上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ







ずいぶん大きくなりました。



うちに来た時はこんなに小さかったのに




今では、
すっかりツノガエルらしくなりました。

目の上のツノもしっかりと。
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




クランウェルツノガエルの新居作りです。
元日から宅急便で運ばれる資材たち。


極床 超造形君 4Lです。
頼んだ後に気付きましたが、
極床 超造形君 2L もありました。
1/4も使わなかった。

飼育土には、
腐葉土なども考えましたが、
個体に土が付きづらそうなこちら。

カエル用ソイル

ビバリウムのかなめ、
葉っぱは、

ブセファンドラsp. グリーンウェービー(インボイス)
かっこインボイス?
なんだろう。

組織培養品があるというので、
珍しくチャームで購入。
陸上葉の方が、
ビバリウムには手っ取り早いでしょう。

設計図

容器はイモリとお揃いにして、
統一感を出していきます。
場所をとらないカエルなので、
サイズは充分でしょう。

イモリウム作成記事はコチラ

まずは穴あけ。

小さい穴を開けてから、

大きな穴を開けました。

2mm以上の厚みがあって、
15分以上かかりました。
ちょっと周りに傷をつけてしまった。

この穴は、

底に溜まった汚水の排水用です。

何か良い栓はないかと物色したところ、

ぴったりのものを発見!
捨てようと思っていたエアーポンプの足です。

これで器は完成です。




続いて、

園芸ネットを側面に貼り付けていきます。
超造形君がガラスへ長期間付着してくれるのかが
分からなかったので、
ラス下地みたいな感じです。
下から積み上げるように盛れば問題ないそうですが、
今回は、下の方は湿らすので、
壁面途中から盛っていきますし、
天井にも貼り付けたいので。

お次は葉っぱの準備。
ブセは容器の中に、

こんだけ入っていました。
かなり密なので、

バラしてやりました。

それと、
庭の苔栽培場から、

苔各種を調達。

さらに、
3号器 陸上部分から、

よさげな植物をピックアップ。

木と別種陸上葉ブセとマメヅタですが、
マメヅタはスペースの関係で、
3号器に戻しました。

容器の一番下は、
排水しやすいように軽石を敷く予定でしたが、

大量にストックされていたリングろ材に変更しました。



造形君に水を加え練ります。

粘土質と繊維質の混合土って感じです。
水が多すぎると、
粘土質のみ流れてしまうので、
造形君が保持できるだけの水量で練っていくのが、
のちの造形仕事に良です。


下地に沿って、壁面と天井に貼り付けました。
超オーバーハング。
ボルダリング禁止。

乾かないうちにブセを埋め込みます。

ピンセットで差し込むように植えました。
ボトルシップ造りみたい。

造形君の繊維質が絡み、
結構簡単に植わってくれます。




たくさんあったのでふんだんに植えましたが、
使いきりませんでした。
残りは3号器へ。

底にかさ上げ兼排水用にリングろ材を入れ、

土をレンゲで蒔いていきます。

木は1本にし、その脇に赤いブセを植えました。


葉っぱの成長を考えると、
平地部分はこのくらいで良いでしょう。

最後に表面に苔を乗せて完成です。

陸地飼育の場合、
保湿には苔が良いと言うことなので。

ほどほどのジャングル感。
今後の成長が楽しみです。



1日養生したところで、
カエルさんをお引越し。

動かねぇ。

翌日 朝

おっ、潜った~!



おっ、予定していた奥の方で潜った~!

明日は餌やりの日なので、
楽しみです。
まだうんこしないので、
うんこ処理についても考察したいうんこ。
うんこウンコ

イモリウム ゲコリウム



「なんか隣に新顔さん来たでぇ。」

おしまい

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




先日お迎えした、
クランウェルツノガエル グリーンアップル。
ベビーかな?

こんな感じで、
カップに入って売られていたよ。



子供のうちは、
プラケースに水を張って、
ウールマットを敷いて
飼育するのが一般的らしい。

とりあえずの仮住まいは、

ガラスケースに、

園芸ネット。

餌は練り餌。

1回分、少量を作るのは難しいので、
イモリたちにもあげることに。


こいつ、最高にかわいいなぁ。

ほれ食え。

パクっ

ほとんどはみ出とる!

寝てる時は、

黒目が小さい。
キモっ!



