からおねだってきた水草の紹介です。

こ~のんさんは、とにかく気前良く、
テンポ良く、機嫌良く、
おねだりに答えてくれましたよ。

すべての水草の名前を、
ショップ店員風に
説明しながら切ってくれたのですが、
もちろん覚えてきませんでした…。
なので、今回も名前は雰囲気で。

さっそく紹介です。
まずは、

ブセ!西加里満タンとかなんとか。
以前記事で、ブセに興味心身と
書いたのを覚えていてくださったのです。
真っ先に頂きました。
しかも、次回出品予定の
レイアウト水槽からぶっこ抜いて。


たぶん、ナナプチ。
奥さんの次期レイアウトに使用予定のものを、
おねだりで横流ししてもらいました。
うちにもあるのですが、
なにせ数が少なかったのでラッキー!


十字と言っていた草。
トライデントとはちっと違うそうです。
これは、かっこいいです。
引っこ抜いた者は勇者であると、
村長が言っていた草ですな。たぶん
聖草エクスカリバー。


これはお店で見かけたことがあるぞ!
90cm水槽にいっぱい入れようと
思ってたやつだ!
名前は、ミニマムワカメ。
これと、ソリウムを混ぜて、
流木の麓に植えるんだ。


たしか、ナローって言っていたから、
ミクロソリウムナローじゃないかな?
ミニマムコンブかも。
これもいっぱいにしたい一品。


ホウオウノシッポ。
有茎草風の葉っぱを持ちながらも、
根から広がり茂る小松菜スタイルの葉っぱ。
見たことないし、まじでかっこいい!!


有茎草もバッチリおねだり。
うちにあるけど、全然物量が足りないので。
やっぱり、
増やす用のストック水槽は必須かなぁ。


すっごい細い細い葉の有茎草、
サクサクロターラ。
水に入れるとふわぁと広がって、
とても神秘的。
これもすごい好き!


ホウレンソウ プチ。
かわいい草ですよ。
色づき具合も可愛らしい。
オリーブオイルと胡椒でどうぞ。


これも楽しみな草です。
水面まで伸びてたなびく水草、
そう、タナビキソウspソードリーフ。
腰にベルトのように巻くしなる刀の如く。
流木裏からたなびかせまくりたいです。


ロングヘアーとテンネンパーマ。
テンパは、ヘアウィッグのよう。
この間まで植えてあったものを、
剥ぎ取ったそうです。
剥ぎ取らせたわけではありません。


ツイストパーマ。
葉の存在感が強いので、
テンパと使い分けて、
遠近感を出しても面白そうです。


なんか、高そうな雰囲気のする草、
コレナンカタカソウ。
おねだりビーム150%出力で
なんとかおねだり成功。
畑にしてエビを這わせたい感じ。


しだれモス。
しだれているまさにその部分を、
トリミングして頂きました。
我が家のモスコレクションが充実!!


これは知ってる!フレイムモス!!
燃え盛るその頂点をトリムして頂きましたー。
モスコレクション2013冬号
熱く燃える炎のような揺らめきは、
フレイムの名に恥じない!
カッチョいいぜぇ~。


ラムズホーンも頂いてまいりました。
増えても全然いいですよ。

これで全部紹介できたかな?
とにかくまぁ、
いったいいくらになるんだってくらい、
たくさんの水草を頂いてまいりました。
こ~のんさん。
本当にありがとうございました。
いつか、モストリノスケを
改修して持って行きます。
モストリノスケZ2.0として。

こ~のんさんの水槽は、
今回自分の立ち上げる90cm水槽と、
配置が近いので、
水草のレイアウトなど、
とても勉強になりました。

テンションが上がりまくっているので、
90cm立ち上げを早めようと思います。

※水草の正式名称は、各自でお調べください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




njrさんが、チャーム行く?
って言ってくれたので、
お互い息子を連れて
チャーム邑楽店へ行ってきました。
しかもnjrさんの運転で。
本当に楽をさせてもらっちゃいましたー。

駐車場に車がなかったので、
まさか休み?
しかも扉が開かない!
って、左扉は締め切りだ。
右扉から入店。
よかった。
2時間かけて行ったんだからね。
まぁ、乗ってただけだけど。

