ミドボン導入したいって記事を書いたところ、
ma883さんから、
ミドボン用のレギュレーターを
プレゼントして頂いちゃいました。

レギュレーター2つに各種パーツまで!
数万円相当ですよ。

減圧指定のフルオーダー The ステンレス!

めっちゃかっこいい!

キャビネット内に収納するのが勿体無いくらいですね。

ということで、
早速、
酒のヤ◯ヤへ直行!

5kgのミドボンを入手してきました。
そろそろ小型ボンベが尽きるので、
ちょうど良い導入タイミングでした。

お店の人が、
「メーカーはどちらにしますか?」
というので、
迷わず、
「アサヒで」
と答えました。
別にメーカーによる差異はありませんが。
ていうか、聞くの?
たぶん、ドライな感じでしょうね。

これで、炭酸水作り放題です。

おわり


追伸
ma883さんへ
等価交換には、
全くもってなりませんが、
群馬の名産物を送らせて頂きました。
この度は本当にありがとうございました。
私めに出来ることがあれば尽力いたしますので、
その際は何なりとお申し付け下さい。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




先週末、100均で買ってきました。

メラミンスポンジは、
薄型で水槽掃除にもってこいです。
サイコロ型って厚すぎて、
細かいところが掃除しにくいし、
力が入れづらいんですよね。

それから、

メラミンのスティッククリーナー、
先端交換式です。
水面付近の掃除に便利。
特に後ろ側ね。


シリコーンラップ。
何度も使える密閉フタ。

うわぁ、ゆるいー!
500mLビーカーに使用するなら、
12cmまでのSサイズを買いましょう。涙

そしてヤドクガエル!

毒があるので素手で触ってはいけません。
1匹300円。しかもマグネットです。

ついでに、
トカゲ盆栽の中身。


我が家のアクアは、
100均とガチャガチャで成り立っている
と言っても過言ではありません。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ピンセットとハサミ、
しょっちゅう使うのに、
なかなか良い置き場がないなぁと
いっつも思っていました。

今回は、以前から欲しかったけど、
定価だととてもてのでない物を
リサイクルショップにて
未使用499円で入手してきました。
うーん、ラッキー。


包丁スタンドです。
以前見つけたものは、
プラケースの筒型オシャレ仕様でしたが、
今回のは角型竹ケースです。

上から、

好きなところにブスッと!

好きなツールを好きなところに好きな数。

中にこんな樹脂が詰まっているんです。

一応、抗菌なのかな?

少し大きい気もするし、
斜めになっていない方が便利そうなので、

あとでガワを自作しようと思っています。
ひと回り小さくしちゃおう。

サクッと刺さって、
すっと抜ける感じをお伝えすべく、
動画も撮ってみました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




みなさんの20thメンテナンスツール、
どのぐらい育ちましたか?
自分のピンセットは、あと一息で完成です。

購入当初は真っ黒だったピンセットも、
コツコツと日々使い続けることにより、
ピカピカの銀色へと変化してきました。



やっぱり、ADAと言えば、
ピカピカのステンレスですよね。



黒バージョンを使い続けると、
このように育ってくれるわけです。



まるで最初から鏡面仕上げだったかのような、
いや、使い続けたからこそのご褒美に、
鏡面仕上げになると言った方が納得いく。



20thのシルバーは、ブラストタイプで、
鈍く光るものだったので、
(正確には鏡面とのツートンかな)
鏡面を手に入れることができるのは、
ブラックを買って使い込んだ人だけ!

残るはここだけ!


え?研磨剤で磨けばいいだろうって?
そんなことをしたら、
花柄も削れちゃいますし、
何より粋じゃないでしょ。

使い込んだ結果としての鏡面が欲しいのです。
そして、我が家に訪ねてきたADAコンプリーターが、
20thモデルに鏡面なんてないでしょ?!
何これ?
っていう質問に対してこう言うのです。
「道具は使ってこそ道具、
ほら、お前さんも、
飾ってないで使ってごらんよ。
こんな素敵ツールに変貌するんだから。」
って。


え?
ハサミはどうなったかって?





トリミングなんてほとんどしないので、
買った時のまま、真っ黒です。笑


あと一つだけ欲しいメンテナンスツールがあります。
そう、プロシザース・スプリング
ストレートタイプが欲しいのです。
2014Ver.が鏡面で有ることを祈るばかりです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





水を抜きながら注水。
実質、全量換水。

排水のコックと、注水の蛇口を、
一発で均衡状態に持っていけたら、
今週は勝ち。

だいたい負けなので、
お風呂ブザーは必需なの。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




以前、ミストファウンテンは、
霧発生装置フォギーじゃないかって記事を書きましたが、

LEDがチカチカうるさかったり、
連続使用時間に制限があったりで、

いつの間にか使わなくなってしまいました。



そんな中、
今回は、お手軽そうな品を見つけました。


こちらも超音波の振動素子を
使用した商品のようですが、

コンパクトで装置は簡潔。


見た目もスッキリ。


4時間と8時間のタイマー装備で、
水切れ自動OFF。


使い方も簡単。

という装置を発見してしまいました。
ミストファウンテンは、
下にとどまる霧を発生させるのに対し、
こちらはポータブル加湿器。
ケージ内の加湿に向いた霧の発生を想像させます。

空いた水槽で、モスを育てたり、
苔を飼育したり、
葉っぱを育てて見るのも楽しそうだなぁ。

ただ気になるのは、
外部タイマーと連動させた場合、
通電時に本体はオフの状態だと思われる点。
毎日手動でスイッチを入れ、
本体のタイマーでオフ。
の繰り返しな日々が待っていそうなところ。

防水商品は分解が困難だからなぁ。

その点はミストファウンテンの方が、
便利な感じです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




我が家には異常なほどの外掛式フィルターがあります。
各社、各サイズ、とにかくたくさんあります。

コトブキ ミニフィットフィルターMF



ニッソー マスターパル ミニミニ



ニッソー マスターパル ミニ



コトブキ プロフィット F2



ニッソー フラットフィルターS


どれも数十分から1週間程度の運用で
お蔵入りになってしまうので、
何用に買ったのかすら覚えていません。
たぶん、イモリや川で捕まえた魚用に
購入したのだと思います。

一部機種は最初からカラカラと異音がして即使用中止になり、
多くの機種は、非常に静かではあるけれど、
無音かというとそうではない。
ぶーーんという低周波音が、
睡眠を邪魔しました。

ブクブクやチョロチョロは我慢できても、
ぶーーん は我慢できない人なのです。
トイレの換気扇のモーター音が、
個体伝播してきて気になったりするのです。

今回、3号器をDoからADAに変更するに当たって、
久々の外掛式を導入しようかと、
色々と調べたのですが、
モーター部分が水中にあるタイプなら、
もしかしたら静かなのではと、

こちらの商品を導入して見ました。


壁掛式の利点は、
そのままさっと外せるお手軽さです。
水槽周りを汚さずに、
掃除やフィルター交換が可能ですし、
撮影の際のみちょっと外しておく。
なんてこともできます。