ウールマットでの飼育では、
なんか味気ないし、
陸上飼育をお勧めしているひとも多い。
特に、大きくなったら土で育てたほうが
健康的で発色がいいと言うし。
中には、

鉢植え飼育なる、
観葉植物とともに飼育する方法もあるらしい。

でもなぁ、
葉っぱに水やるの苦手だからなぁ。
水やらなくていいから水草育てとるし。



我が家ではビバリウムで飼育してみたいと思ふ。

次回、
元日からボトルビバリウムを作る
の巻。

またね

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




窓際のMacintosh水槽では寒そうなので、
イモリさんの越冬容器を準備しました。
(我が家では冬眠をさせていません。)


先日購入したガラス製キャニスターです。

田村溶岩石をホットボンドで固定します。

チョコレート色のホットボンドは便利ですなぁ。
石が濡れているとくっつかないので、
しっかり乾燥させてから使います。

奥になる側面に貼り付けました。


庭の苔栽培場から適当にチョイス。

苔の越冬は未経験なので、
お気に入りの苔は、今回の容器に入れて、
室内で管理します。

イモリと苔、まとめて管理できてお得!

石の間に突っ込んで挟み込む感じで植栽していきます。

お気に入りの苔付き枝も使用。

イモリを移住。

ちょっと狭いけど、
冬の間は我慢してくださいな。

春のなったらリニューアルすっからね。


この容器、カレンダー付きなので、

水換えした日を表示しておこうっと。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




Mac水槽の設置が完了しました。

まずは、設置場所をテレビ横にすべく、
さらなる加工を施しました。

後ろから水槽を引き出す形だったのを、
上からケースをかぶせるべく、
Macの底を抜きました。
壁面に設置するので、
アクセスしやすいようにです。

水槽はというと、

このような形で置けるように下駄を作成。

照明用のアダプターと、
エアーポンプを格納しています。
蓋に空いている穴は餌やり穴です。
Macにも穴を開けました。

二つをまとめ、Macからは電源コード1本が伸びるように。

底面ろ過用のエアーパイプは、
このように取り回しています。


水槽ユニットの上から、

Macを被せれば設置完了です。


照明用のLEDは、
砲弾型10mmを使用して自作しました。

予定通りテレビの横に。

ハリーポッターやってます。
息子の作った電波パタパタ時計、
カッコいいです。ほしい!

電源コードは、あえて目立つよう、
黒いコードにして見ました。シブい!

ブリブリ草が、
それこそ捨てるほど増えたので、

目一杯植えてやりました。

イモリの"きゅうり"と"なす"は、
(イモリの名前です。)
初の照明に戸惑っているようです。

これにて、
Macintosh水槽はひと段落とさせていただきます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




イモリウム in Macintosh に
底面ろ過をセットしました。

最小の1ユニットで作成です。

立ち上げは可能な限り短くしました。

底砂は、我が家の定番、

麦飯ジャリです。

ホームセンターで手に入る砂利の中では、
一番気に入っています。

洗うと水が濁ってきますが、
まさに麦飯液なので、
ほどほどに洗って使用しました。

現在は、我が家の4/5の水槽が
この砂利になっています。
白っぽく明るい色と麦飯効果が魅力です。


レイアウトは仮にしておいて、
とりあえず水位半分ぐらいで様子を見ます。

底面の立ち上げは水面突破しているので、
エアーをやや強めにし、
ポタポタと垂れる形で循環させました。

ヌシがイモリなので、
水草はあまり植えられません。
石を積み上げ陰性植物で
彩りを添える予定です。


塩ビでフタも作ったので、
脱走好きなイモリでも安心です。


この後は、
照明とレイアウトですが、
それはしばらく先のお話し。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ







20cmに避難中のイモリたち、
ほぼベアタンクで
我慢していただいているのですが、
そろそろ正式なお住まいをと、

Macintosh Classic 2 のジャンクを購入しました。
2500円なり。


G3 CUBEとどちらにするか、
最後まで悩みましたが、
水槽部分は既存のものが使用できる、
クラシック2にしました。
世代的にはカラークラシックなんですが、
コンパクトマックといえば、
ここまでが王道なイメージです。

傷、汚れ、日焼けが酷かったので、

全バラし後に、ヤスリをかけました。
リンゴマークは後ろから突けば外れます。
ついでなので、
成型時のバリや、
樹脂のヒケも取ってみました。

塗装は本来の薄ベージュではなく、
ホワイトに変更し新品な感じで。

PCらしさを残すために、
ブツブツ塗装で仕上げてあります。
鏡面塗装もかっこ良かったかな?