やっぱ、広い。
イメージしてたのは、
ホームセンター並みの広さだけど、
そこまでの広さはなかった。
田舎のコメリぐらい。
でも、熱帯魚屋さんとしては、
恐ろしいほどの大きさ。
すごかったです。
お近くにお住まいでしたら、
一度は覗いて見てください。
詳しくは、店舗ギャラリーでご確認を。

ベルツノガエルが、年末セールで激安!
まじで買おうと思いました。

せっかくきたので、
予算は2000円で買い物をすることに。
店舗限定特価品がめちゃ安でした。

購入した水草はこちら

ポタモゲトン ルーケンス



1本500円の葉脈スケスケ草が、
なんと3本500円

続いて、

リシア(1パック分)



1パック320円でも、
ホームセンターに比べれば、
激安だと思うのに、
6パック分入って500円!!
まじ激安!
これは、テラな半陸上部分に
ふんだんに使用したいと思います。

最後は水槽からチョイスして購入

クリプトコリネ ネビリィ(アクアフルール)



通販のよりも断然大きいからか、値段が違うー。
おねだりオーラを一気に放出したからか、
安くしてくれましたー。ヨシ!
何よりも、葉っぱが違う。
これが同じネビリィなのか?
あっちは水上葉なのかな?

まぁ、名前なんぞ何でも良いのだ。
大切なのはその存在感だ。
2株で1000円。

しめて2000円ピッタリ。
予算通りにお買い物ができました。

本当はね、
ブセが欲しかったんですよ。
いっぱいね。
でもね、一株で予算使い切っちゃうし。涙
いつか、水槽いっぱいのブセを!!

県内とは言え、
気軽に行ける距離ではないので、
次はいつ行けるかわかりませんが、
水草鑑賞と、
爬虫類両生類鑑賞を
目的にして行っても
充分に楽しめる良いお店でした。

現物を見て、水草の状態や大きさを
確認しながら購入できるのは、
通販には無い魅力ですね。

njrさん、お世話になりました。
ありがとうございまーす。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




アクアスカイのスタンド作成中につき、
完成まで水槽照明は無しです。
2日もあれば、完成するはずなのですが…。

その間は、

キッチン用の吊り下げ蛍光灯のみで、
明かりをまかないます。
朝方は高窓からの自然光もあるので、
まぁ、良しとしましょう。

アクアスカイ301×2で、

真っ赤な新芽が出た水草ですが、

真っ赤なままの葉っぱが広がりました。
もはや別草。
CO2添加はしていないので、
光量が効いたみたいですね。

生体数が多いので、
CO2は足りているのかもしれません。
それにしても、2灯にしたとたん、
こうも色が変わるとは。

こっちの葉っぱも、

日に日に赤く色づいてきたし。

赤い葉っぱも綺麗だけど、
ワンポイントだからこそ引き立つので、
赤だらけってのは嫌だなぁ。

でも、みずくさの変化が見られたことに感激。
水草コレクション水槽、バンザーイ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




むむ?
数日前から見かけるこの水草、

細い葉っぱが沢山だし、
ほのかに赤みを帯びていてイカス!
でも、こんな水草、
もらってきた覚えはないぞ。

元をたどっていくと、

ふむふむ、

え?
この丸い葉っぱは!
侘び草から大量に生えるあの水草。
そいつが途中から細い葉っぱになっとる。

うーむ、侘び草は水上葉で、
半陸地に植えていたから、
水上葉のままだったけど、
水中に突入したやつが、
水中葉に変化したようだ。

この葉っぱ、ムカデっぽいけど、
とってもかっこいいので、
水中葉として増やしていきたいです。
水上葉はどっさりあるし。


それと別の葉っぱのお話。
トリミングした頂芽に重りをつけて、

沈めておいたところ、

根っこが生えてきました。

ランプアイ水槽は、
ソイル無しなので、
きちんと育つのかはわかりませんが、
こっちも楽しくなってきました。

そろそろCO2再開しようかなぁ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




流木島の新入りです。

完全陸地用だと思うのですが…。
水中展開は試しません。
だって、ヤシノキ感アリアリで、
陸地にとっても合うんですもの。
子供達もジャングルだー!って興奮気味。
先日購入したマングローブは、
追い出されるように
試験管研究所へ一時移動。
島の雰囲気が一気にアップ。
スケール感はだいぶ変わって、
沼地の樹木から、完全な島に。
象とか置きたくなります。