設置してみると、

水槽に接しているところから振動音が伝わるので、
スポンジを挟みそれを軽減させることにしました。
モーターが水中にあるため、
今までの機種よりも遥かに静かです。
一般の方なら、無音と表現する次元だと思います。
が、私にはわずかな ぶーーん が気になります。
1日の使用でやはり撤去となりました。

外部フィルターのように、
キャビネット内に収納して消音できないのはネックです。



現状、
満足行く製品はといえば、
壁掛けではあるけれど、
内掛け式のこの商品です。



内側に掛けて使用するので、
水槽内のかなりの容積を消費しますし、
外す際には、大量の水が流れ出ます。
それでも、完全無音と言っても
問題ないほどの静音性は、
自分にとって大きな魅力です。

また、一般的な外掛式が、
吸い上げた水の圧力で
フィルターを通過させる正圧式なのに対し、
これは、モーターで水を強制的に
フィルターに通す負圧式です。

正圧式は、フィルターが目詰まりすると、
オーバーフローさせて問題を緊急回避しますが、
負圧式だと、モーター部分に水が回らず、
カラ回し状態に陥ってしまうというデメリットもあります。



このフィルターには、
色々なタイプのろ材を使用することができます。






全種類買って見ましたが、
標準品で十分だと思いました。

むしろ、綿だけでいいのではと。

水槽内にかなりのスペースを取るのですが、
幸いなことに正面から見るとほとんど見えないので、
(右側後方に設置)
しばらくはこれで運用したいと思います。

3号器には、
グラミー、ゴビー、コリドラス、
を配属しました。
グラミーは、入り組んだ流木で
楽しそうに泳いでいるように見えました。
また、自分の着座位置の前に設置したら、
興味津々、やたらと寄ってくるようになり、
構い甲斐がでました。
指を出すと、触覚のような腕を突き出して、
ガラス越しにタッチとかしてきます。
かわいいなぁ。

次回は、元3号器だったDo水槽を
使用した4号器の初御披露目です。
陰性植物のストック&メダカ水槽です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




以前まで使っていた餌入れですが、
一つ割れてしまいました。
ガラス製品はいつかは割れる運命、
仕方ないです。
ただ、蓋までガラスのすり合わせなので、
扱いに気を使います。
ということで、
コルク蓋の容器を購入しました。


そうです。
DoAquaのフードサンプルの容器を、
短くしたような形状。
ずっと探し求めていた容器です。

20個800円!

ウチにあった餌を全て入れると、
ちょうど10個になりました。
実際に使う餌は2つだけで、
残りは飾りです。


ガラス容器に詰めて、
ただただ並べただけで、
幸せな気分になれますね。


微生物の素は、餌ではないので、
以前の容器のままにしました。


全水槽に投与する、
メインフードだけは、
大きな容器に入れています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




先日は久々に駒草園さんに
おねだりに行ってきました。

もちろん、気になった水草を
おねだりするとともに、
底面ろ過AtoZのC~F章とか、
足し水はこうヤレ!やら、
例のブツの効能と成分の秘密、
ディスカスハンバーグの美味しい作り方、
ステンレスでGO!、
漢はこう生きろ!、
He is Amano.、
と盛りだくさんの講義内容でした。
マスター、今回もありがとうございました。

ついでと言っちゃぁ何ですが、
2つ目のADA30CUBEを注文してきちゃいました。
その日は誕生日だったのでそのお祝いです。
(昨年のプレゼントは、
一月前倒ししてもらいながらの
エビ用30cm水槽で、
アクアリウムやブログを
始めるキッカケとなりました。)

今回のおねだり物品はこちら。

ざこば師匠とか、もんにぇるとか、
マスターは言ってました。
もんにぇるは水草に名前ではなく、
クシャミの音だったのかもしれません。
とにかく緑で、天を刺すようにまっすぐ伸びます。
まん丸な葉っぱも女性受け抜群!
今回も間違いなく覚えられないので、
ジャックと豆の木とします。
でも長いのでマメノキにします。

仮2号は、現在注文中のCUBEが来たら、
内容物はそのままに引っ越しします。


昨日のクローズアップレンズが
意外に好評だったので、
もう少し作例を上げておきます。

ハードオフのジャンクコーナーで
2500円で買ったEOS KISS純正のレンズに、
670円のフィルターを2枚重ねて撮影しました。
マクロレンズに比べれば、
安上がりなレンズでしょ。
レンズがあれば、フィルターだけで済みますね。
フィルター(クローズアップレンズ)については、
昨日の記事を参照ください。

もちろん、今回も画質の補正を行っています。
また、変換アダプター使用で、
絞りは開きっぱなしの
ボケ味超ピンポイントピント仕様で
撮影しています。

ヤマト仙人


アサリ女将


キューバパールが密になってきました。


ヒレ全開のハナビを撮影できたのは
初かもしれません。

中央のエリスロミクロンが、
ちょっかいを出してくれたおかげで、
ハナビのヒレが開きっぱなしになりました。

アゲハのようなヒレの模様が
魅力的なハナビですが、
残念なことに、通常は閉じているんです。




画像サイズが500px以下なので、
参考にはならないと思いますが、
ブログで使うなら、
670円の安価なフィルターも、
充分イケますよね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




写真について幾つか質問がありましたので、
記事にしてみました。

※カメラについては、独学なので、
理屈や用語が間違っているかもしれませんが、
ご指摘いただければ修正します。


自分の場合、マクロレンズは高いので、
クローズアップレンズなる
フィルターでごまかしています。

600円から3000円ほどで、
手持ちのレンズの前に装着すれば、
近接撮影が可能になります。
逆にいえば、近づかなければ撮れなくなります。

いくつか持っているので、
覚書も兼ねて写真を載せておきます。
いずれの写真も、ピントの合う
ギリギリの距離まで近づいて撮影し、
各種設定はオートでカメラ任せです。
ブログにアップする時と同じく、
画質を補正していますが、
同レンズでは補正値を統一しています。

以下の写真の、
レンズ55mm-f5.6は、NEX5純正の18-55ズーム。
レンズ80mm-f5.6は、CANONの28-80ズームに、
NEX変換アダプターを使用して装着したものです。

被写体は貝ですが、
後ろにエビの亡骸が写っております。
が、深度の比較にちょうど良かったので、
最後のお仕事として写ってもらいました。


レンズ55mm-f5.6 クローズアップ+2


レンズ55mm-f5.6 クローズアップ+2 & +3


レンズ55mm-f5.6 クローズアップ No10


レンズ55mm-f5.6 クローズアップ+2 & +3 & No10


レンズ80mm-f5.6 ノーマル状態


レンズ80mm-f5.6 クローズアップ+2


レンズ80mm-f5.6 クローズアップ+2 & +3


と言った具合です。
NEX5の18-55mm ズームレンズで、
55mmの時はレンズ先端から15cmぐらいの接写ですが、
+3装着で10cm、
No10装着で5cm、
+2、+3、No10全部重ねて装着して3cm
の接写ができます。