20cm水槽を、スッポリと取り出しできるよう、
筐体上後方はくり抜きました。

ぴったしサイズです。



あとは、底面ろ過を入れて、
LEDを埋め込んで、
レイアウトして完成です。
その辺はまた後日行います。


片手で持ち上がるので、
お出かけに便利です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




イモリ飼育用 Macintosh水槽の
まとめページです。







その1

見る


その2

見る


その3

見る

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




パイナップル系の乾燥が著しいので、
もう少し囲ってみようかと
水槽を新調しました。



掃除が楽なように、
レイアウト物は自立でき、
個別に取り外せるように。
植えた植物も一緒に取り外せる形を。


流木周りは、葉っぱを糸で巻きつけました。


石はコーキングで結合。
これで、清掃時に気軽に取り出せます。

蓋は、密閉型の方が湿度を
コントロールしやすいとは思いましたが、
加湿を行いたいので、
ガラス面が曇らないよう、
金網タイプにしました。

市販品は高いので、
余り物で自作。0円です。


ちょっと、頭でっかちでバランスが…。

同じ大きさの枠を、
下にもつけた方が、
見た目はいいかもしれません。

今回のコンセプトは、
実験室のビバリウム。
シーマンな感じ。
なので、
配管や器機を剥き出しで構築します。


試験管群がえらいことになっております。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




すっごい忙しいです。
諸々の準備が雪崩のように降ってきて、
暇を装うのもそろそろ困難な今日この頃、
皆様 いかがお過ごしでしょうか。

私はといえば、
日々の換水と餌やりを、
実施したりしなかったり。
(いや、えさやりはサボったことないです。)
飲みすぎるとついついおろそかになります。
偉そうなことを書き綴るくせに、
呑んでサボる。
でも、今日は、
マッコリを1Lほど飲み干しながらも、
きちんと換水は敢行致した次第です。
そして、チューハイを追い打ちしつつ、
ブログを書くのです。

とりあえず、近況報告をば。

クリプタンサス 品種おまかせ 3ポット分

こんなものを買って見たのですが、
届いたら、
メッチャでかっ!
写真の倍はあるっちゅうバカでかさ。
いや、写真の鉢のデカさが
想像を上回っていただけかも。
大きさ比較にタバコも写してくださいな。

でも、
お迎えした以上、
植えるしかありません。

もっさり。

イモリウムに人喰い花を
お迎えしました。

やっぱり、
ネットで買うと、
サイズがわからないな。
でも、結構気に入っています。

最近、アナナスとパイナップル系の植物に、
ゾッコンです。
来月から、
観葉植物カテゴリーに引っ越しますが、
たまには覗いて見てください。
観賞魚カテゴリーの皆様、
長らくのご愛顧、
ありがとうございました。











ウソです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ナスとキュウリが、
ガラスの向こう側に行きたいって言うから、
向こう側には行かせてあげられないけど、
よく見えるようにしてあげようね。
と約束したので、

フタを網々に替えてあげました。

これで、向こう側がよく見えるでしょ。

水滴もなくなって、
くっきりとお山が見えるよ。

向こう側には水が無いし、
食べ物も無いんだ。
いまはこれで我慢しておくれよ。




先日、
すみだ水族館で見たビバリウム。

とっても素敵でした。

カエルたちが快適そうに
暮らすその水槽。

自然の姿とは比べものに
ならないのはよくわかっているけど、

少しでも快適に過ごせるように、

工夫されたその空間は、

とても素敵でした。
飼育するという時点で、
賛否両論はあるのでしょうが、

お迎えする以上は、
最適の環境を用意してお迎えしたい、

そして最後まで一緒に時を過ごして行きたい。
そう思いました。

イモリたちが長生きできるように、
できる限りのことをしようと思います。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ネエ、ゴシュジンサマ、

キレイナ ハッパノ ヤマニ
ノボリタイノダケド、

オソラニハ フタガシテアルヨ。

キイテル?

ゴシュジンサマ?


オソラニ ハ ミズガツイテイテ、
ソコカラ トドク ヒカリガ、
ボクノ ハナヲ テラシテイルヨ。

オヒサマッテ ポカポカスルノ?
イツカ ミテミタイ ヨ。
ソッチノセカイ ハ ステキ ナノ?