それから、

諦めかけていた苔から、
新芽がニョキニョキ。
ずいぶんと伸びてきました。
採取してからずいぶんと時間が立ちましたが、
期待は持てそうです。

あと、カラー石巻貝を追加投入しました。
カラーサザエは元気なのですが、
石巻の方は、
誰かに襲われたり、脱走したりで、
少し減っていたためです。


こんな個性的な模様の個体も入っていました。

さらに、

砂に潜る変わり者まで。

朝には出て行ったようです。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




昨日も大量のポチりを頂きました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
ありがとうございました。
また、過去最高の500ページビューを頂きました。
PCページのみの数値なので、
モバイルページも合わせると、
ものすごいページビューを頂いたことになります。
重ねてお礼申し上げます。

お礼記事として、
現在進行中のDIYを紹介したいところなのですが、
2日連続で大量ポチりを頂いたため、
DIYにも変化はありません。
(DIY記事は給料日前になると、更新頻度が落ちます。笑)

そのため、お礼記事としては物足りないものとなりますが、
ストックネタから記事を一つアップいたします。





こいつんちの水槽は、
苔ばっかりで色気がねぇなぁ。
って声が聞こえてきそうなほど、
緑しかない水槽ですよね。
水草カテゴリーで良いのかも疑問に思うほど。

でもね、
いるんですよー。
赤い色気の水草たちが。


茎が赤


閉じた葉が赤


葉の付け根が赤


葉の裏側が赤

照明がついていると、
あまり目立たないのですが、
照明が落ちたあとに、
暗くなった水槽を眺めながら、
晩酌をしていると…。



いろんなところに赤が存在していることに気づきます。

真っ赤な水草の色っぽさには敵いませんが、
ふと見せる色っぽさも、
奥ゆかしくて良いもんです。

ほのかな赤もいいでしょ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




前回の訪問にて、
頂いてきたポリゴナムSPを植えました。
マスター、ありがとうございましたー。

あまりにも緑が鮮やかっだたので
伸びちゃうんだろうけど、
目立つところに植えちゃった。


伸びてから楽しめる場所にも。
まだ頭しか見えません。

さらには、

水上葉なので、陸地にも。

この陸地は、5つほどの流木を組み合わせ
モスを巻いて作ったものですが、
侘び草を解体して作った、ミニ侘び草が、
良い感じに根を張ってきたので、
その根を利用して陸地を作成。

根の上に水苔を突っ込み、

ソイルをスプーンで入れて、

埋め立て地完成!

さらに根が張れば、
埋め立て地が拡大されて行く予定。
高さもまだまだ上に行きたい構想なんだけど、
アクアスカイが乗らなくなっちゃうし、
予定変更かも。

それから、息子の試験管研究所にも

もう根が出ていますよ。


現在の水槽全景

流木島

生え茂にはまだまだ時間がかかりそう。


マスター、ハナビ入荷したんすね。
実物見たい!
うーん、来週は時間が取れないなぁ。
明日はソフトボール大会だし…。
時間とってなんとか訪問したい!
ハナビって、国産淡水魚を
ちっちゃくしたみたいで、
とっても素敵です。
自分の中で、
いま一番注目の魚なんですよねー。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




自転車の修理道具を買いに
ビバホームに行ったら、
いつもより多くの水草が売っていた。
自分の周りでは、あまり実感できないでいたけど、
やっぱり水草ブームがきているのかなぁ?
大半は袋詰めのもの。
名前すら書いていないけど、
ホームセンターでは見かけないものが
結構あったし安かったです。
後景草ばかりで、
うちのLOW水槽に入れるような
背の低い水草は見当たりませんでしたが。