3cmまでの超接写では、
ガラスのそばで静止している、
エビや貝ぐらいしか撮れませんが…。
5cm接写だと、水槽前面で泳ぐ魚を
捉えることが可能です。

しかしながら、被写界深度は狭くて、
超ピンポイントの距離にしか
ピントが合いません。
もちろん、絞りで変更できますが、
自分の環境の場合、明るさの関係で、
もっとも開いた状態で撮影しています。
各写真の底砂を見比べると、
ピントの合う幅がわかると思います。

マクロレンズは高くてなかなか買えませんが、
+3のクローズアップレンズなら1000円未満なので、
一枚持っていると面白いかと思います。

レンズによって、
フィルターのサイズが違うのでご注意を。
レンズの前面にパイ49mmとか58mmとか書いてあります。
プロテクターをつけている方はそのサイズです。
また、一般的なプロテクターなら、
その上から装着も可能です。










にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




明日から3日間、九州にお出かけするので、
ブログの更新はお休みです。
その間は、ツイッターと
インスタグラムで更新させていただきます。

さて本日ゲットしたのはこちら。

ダイソーの まな板&包丁立て です。
その名の通り、まな板と包丁が
立てられるわけです。

しかしながら!
何とこの商品、

底が外せます!!
なんと!タッパーです。
タッパーなのはどうでもいいです。
フタは捨てますから。
いや、フタではなくて底ですな。

見て見て奥さん!
ここにあそこに、
あそこにここに、
おっきい網からちっさい網まで、
シャキーン、シャキーンと、
入っちゃうし、取り出せちゃう。


水槽の掃除に使った網、
濡れててそのまま引っ掛けておくのは
嫌じゃないですか?
ましてや床に置くなんて!
え?ダンナのワイシャツの上に置くから大丈夫?
それ、明日着るやつでしょ!

この商品なら、

ケースごと水槽の隣に持ってきてー、
使ったあとの濡れた網をー、
そのままケースにスポー!
便利でしょー、
床も濡れずに、
そのまま収納できちゃう。
しかも、今だけ!2つ収納可能!
こんなお得なアミイレ君2が、
たったの105円!
しかも蓋付き!
さぁ、お電話お待ちしておりまーす。



ちなみに、一番右の穴には、

水槽の淵掃除の必需品、
アクリル毛糸タワシがピッタリ入ります。




と言った具合に、
網の収納を見つけてきました。
が、これだけだと記事の内容が薄いので、
もう一つご紹介。

こいつは100均では無いんです。
アルミを旋盤で削り出した高価な品です。

先端にニードルが付いているので、

青い憎いやつことメチ青を、
たったの一滴ぼっち、
ピンポイントで水槽に添加できます。
しかも、周囲に跳ねたり、
滲み出てきたりすることも無し!
これは便利だ!
電子タバコ用に、その昔、
海外から取り寄せたものの、
電子タバコの機構は、
こんなものを必要としない時代に。
ほぼ使わずに飾られていたコイツが、
こんなに日の目を浴びるなんて!
うーん、無駄遣いが今に生きてよかったー。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




展示品を確認したら、
なかなかの明るさだったので、
これは良いかもと、
アーム式のLEDを追加しました。


水作 スマートLEDライト A220


今回購入したA220はチップLEDが14個で7W。
ちなみに、A420は12W。

照明本体は220mm、厚さ10mmと、
非常にスリム。
ケースは放熱も兼ねてアルミ製。

こんなチップが2列に配置されています。

アクアスカイ301のLEDと比べると、

似てますねー。
アクアスカイは3列配置で、30個17Wです。


(水槽背面写真)
流木の影になってしまう部分に
設置しました。
左の2灯がアクアスカイ301で、
右のがA220です。
球数と設置高さが違うので、
A220が不利ですが、
なかなかの明るさですよね。


目視ではアクアスカイに遜色ない明るさです。
いままで気泡の出ることのなかった、
流木影のレインキーから、
気泡が確認できました。

気になるのは放熱性能。
アクアスカイに近い?チップを
これだけ搭載しながらも、
本体ははるかに小さいので、
アルミケースのスリットだけで、
冷却が追いついているかといえば、
ちょいと不安な感じです。
触った感じでは
アクアスカイと同等に感じました。
お風呂の温度より熱いくらい。
でも、熱によるLEDの性能低下は、
アクアスカイよりも早いかもしれません。

が、実売3000円でこの性能、
なかなか魅力的な照明ではないでしょうか?

フチなし水槽、
ガラス厚6mmまでに
対応とのことでしたが、

8mm厚の水槽に装着することができました。
メーカーは対応を謳っていないので、
オススメできませんし、
製品誤差によっては、
入らないかもしれませんね。

アームは外してしまって、
アクアスカイのように、
アクリルでマウントをDIYすれば、
アクアスカイミニ201って感じに
仕上げられるかも。

20cmCUBEに使用したり、
部分的な補助に使うとすれば、
コストパフォーマンスに優れた、
優秀なLEDではないでしょうか。
DIY素材としてもとても魅力的です。

水作さん、やるなぁ。
幾つか買いだめしておこうかな。



庭で育ったスモークツリーを、
花瓶にさしました。

もっさり感がたまらない。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




アクアブログを開始したのは、
2012年の6月18日でした。
最初はエキサイトブログで始めました。
有名なあの方のブログを見て衝撃を受けたのです。
こんな素敵な水槽世界があるのかって。
(今では相互リンクを
貼らせていただくことが叶いました!)
当初は、ブログデザインも真似していました。
でも、いつまでも他人真似じゃいけないと、
オリジナリティを意識し始め、
テンプレートを弄るうちに、
使い慣れた
FC2ブログに引っ越しました。
引っ越し前の記事も移行しましたが、
移行した記事は、
ちょっとレイアウトが崩れています。苦笑

初記事はこちらでした。
(覚書用に6/1付けの記事を後から書いていますが、本来の初記事は6/18でした。)




一年間のトータルアクセスは、
なんと140111アクセス。
14万って、びっくりする数です。
以前のブログで10万アクセスを記録するのに、
どれだけの時間を費やしたことか。
アクア、みずくさ人気って
すごいんだなぁって改めて実感しました。
ちなみに、
ユニークアクセスは、
8万6千334でした。
多くの皆様に、
稚拙な記事を読んでいただいて、
ありがたい限りです。
本当にありがとうございます。

明日からは残念ですが、
ヤギカテゴリーに引っ越してしまうので、
アクアな記事は書く予定がありませんが、
お暇な時にでも是非是非お立ち寄りください。

今後は、ブログ村ヤギカテゴリーで、
ヤギとの素敵な生活を綴っていく予定です。




ウソ



そうそう、
1周年を記念して、
自分に(そう自分にです。)ご褒美をと、
仕事前に駒草園に行ってきました。

ご褒美なので、
実用性より意匠を重視し、

Do aqua!のフードグラスを購入しました。

本当は、

フードとセットで販売されていた、
寸胴型が欲しかったのですが、
もう手に入らないようです。
うーーーーん、残念。
だれかプレゼントしてください。

でも、
魚のシルエットを彷彿とさせる、
このフードグラスも可愛いですね。

フードグラスといえば、
フレーク状のフードのイメージが強いですが、

粒が小さければ、粒状飼料もいけますよ。


スタンドにも納まるナイスなサイズ!
左から、
ハナビ、エビ、エビ、イモリの餌です。
全部フードグラスにしたい!