お空の壁を外すことはできないけど、

綺麗な葉っぱの山が、
よく見えるように、
今度、網のフタにしてあげるよ。
そしたら、水滴が無くなって、
フタの向こう側がよく見えるよ。

もうこんな時間だよ。
さぁ、
おやすみなさい
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




イモリと苔 水槽は、
苔がなくなってしまったので、
近日中にイモリウムと
アイコンを変更したいと思います。

イモリテラリウムことイモリウム。
残された右部分も完成しました。

左の石組に続き、
右は流木で表現して見ました。

駒草園で見た時は小さく見えた流木も、
自宅に持ってくると意外に大きく、
ノコを入れてなんとか納めました。
この素敵すぎる形状!
何なんでしょう。
これで800円って、
買わないやつの気がしれない。
トンネル付きでアーム付き、
最高じゃん!

エアプランツもこちらに移植。

嫁さんが、熱帯雨林みたい。
ラフレシアとか生えてきそう。
って言ったのを聞いて、
やったぜ!まさにそういうイメージで
組んだのさ。と言ってやりました。

水面突破系水草を隙間に植えつつ、
モッサーモッサーを想定して組みました。
半年すれば、ジャングルになる予定です。

楽しい水槽になりました。

最近、みなさんのコメントに
返信するのが楽しすぎて、
記事を書く暇がありません。笑
ひねりの効いたコメントに、
いかに粋な返信をするか、
これは戦いです。
コメント欄でも楽しんでいただけるような
ブログを目指して日々精進いたします。

記事を書く時間がないので、
今日は、イモリさんの
セクシーショットでごまかします。






明日は、
我が家の急上昇株、
エビ水槽の住民について記事にします。
お楽しみに。

参の字を唸らせる、
困ったコメント、
お待ちしております。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




イモリウム用に、
植物を調達してきましたー。

メイン水槽のテラ部分と
かぶらないように、
かなり印象の違う植物を
チョイスしました。

合わせて、ポンプ兼浄化装置に、

テトラ マイクロフィルター

をチョイス。


揚水できればいいので、
とにかく小さいものを選びました。

動作音も非常に静かで、
お値段もお手頃です。
水流は弱いですが、
e-ロカよりコンパクトで
静かな点が気に入りました。

石も調達しましたよー。

メイン水槽にも入れたかったので、
少し多めに譲っていただきました。

濁っていてよく見えませんが、

こんな感じです。

水が澄んだらまたアップしますね。


以前から興味のあった、
ネオレゲリアを中心に配置しました。

葉の中心部にタンクがあり、
そこに水を貯めるという、
変わった植物です。
種類も豊富で、
コレクション性も高いのが魅力ですね。

右の部分にも、
ちょっと作りたいものがあるので、

配水を分岐しておきました。


水、濁らすなや。
とやや不機嫌なイモリたち。

植え切らなかった植物は、

鉢植えで楽しむことにしました。

ネオレゲリアの飼育ポイントは、
花屋さんに聞いてきたのですが、
こういう飼育方法は
全く未知だということでした。

うまく育つといいのですが…。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




本日は、時間もなかったので、
底砂を入れて、
イモリのキュウリとナスを(イモリの名前)
引っ越ししました。

テラリウムというか、ビバリウムというか、
バックの植物は、現在物色中です。
日々、お花屋さんに通う、38歳の男子。

水槽の蓋に乗っているのは、
スネール飼育器と
ブラインシュリンプ孵化容器。
ブラインシュリンプにおいては、
2週間維持することができています。
これは湧かす手間が省けます。
栄養価が落ちないように、
クロレラ粉末を与えていますが、
効果があるかは不明です。


久々の陸地に、やすらぎ、くつろぎ。


ナスがキュウリに、
なにか耳打ちしておりますな。

え?シジミさんですか?

さっそく潜って水質浄化に
貢献されている次第です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




イモリ水槽を、テラリウム化したくて、
水槽を改築しました。
ウォーターフォールSSで
使用した水槽に、
塩ビで仕切りを作製しました。

ちょっとやっつけ感が見え見えですが、
こんな感じで試運転してみようと思います。

イモリでオープンテラリウムは、
脱走の危険性が高すぎてNGなので、
イモリ居住区を前面とし、フタを完備。

奥はテラリウム。
少し高さを出したいので、
壁面を立ち上げました。

イモリ居住区とテラ部分には、
仕切りを設置し、

スリットで水の交換を実施します。

テラ部分には、
水中ポンプを設置し、
濾過と配水を行います。

イモリとテラリウムで、
イモリウム水槽、
近日立ち上げです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