ホームセンターにトロピカ社の水草が。
開封済みの発泡スチロールを見つけたので、
観察してみると、海外から直接届いたみたい。
グロッソが数ポットしかないので、
お試しで入荷して見たって感じかなぁ。
ちなみに、この写真は水槽の中を写したものです。

痛む前に誰かが買ってくれれば良いなぁ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




モッサーですよー。
ぐんぐん伸びてます。
下に、
横に。


最長わきげは7cm越え。
ソイル到達も夢じゃない。

しかーも、

でました。
待望の"わきえだげ"。
これが出ないと始まりません。

流木洞窟の入り口を、
怪しく演出するわきげ陣。
葉っぱより根っこに萌えるなんて、
想像すらしていませんでした。


ネノビールとか、ネモッサーとかいう商品は、
売ってないんでしょうかねぇ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





息子のラボで実験済みのバジル。
水にさせば根が出るというので、
水槽につけて置いたところ、
もっさりと根が出ておりました。

青々としていて綺麗だし、
水をかけるとバジルのいい香りがします。

アブラムシのような虫がどこからともなく
発生するのですが、
スポイトで水をかけて、
水槽に落としてやれば、
小魚たちのいい餌に。

ネイチャーアクアリウムでは、
餌すら自給自足なのですね。

庭のミントも突っ込んでみようかと思いましたが、
半端ない増殖力なので、
水槽がミントだらけになると言われてやめました。


痛んだので、外に放置して置いた、

浮き草は勝手に繁殖していました。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




侘び草に入っていた、
名称を確認する術も無き水草。

わきげがずんずん伸びてる。

このまま、水深18cmまで伸びれば、
ご所望のソイルに到達。

根っこを楽しむネイチャーは、
今までなかったのでは?
雲の中に、太古の天空都市が存在した。
そんな雰囲気に。

文明の上に、自然が覆いかぶさる感じ、
何だか萌えます。
文明っぽいオブジェクトを用意しようかなぁ。
石像とか。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ふと水温計をみると22度、
涼しくなってきましたねー。
そろそろ、ヒーターを導入しなきゃ。

水草たちも根を張り落ち着いてきたのか、
だいぶニョキニョキです。

チェーンソードはランナーを伸ばし、
モス絨毯の上へと上陸(上苔?)
異種が混じって、雑草感がアップしているので、
もうしばらく様子を見ることにします。


ロターラ・ロトンジフォリアの右側は、
小さな茎で分岐開始、
成長はゆっくりです。
左はというと、

ずいぶん伸びて、
ボリュームも出てきました。
周りに他の水草もないので、
土の養分がしっかり供給されているのかな?


ヘアグラス各種も、
だいぶ密生してきました。
ここに埋れてしまうチェーンソードは、
明るい場所に移動しました。

侘び草、

どわー、
こ、これは、
noonさんの記事で見た"わきげ"?
侘び草は、解体・再構築を行い、
土の量が減っているので、
栄養が足りないのかな?
流木の上に乗ってるし、なおさらかなぁ。

垂れた根は秘境の沼っぽいので、
これは容認。
ただ、水面付近を横に伸びているので、
下のチェーンソード農場に影が落ちてきました。

そもそも、20形のホタルック1灯では、
光量は不足していると思われるので、
今後のDIY課題です。


四角いヒレを目一杯広げて、
とても綺麗だったランプアイのメスですが、

ここ数日は流線型モードです。
水流が強いからなのか、
産卵期の終了なのか、
体調が悪いのか、
まだまだ解らないことだらけです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




私の水槽の隣には、
子供達の植物スペースがあります。

私が、ビーカーやらガラス瓶を
いっぱい集めている影響か、
試験管タイプの一輪挿しを、
2人でお小遣いを出し合って買ってきました。

当人曰く、色々な植物を差して、
調査研究しているそうです。


ほほー、切った茎から、
こんなにも根っこが出てくるものかね。

ピザ用にベランダで育てているバジルだそうです。

自分も、
そこら辺で採取してきた、
苔やらシダやら、石やらを、
いきなり水槽にいれずに、
きちっと調査研究しよう。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