A氏が、私の手にフィットするように
設計したという噂は、実は本当で、
ジャストフィットの握り心地。
私専用なので、残念ながら、
皆さんの手にはフィットしないでしょう。

1mm程度、微かに押せば、
メダカの餌が20粒ほどこぼれ落ちます。

APグラスも素敵ですが、
自立できるフードグラスのデザインは、
本当に素晴らしいと思います。

ADAのガラス製品は高いです。
Do aqua!だって、
従来のアクア用品から比べれば
高いと思います。
でも、日用雑貨のガラス製品は、
もっともっと高価ですよね。
ワインを飲むだけのコップや、
花を一輪だけ刺す容器、
醤油を入れておく容器、
用途だけ考えれば、
100均でも買えるのに、
何千円もします。
ガラス製品が高いのは、
機械で簡単に大量生産できないからですし、
他に類を見ないデザインに価値があり、
それを商品化するために行動を起こすことに
価値があるのだと思います。

もちろん、数万個を生産するのなら、
機械で大量生産することは可能ですが、
アクアグッズでその数を捌くことは困難でしょうし、
機械でこの複雑な形状を作るとなれば、
当然のことながら、
不自然な継ぎ目ができてしまいます。
そんなガラス製品を買うぐらいなら、
緑で安価で壊れない製品を買います。


自分の小遣いで、
ちょっと贅沢だけど、
とても癒される、
素敵なガラス製品を買いたいのです。
もちろん、
飾っておくだけでも満足できますが、
自分はそれを毎日使いたいのです。
それが記念モデルで、
塗装がハゲようとも、
日々使い込むことで、
自分の物になっていくでしょうし、
より愛着を持つことができます。


もし、壊れてしまったとしても、
それは構わないことなのです。
高価だからといって、
道具が道具として、
機能せずに飾られているのは、
自分にとっては不自然な状態なので、
壊れるまで使い倒すのです。
(あくまでも私個人の考えです。)

機能のみを追求するのも、
その中に別の意味を持たせるのも、
それぞれとっても素敵で
意味のあることなのだと思います。

趣味なのだから、
好きな方を買えばいいのです。

という口実で、
ちょっとお高いけど、
所有欲を満たしてくれる、
ADA製品をこれからも買い続けるのです。
お小遣いが減額される、
恐怖のその日まで…。

※エーハイムも大好きです。マジで



追伸
駒草園さんの入り口に、
とっても素敵な水槽があります。
とにかく素敵な水槽なのですが、
近々引き取られて行くそうです。
この水槽は必見ですので、
明日(記事を書いていたのは月曜日の夜)は
定休日ですから、
水曜日の11時過ぎに見に行ってください。
とにかく素敵な水槽です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




amazonから補給物資が到着しました。
ひとつ目は、

みずくさ書籍。
四つ葉さんデザインの表紙がおしゃれです。
CDや本って、ジャケットも大切ですよね。
手にとって、興味を持ってもらうには、
第一印象が重要です。
パステル調の素敵な表紙、
アクアに興味がなくても、
思わず手に取ってしまうでしょう。
内容も解りやすくてとっても面白いです。

続いては、

エーハイム スキマー 350
予約していたのがようやく到着です。

さっそく開けて見ましょう。

これが中身全部です。
(比較対象はiPhone4Sです。)
吐出口のアタッチメントぐらい
付いているかと思いましたが、
シンプルな構成です。


構造もいたってシンプル。
給水口は、フロート式で、
水面を追従できるようになっています。
3cm程度の水面低下まで対応できるので、
設置位置の微調整は不要で、
回しっぱなしでもエアがみしません。
フィルターはスポンジだけなので、
油膜を除去するというよりは、
水中に溶かし込むと
言った方がいいでしょうね。


4つのスリットがついていて、
ここに吸水フロートを差し込みます。
結構ゆるゆるですが、
きちんと作動します。
まぁ、ゆるゆるなので
水面追従ができるわけですが。


ポンプは最下部なので、
電源コードも一番下になってしまいますが、
上部に取り回すことが出来ます。


吐出量の調整ができるので、
最小でセットして見ました。
意外と強いです。
稚魚や稚エビはガンガン吸い込むでしょう。


フロートの動作は問題なしです。
適当に設置しても、
水面に追従してくれます。
さすがに長期間の外出では厳しいでしょうが、
3cmの水面低下に対応できるなら、
普段の運用でエアがみが
起こることはないと思われます。

まる1日使って見ましたが、

我が家で問題となる、
ホコリや犬の毛、
抜けた葉っぱなどは、
水面には一切残らず、
とても綺麗な水面になっています。

ミナミヌマエビが一匹、
入り込んでしまいましたが、
救出は簡単、
フロートを外すだけで出てきます。
電源を切ればなお良しです。
ポンプの力はそれほど強くないですし、
荒目のスポンジフィルターなので、
エビならば吸い込まれても、
しばらくは生きていけると思います。

魚だと厳しいでしょうね。

水面の吸引力は結構力強いので、
浮遊性の餌をあげる時は
電源をオフにしないといけません。
スイッチ付きのコンセントを
用意すると便利です。




実売2000円程度で、
この性能となると、
DIYで作ろうなんて気になりません。
我が家の小型水槽は、
これをフィルターとして使用したいと思います。
吐出口がストレートだと、
水流が強すぎるので、
ガラス面に向けるエルボーや、
水流を弱めるアダプターを
つけるor作る 必要はありそうですが。
20cmキューブでも、

設置高さは問題なさそうです。
(生物ろ過は、底砂に任せましょう。)

ちなみに、吐出量最強にすると、
90cm水槽でも数分で綺麗さっぱり。
餌やり後などに、
数分だけ使用するのもありだと思います。
その場合は、吸盤ではなく、
壁掛け式に改造したら良いと思います。


参考までに寸法と
パーツ番号をあげておきます。




さすがエーハイム。
モーターも静かだし、
痒い所に手が届きますね。
これはオススメできます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





エーハイム プロフェッショナル3e 2078

を導入しました。

エーハイムって、昔から知っているけど、
自分が使っていたのは500。
シンプル・お安い だけに、
かなりチープな作りです。
(ぜんぜん問題ないですけどねー。)
「エーハイムって○○だよね~。」
ってオフ会とかで語るには、
エーハイムの上位機種を使ってからでないと、
エーハイムさんに失礼だよなぁ。って。

2078はポンプ流量が、
780~1850L/hと可変なので、
現在の90cmはもちろん、
例の180cmにだって使えるぞ!
大は小を兼ねまくるはずです。

ろ材容量だって8.6L、
ろ過槽容量は14.5L、
サブフィルターなんていらないのさ。

なにより、内臓のプレフィルターだけを
掃除したい場合、

ホースをガチャリと外して、
タンクを開けられる。
コンセントだって、

プラグ式で外せる。
これって、便利じゃない?