イモリのエサは、
亀のエサをあげています。

慣れるまでは、冷凍赤虫などを
与えていましたが、
現在では手間要らずです。

そんなイモリ水槽ですが、
撤去を検討しています。

じつは、お隣さんが、
チェリーシュリンプを飼育しているのですが、
この度撤退することになり、
日曜日に我が家へ一式を引っ越すこととなりました。
水槽の寸法すらわからないので、
どこにどう置いて、
人員配置をどうするかは未定ですが、
セパレーターを入れて
イモリさんをそちらで飼育する
可能性が大です。

水槽は増やさないルールが、
一応継続中なので、
一個増やしたら一個減らすわけです。

せっかくなので、
陰性植物の子株を、
ミニ流木に着生させて、
増やして見たいとも思っています。
結論は、日曜日の引っ越し作業後に。


イモリ水槽のシジミさん、

口が出てる!
かわいいぞ。


「ウチら、また引越しですか?」



みずくさ電球、
気泡が出てとても綺麗です。






土日で、猫小屋の改築が
スムーズにいったら、

正式版みずくさ電球を
作成したいと思います。

え?猫もいるのかって?
そうなんです。外飼いネコ1匹、
20歳越えのお年寄りがおります。
犬は4匹 部屋飼いで、
イモリ2匹に熱帯魚、
夏場はカブトにクワガタに、
とにかく生き物が大好きです。

将来的には、庭でヤギとアヒルを
飼いたいと思っています。
そしたら、ヤギブログにしようと思います。
ブログ村に ヤギ カテゴリーあるのかな?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




いもり と 苔 水槽だったのですが、
偽岩と苔は撤去しました。
キッチンカウンターに置くので、
後ろからも見えるように。


水槽はすりガラス仕様から、
ノーマルの透明ガラスに変更です。

ストックのソイルを使用し、
90cmで増えた水草を植栽しました。


背丈のある水草をチョイスし、
イモリの足掛かりに使ってもらう感じ。
顔を出しやすくなりますね。

今回は、水位高めです。
うちの子は泳ぎがうまいので、
この水位でも生活可能です。

この水位だとフタは必須ですが。


ろ過装置なしの
足し水のみでの維持になるので、

90cmから、シジミさん4匹を引っ越しです。
水の濁りを抑えてくれる、
生物濾過最終兵器ですからね。


踏んでるよ!


マシジミは、入れたが最後、
その姿を愛でることはできません。
この可愛らしい舌も。


あぁー、潜ってしまうのねー。
10分ほどで全員が潜土完了。

ガラス面のコケ対策には、
石巻貝5匹を継続配備です。
彼らを入れてから、
ガラス面のコケに
悩まされることもなくなりました。


早速脱皮してますね。
たまに、手袋のような皮が落ちてます。
指の先まで綺麗に脱皮するんですよー。



2日後

使い古しソイルとシジミさんのおかげで、
バッチり透明な水になりました。

よく、こっちを見ているんですよ。
ちなみにイモリの名前は、
キュウリとナスです。

長年飼っていますが、
子どもはできないみたいです。
オスとメスだと思うんだけどなぁ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


ほとんど変化もないために、
メッタに更新されることのない、
イモリとコケ水槽 カテゴリー、
ちょっと手を入れました。

足元が滑るだろうと、
余っていたソイルを投入。
ろ過にも一役かってくれるかな。

今年、最大の捕獲種。
でっかいタニシです。
ヤリガイのようなタイプや、
カワニナはよく採れるのですが、
このタイプは近隣では初です。
外来種なのかは不明。
ドジョウの稚魚は残り一匹、
大きすぎて、イモリの口には入らなくなったようです。
このまま飼いますか。


苔壁には、新しい葉が出てきました。
苔なので数年かけて育てましょう。
気の長い話ですが、
イモリはすでに5年以上我が家にいます。
(7年だったかなぁ、もう忘れた)
イモリとともに育てましょう。
"イモリとコケ水槽"ですから。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




とても仲が良く、
もう何年も一緒にいます。

が、子宝には恵まれません。
もちろん、オスとメスです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




イモリの水槽を新調しました。
以前紹介した偽岩を入れた底面が20×15cmの水槽です。

前面が幅15cm×高さ26cnとかなりコンパクト。
そのうえ、3方向をサンドブラストして曇りガラス化しました。

今のところ、苔は真っ黒ですが、
3種類の野生苔の湿潤状態と水中状態を
観察できるように考えて見ました。

やっぱり陸があると嬉しいようです。
かなり急斜面ですが…。

2匹とも上陸。

試しに蓋を開けると…。
案の定、脱走する気満々。

蓋をしたら、諦めたようですが、
ふてくされてません?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。