まぁ、そんな理由は後付けで、
ただ単純に、機械萌えしただけです。

デデーン!

でか、でかっ、むっちゃデカ!!
もはや椅子!理科室のイス!!
エーハイム500が水筒に見えます。

無理やり突っ込んでパイピング。

ホース内径が、16mmなので、
ポピーグラスたちに合わせるべく、
異径ジョイントで12mmに変換しました。
ホースが細くなったため、
流量をあげると、
なんか詰まってない?
って感じで、エラー表示が出ます。
我が家の場合、3段階目 1000L/hまでは、
問題なく使用できますが、
4段階目の1120L/h以上はエラーで
流量が上がりません。
ちなみに、運用は1段階目の780L/hで
充分足りるので実害はありません。

なんか機能もいっぱいついています。
すでに挙げた流量コントロールの他に、

ろ材が汚れて、流量が減ってくると、
自動的にインペラーの回転数を上げて、
流量を維持する機能。
これはいいですねー。
常に一定の流量を維持できるってことですね。

10秒おきに、流量を変化させて、
海のうねりのような水流を再現する機能。
ただし、流量MAXとMINの繰り返しなのが残念。
任意の流量で設定できるなら使いたかった機能です。
USBでパソコンにつないで
設定を変えられるらしいので、
そこで変更できるかな?
(国内未対応だそうです。)

12時間ごとに任意の流量に変更する機能。
昼間は強く、夜は弱くなんて感じです。
現在は流量1で24時間運転ですが、
将来的には、昼間は流量2に
設定したいと思います。

ろ材の交換時期を知らせる機能。
試しに押してみると4ヶ月後だそうです。
おそらく、純正のろ材を
セットした状態での流量の変化をもとに、
計算していると思われますので、
ホース径を変更したり、
ろ材を好き勝手に突っ込んでいる自分には、
あまり参考にならないお知らせでしょう。

エアーがみを自動で解消する機能
すごい勢いでポンプが回り出します。
この時ばかりは、エラーを無視して、
MAX流量で排出されているように思います。

ほかにも、エラーをパネルに
表示してくれたります。
かしこい子だなぁ。

ちょっと困ったのが、
1日に一回、1分間、流量検知のために、
1350L/hで運転されちゃいます。
当然のことながら、
水槽からの排水流量が変わるので、
ジェットパイプに装着してある、
油膜取り器が使えません。
1分間エアーかみまくりですから…。


気になっていた動作音ですが、
流量3だと、やや気になります。
が、モーター音というより、
ファン音に近い音なので、
意外と不快になりません。
流量1だと、静音化した500以上に静かです。
キャビネットの扉を閉めれば、
まさに無音です。
これはいいですねー。

それから、形状が四角なので、
当然パッキンも四角です。
蓋を閉めるときに、
少し気を使わないと、
水漏れしちゃうことがあります。
ろ材を入れすぎても水漏れします。
漏れた水は、
一度受け皿に溜まり、
その後フレームを伝って
足元に流れ出すので、
受け皿部分で漏れがないか確認しておけば、
大惨事にはならないという、
素敵な機構となっていました。

本体の奥行きが265mmなので、
正味280mmは無いと、
キャビネットには、収まらないので、
キャビネットを改造しました。

8cmも前にせり出してしまい、
ちょっと不恰好です。
後ろの壁をクリ抜けば…、
いや、それは禁断の秘技だ。


メンテナンスツールキャビネットは、
右に移動しました。
エビ水槽は、まだ未完成なので、
見なかったことにしてください。
今回は、改築で資金0円のため、
上部を隠す板の予算が…

出っ張ったのを逆手に取り、
上部にカウンターを新造。

パレットやビーカーを
ちょいと置くのに便利です。
素材はウッドデッキの余り物、
ウリンを使用し、
あえて無塗装としました。
ウミホタルのデッキ材で有名な木材で、
アイアンウッドとも呼ばれ、
非常に水に強い材料です。
色合いや密度が自分好みで、
とても気に入っている木材です。

運用からまだ2日足らずでの感想は、
2078は25000円程度と、
非常に高価なフィルターですが、
その機能と静音性、
消耗品の入手しやすさ、
アフターサービスを考えれば、
悔いのない買い物だと思っています。

試験勉強を頑張った、
自分へのご褒美でもあります。
(結果はまだ発表になっていません。)
本当はマクロレンズを買うために
貯めていたお金なんですが。

自分なりにダラダラと書き綴ってみましたが、
導入を検討している方で、
なにか気になっているところがあれば、
ご質問ください。

エーハイム、ADAと同じぐらい好きです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




みずものコムというサイトに登録したら、

マメバクテリア ニトロフレッシュ(エビ用)
が当たりました~。

バクテリアというと、
強制添加するイメージがなかったので、
今まで一度も購入したことが
なかったのですが、
せっかく送っていただいたので、
今度いただく予定のエビ水槽一式に
使用してみようと思います。

濃厚なバクテリアが入っているらしく、
ドブの臭いがします。クサ~!!


プレゼント企画に当選するなんて、
ずいぶん久し振りなので、
嬉しいなぁ~。

本当は、水中連結サテライトに
応募したのですが、
それはハズレだったようです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




黒光る奴に釘付けです。
20thメタルジェットパイプを
買ってからというもの、
黒いメンテナンスツールが、
どうしても欲しくて…。

20th記念品は当然、
今買わなければ
手に入らなくなってしまう。
買うなら今しかない。


購入したのは上記2品。
全て揃えるなんて、
とてもできないので、
最初で最後の大奮発、
厳選してハサミとピンセットを
1本ずつ購入です。


とにかく長いもの。
かっこいいもの。
をモットーに、
デザインのみでチョイス。


尋常じゃない長さ、
そしてクビレ!!
ハサミの中央が折れている。
先端も3次元に曲がっている。
漆黒のボディに指す光が、
クビレや曲げでさらなる艶を演出します。


誰がデザインしたのか この花!
こんなメンテナンスツール見たことない。
最高だ!!
買うならオールブラック、
ずっと決めていました。


傷もつくでしょうし、
塗装のハゲも起こるでしょう。
それでもガシガシ使います。

傷ついて剥げて、
使い込んだ状態が、
道具の正しい姿であり、
美しい姿、
そして、自分だけのものだという
所有の喜びを満たすのです。
もちろん丁寧な手入れを怠ってはいけません。

ADAのツールは、心機一転、
デザインを新しくするということなので、
そちらにも興味が湧いたのですが、
黒いメンテナンスツールなんて、
もう販売しないんじゃないでしょうか?
(出たりして。)
いずれにしても、
この花柄、嫁さんにも評判いいですし、
自分自身気に入っています。

継続販売なら買わなかったでしょうが、
限定に弱いのよね…。

この2本をカッコ良く魅せるスタンドを、
現在思案中です。




帰宅すると、

水槽にキノコが生えていたので、
撮影していると、

おっかない おネェさんだった。
何撮ってんだよぉ。
ってメッチャ睨まれた。




開発中のスケッチなどは、
ブログ右のツイッター写真で
随時公開していますので、
興味のある方はご覧ください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ガラス面の掃除は
マメにやっているのですが、
なかなか、ズバッと綺麗にならない。

嫁さんに相談したところ、
良いものを紹介してくれました。

まずは、水と空気の狭間、
水面ギリギリに付く白い汚れ。
これには、

アクリルの毛糸です。
編んでタワシにするそうですが、
汚れたら躊躇なく捨てられるように、

適当に束めました。
これで、

水面ギリギリを擦ると、
あら不思議!
洗剤なしで、スッキリくっきり!
激落ち君より軽く落とせます。

長年貯めた固着した白い塊に
効果があるかは不明ですが、
日々のお手入れにはもってこいです。


続いて、ガラス表面の汚れ。
メンテ時の水のしたたりももちろんですが、
我が家では油!!
人間の指のもの、
キッチンから飛んでくるもの、
見る角度によってギラギラと…。

今までは、

キムワイプや
マイクロファイバータオルを
使用していたのですが、
1面当たりの吸収油量が少なく、
かなり頻繁に新しい面に交換していました。

で、今回導入されたのは、

子供達の履けなくなったデニム。

これを、

使い捨てサイズに切り取って、

水槽前面を拭いてみると、
驚くべき油吸収です。
このサイズで前面は充分綺麗になりました。
デニムが引っかかるうちは
磨きが足りません。
スムーズに動くようになるまで
拭きあげて終了です。



切り口の糸くずが気になる場合は、
一度洗った方がいいのかもしれません。


水槽内側の乾燥面にもいい感じです。

ということで、
ウェット部分にアクリル毛糸、
ドライ部分にデニム、
現在のお気に入りお掃除グッズです。


こんど、アクリル毛糸で、
パイプ掃除用品を作ってみようと思います。

iPadの画面もデニムで磨いたらピカピカになりました。
デニムの質によっては傷がつくかもしれませんので、
ご注意を。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




流木の水面突破部分への配水用に、
エアーチューブを購入しました。
前回は、針金の入った、
曲がるチューブを使用したのですが、
白化と硬化が酷かったので、

シリコンチューブを購入!?
あれ?
シリコン"タイプ"!?

タイプっちゅうことは、
シリコンでは無いということ?

ロレックスタイプは、
ロレックスでは無く、
カニ風味蒲鉾は、カニでは無い。

くっそー、これ紛らわしいな。
いっそ、
シリコン風(シリコンではありません)
と表示してもらいたいものだ。

仕方なく、ホームセンターの
農業資材コーナーへ。


1mでシリコン風5mと同じ金額。
3m購入で約1000円。高い…。

フィルターのホースも、
パイピング変更に備えて、

2m購入。1m880円。高い…。
吸配水を水槽の対面に
設置しようと思っています。


アク抜き水槽はというと、

ダージリンな様相。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




沈めてアク抜き中の流木。

1日でずいぶんとアクが出たので、
全換水。
写真は2日目、結構出ました。

このまま、アクがある程度出きるまで、
1月以上は放置しようと思っています。
なので水槽のお引っ越しは
だいぶ先になる予定です。
60cmLOWはそれまで維持して行きます。
水草と魚のみの水槽は、
生体の様子がよくわかっていい感じです。

流木のアクによる、
水の茶色化が1月経っても治まらない場合、
水槽を立ち上げた状態で、
茶色いアクを取り続けなければなりません。

ブラックホール
なる商品が
定番だということです。
活性炭だそうです。

調べると、竹炭にも吸着効果があるとか。
しかしながら、
炭の吸着効果に期限があるらしく、
それ以後は排出をし始めるそうです。
定期的な交換は必須だそうな。
となると、少しでも安い炭で、
効果が出るのが理想です。

100均でアクア用の活性炭竹炭を買ってきました。
濁りをとって、アンモニアや有害物質を吸着。
理想的な謳い文句です。

水槽立ち上げ後にいきなり投入して、
効果があるかどうかを判断するのもなんなので、
生体のいない、今のうちに実験して見ましょう。



ー実験予想ー

茶色水の水槽に竹炭を入れる

竹炭が茶色成分を吸着する

水槽の水が透明になる

竹炭を取り除く

茶色成分は出続けているので茶色水になる

竹炭を再投入

透明になる

竹炭には茶色成分を吸着する効果があると解る

ー実験予想 ここまでー


100均の竹炭は2つ入りです。
実験の効果がわかりやすいように、
過剰に投入して見ましょう。
カレーを作る時に、
スパイスを入れすぎて、
子供達が食べられなくなる。
そんないつもの失敗は置いといて。


300円分 6袋を投入します。


もわ~って、みるみる黒くなる水。
これはすごい効果だ。
水の茶色っぽさが全く気にならない!
色でいえば茶色より黒の方が
強いのは周知の事実。

って、黒い水の方が100倍悪いぞ。
向こうが見えないし。

むむむ、
「濁りがなくなるまで、
よく洗ってから使用してください。」
うわー、洗うんですか。
洗っといてくれないんですか。
そういえば、
水槽、底砂、ろ材、フィルター、
しまいにゃ水草までも洗う。
アクア用品はあれもこれも洗って使う。
これはアクアの常識なのでしょうね。

まぁ、この濁った黒い成分も炭の粉末。
アクを吸着してくれるだろうし、
明日には沈むハズさ。


翌日

うわー、真っ黒のまま。
墨汁水槽。

炭は多孔質だし沈むのは時間がかかるのか。
いや、沈まないのか?
竹炭パックはもちろんのこと、
粉末成分すら沈んでいないとは。

しかも、

拾ってきた枝のカビまで黒く。
ヨシ!白いカビよりは目立たない。
エビさんも炭を食べて体内浄化。
いやいや、これはいかんぜよ。

茶色成分を吸着してるかどうか、
全く判別できないし…。
今日も全換水決定。

新しい水に入れ替えて、
茶色成分が溶け出てきたら、
よく洗った竹炭を入れよう。

実験はやり直し…。

説明書はきちんと読みましょう。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




今まで使用していた餌入れ。

100均のビーズケース。
コンパクトで便利なのだけど、
日に日に締まりが緩く…。
ラベルも水に弱いものだったので、
消えてきました。


Do!aquaの店頭販売用サンプルが、
ガラス瓶にコルクだったのを見て、
それっぽく揃えて見ることにしました。

まずはガラス瓶を購入。

ガラスキャニスター LA MEDITERRANEA

そして、ネームランドでラベルを作成。

人口餌は銀ラベル。
ブラインシュリンプは金ラベル。


ガラス瓶で揃えると、
見えるところに
並べてもいい感じがしません?


せっかくなので、
陸上部分の霧吹きと、
ガラス面の掃除用アルコールも
同じラベルで統一。
どちらも100均のもの。


アルコールは、
ペーパーを当ててプッシュすると
適量が出る優れものです。


いい感じです。

DIY自粛期間中ですが、
シールを作っただけなので、
非DIYということでお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




黒ずんでしまったヘテランテラの葉を、
一枚だけ根元から切り取る。
奥まで差し込んで、
軽い力で、サクッと切らないと、
草全体が抜けてきちゃう。



そんな時は、
やっぱりスプリングシザーが便利。
手を濡らす前提なら、
とても作業がしやすいです。



本体はステンレスで、
スプリング部分は24金メッキ。
本当かいな。



本当に茎一本しかきれない刃先。
逆にいえば、1本を切りたいから使う。
釣りの道具箱から出してきました。
モスを巻く道具も、
持ってたはずなんだけど、
見つからない。



似たようなもんなら、
結構安く売っているようです。


やっぱADAのが欲しいな。





オフト(OFT) フィッシングツール(全般)オフト(OFT) CF スプリングシザーズ ストレート

オフト(OFT) フィッシングツール(全般)オフト(OFT) CF スプリングシザーズ ストレート
価格:750円(税込、送料別)



【メール便なら送料無料】糸きり用スプリングシザーズ パッチワークや刺しゅうなど繊細な作業...

【メール便なら送料無料】糸きり用スプリングシザーズ パッチワークや刺しゅうなど繊細な作業...
価格:945円(税込、送料込)



オフト(OFT) タイイングツールオフト(OFT) CF ボビンホルダー タイプ3【あす楽対応】

オフト(OFT) タイイングツールオフト(OFT) CF ボビンホルダー タイプ3【あす楽対応】
価格:470円(税込、送料別)



C&Fデザイン タイイングツールC&Fデザイン CFT-60/SW スタンダードSWボビンホルダー

C&Fデザイン タイイングツールC&Fデザイン CFT-60/SW スタンダードSWボビンホルダー
価格:3,990円(税込、送料別)


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ななすけさんのブラインシュリンプ生産工場を見て、
何か閃きました。

とりあえず、うまくいくかどうかお試しで、

こんなものを水槽に挿入して見ました。

流木島の後ろなので、
目立たない場所です。

お試し版には、
歯ブラシセットのケースを使用しました。
ここに塩水とブラシュリエッグを投入。
エアレーションは無しです。

2日後…。
一匹たりとも孵化しておりませんがな。
うーん、酸素供給面積の問題か?
やはりエアレーションするか?
むむっ!
な なんと!

ブラインシュリンプの卵と
外国産ホウネンエビの卵を間違えとる!
淡水のホウネンエビを塩水に突っ込んどるー!!
ホウネンエビの卵、高かったのに…。

今度こそブラインシュリンプを投入し、
2日後。
やったー。歯磨きケースでも孵化したぞー。

ということで、
我が家のブラシュリ孵化場誘致場所は、
流木島の影に閣議決定。
箱物は、試験管数本とし、
孵化にかかる2日のタイムラグを、
試験管の本数でカバーする。
裏から見た時に、
実験ぽくて素敵。(想像)
という次のステップに向けて発進!
したいところですが、
今月の小遣いはほぼ0円。
来月の予算が降りるか、
臨時予算案が通らない限り、
その歩みは牛歩のごとくです。

それと、
ハナビは、私が餌をくれる奴だと
認識し始めたようです。

カメラにもずいぶん慣れたようで、
カメラ目線連発。
やっぱりマクロレンズが欲しいなぁ。

あっ、餌くれる人や

おっ、餌係りが来たで

飲んだくれが来おった

本日も水槽戦線異常なし。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




トリミングした水草を差し戻そうとすると、
植えたそばからとっとと抜けてきませんか?
細かいソイルにして見たものの、
ただの茎じゃぁ引っかかるところもないし、
浮力には勝てない模様。

束にするなら、板鉛なんでしょうが、
一本づつ植えたい場合は…

うーん、物置ゴソゴソ。
これだ!

釣り用の鉛玉!

これで軽く挟んで、

出来たー。


ちょっとした爪が付いているので、
茎を潰すことなく装着できました。

しかも、シャキッと植えられるぞー。

でもさー、射撃場のそばの川で、
鉛弾から悪いものが溶け出して大変だ。
とかいうニュースをたまに見るなぁ。
なんか他のものはないかなぁ。

無害で重くて柔らかいものかぁ。
そうだ、24金の延べ棒が捨てるほどあるぞ
そいつをちぎって、
水草の根元に巻いてやれば、
しっかり沈むし、
食用になるぐらいだからたぶん無害。
これは、いいアイディアだぞ。
熱帯魚コーナーから鉛が消える日も近いな。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




以前、記事にもしましたが、
アクアスカイの301を2灯で設置したい。

この要望に答えてくださる、
当方のブログを見てくださった、
高貴な出の方が、
現れたのですよ。

301の中古を安く譲ってくれるとのこと。
うはーーー、
やったー。
参:2個あります?
貴:いや、1個。
参:充分でございまする。

そんなこんなで、
301を送ってくれることと
ナリマシタデソウロウ。

もう1つは、ADA特約店の繁栄の為に、
実店舗で購入することにしまして、
301×2基のLED照明計画が、
今、一歩前進したのです。

実際の商品の照度っぷりを確認しながら、
吊り下げるのか、
股がすのか、
パイプで支えるのか、
アクリルで支えるのか、
妄想MAXで楽しめちゃいます。

うっはー、
DIYするぞー。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




徐々に寒くなってきて、
ブラインシュリンプの孵化率も下がってきたので、
パネルヒーターを導入しました。


ピタリ適温プラス 1号

よくわからないけど、
ヒーターと温度センサーが
パネルに一体化されていて、
パネルの温度を40度に保つ物のようです。



外部フィルターの上に設置しました。

現在ブラインシュリンプの孵化は、
エアレーションなしで、
ケースにいれて放置。

我が家だと孵化に2日かかるため、
2つの容器を時間差で使用。
の予定が、
卵を入れすぎて、2つに分けたけど、
それでもいっぱい。

本来なら、少量の水に2日分程度を孵化させ、
2つの容器をローテーションするはずが、
もう5日目。一向に減りません。
この状態で長期飼育ができるなら
それはそれだありだとは思うけど、
沸かしたてが一番栄養があるというので、
ちょっと検討中。
餌をあげれば違うかもしれないけど、
水質悪化で死滅しちゃうんでしょうね。


孵化率は7割ぐらい。
まだまだ卵が沈んでいるけど、
たまにかき混ぜるとまた孵化します。

エアレーションなしの
お手軽さを考えればこの孵化状況は妥協できます。
心配した酸欠は大丈夫みたい。


ブラインシュリンプだけじゃもったいないので、
グラスアクアを設置。
ランプアイの子供が入っています。
替水のみで2週間維持できています。
おもに、水槽内で採取した謎の貝を、
潰すのも何なのでこちらにポチャリ。
小さな貝は、
替水時に流れちゃうんですけどね。

ソイルをいれた時期もあったけど、
ジャバーっと水替えできないので、
現在は無し。
プチ侘草を作れば、
取り出せるので、水換えも楽かな。

本当は、水槽を増やしたいけど、
カウンターの強度からいって、
これ以上は厳しいなぁ。
一つに絞ることによって、
愛情が一点集中するということで、
とりあえず納得しておきましょう。

現在、室温20度、
グラス、ブラシュリ容器共に24度。
熱くなりすぎる場合は、
パネルと容器の間に
何かを挟んで調節するらしいけど、
直置きでちょうどいいみたい。

適温君があれば、
いくらでもグラスアクアが増やせるなぁ。
これは夢のような商品だ。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




昨日の記事に写っちゃってましたが、
ブラインシュリンプを濾すための
フィルターです。

今までは三角のコーヒーフィルターで
濾していたんですが、
水はけが悪くてしすぎに
時間がかかるんですよね。

今回のは、ダイソーのペットコーナーにあった、
ブラインシュリンプ専用フィルターです。


こんな感じに立体的に組み立てて、
受けの容器に掛けるだけです。
(偶然ですが、湯呑みやコップにも掛かりました。)


ああー、写真撮りながらやったら、
卵もいっぱい落ちてきちゃった。

このフィルターの細かさが絶妙で、
しっかりと濾せるのに、
水はけは抜群です。


取手もついているので、
塩水をすすぐ際も、
手が汚れません。


塩気を取ったらスポイトで給餌。
うわー、やってきましたよー。
魚どもがー。
餌付けができると一気に可愛さアップですなぁ。

このフィルター20枚で105円。
ちょっと高いとお思いでしょう。
でもね、水に強い素材なので、
繰り返し使えるんです。
1枚で1週間、7回は使えてます。
経済的でしょー。

ちなみに、
誤って卵を水槽内にいれた場合、
マキュラータは食べてくれます。
バンブルビーは食べるけど、
エラから出てきます。
で、残った卵は、

カビてるー。

もっと精度良く分離しないといけないようです。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




20Wの蛍光灯 一灯ではやや厳しいです。
がコンパクトで、かっこ良くて、
省電力で、安い。
そんなライトもないので、
蛍光管を交換することにしました。

ホタルックから
テクニカ レフクリアーランプへ交換しました。


上がテクニカで下がホタルックです。

明るさは気持ちアップというところです。
が、色温度が8000から13000Kに変化したので、
水草も水も、とても青い感じになりました。
写真では伝わりませんね。
(覚書 ISO400 F5.6 1/20)

ホタルックは、蓄光塗料の効果の合間ってか、
緑というか、黄色っぽい感じ。
ちょっと傷んだ感じの水景に感じたのですが、
レフクリアーは青々しく、
透明感があります。
慣れるまでは青が強い感じがしますが、
嫁さんも水が綺麗になったと言ってくれてます。
値段が3倍ですが、
気分も3倍アップで満足です。

とはいえ、一灯では、
水草の育成には足りないと思うので、
光量の必要な水草の導入には、
まだまだ問題がありそうです。

キッチン用の吊り下げライトを、
改造させてくれとは言えないなぁ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




水槽の温度は22度〜26度。
まだまだいけそうですが、
昼と夜の温度差が開いてきて、
流石に生体にもストレスがかかりそうなので、
ヒーター導入に踏切ました。

セーフティオートIC 160Wプラス


昔の白いやつとは違って、
濃い灰色でかっちょいい。


作動時にランプがつくのは何となく安心感があります。

さーてどこに突っ込んでやろうかなぁ。


って、デカー!
水槽の高さとおんなじぐらいだ。
というか、

縦にして使っちゃダメだー。
そうだったのですか、
箱の裏までチェックしておりませんでした。

縦にすると、
暖まった水がサーモ部分にかかって、
正常に作動しないということでしょうか。
なら斜めならいいかなぁ?

うーん、どこに設置すべきか…。

外部ろ過装置内に入れれば、
とてもスッキリするのでしょうが、
ヒータービルトインは、
DIYとしてはかなり難度が高いですよね。
万が一、フィルターが故障したり、
水が漏れたら、と思うと。
何よりケースがタッパーですし。
目視できないと、
不具合に気づかないこともありそうだし。

しばらく考えます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




前回、70gのCO2ボンベを装着して4日。
あれ、気泡出てないぞ。

えーー、空っぽだよー。

うん、あれだな、漏れてるってやつ。

洗剤入りの水をポタッと垂らせば、
漏れている場所なんて一発でわかるのさ。
自転車のパンクと同じですよ。



って、ボンベ空っぽ!
調べるには新しいボンベがいる。
漏れを治すにはボンベを外さねばならん。
ボンベは外したら空になる。

間違いなくボンベが一本無駄になるではないですか。
いや、電磁弁付近のホースからならいいけど、
どう考えたって、中古で購入して、
分解までしちゃったレギュレーターですよね。


とりあえず、空のボンベを外し、
一番怪しかったボンベ接続部分のパッキンをチェック。
当初から劣化してるっぽい感じはしたけど。
とりあえず、変形しているので、
裏返して新品ボンベを装着。

まるごと水に沈めてみると。

むむむ。
レギュレーター上部の穴から出てる。
気泡が一秒一滴以上出てる。
ボンベ接続部は問題なかったみたい。
えーとこの場所はー、

以前ばらした時の写真からみるに、
過剰な圧がかかった時に、
バネが圧に負けて、
コマを押し下げ、
この穴から排出する機構のように見えますが、
写真だけじゃよくわからないなぁ。

いずれにしても、
コマについた2つのOリングの劣化。
これが原因なんでしょうね。
確かに、こいつも緩かったし。
あの時に交換しておけば良かったと言っても、
それは結果論。

漏れているけど、
ボンベを外せばボンベは再利用不可。
仕方ないので、

漏れつつも使用することに。
もったいないので、普段より多めにCO2を添加し、
その間は照明も追加することにしました。
夜はただ漏れるのみ…。


添加量が多いと、
カウンターは忙しそう。
でもとても綺麗。


そういえば、コンセントタイマーも不調。
この間壊れて、ストックしてあった同型に変えるも、
時限爆弾のごとく、チャカチャカ言ってます。
20Wの蛍光灯一本と省エネ電磁弁だけなので、
キャパはOKのはずなんですが…。
多分壊れるだろうから、
ちょっといいのを買おう。

安物買い➡トラブル➡高級品
まさに銭失いだ。
最初っから、きちんとしたものを
買った方がいいとはわかっているんですが、
財布の口が開かないし、
開いても入っていない。


新品ボンベが空になる、
4日後にバラして、Oリングを買ってこよう。
分解しないといけないから、
サポートで問い合わせても売ってくれないだろうなぁ。
汎用品で足りればいいけど。
Oリングの交換でダメなら、
もう一本ボンベが無駄になるなぁ。

今日は、連休の疲れでくたびれたから、
更新しないで寝ようと思ったのにー。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

いつもいつも、ありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