前橋水族館にバジェットかえるの
おたまじゃくしが入ったというので、
用事がてら寄ってきました。

が、
スノーホワイトシュリンプの
特売を見つけて即購入。

めちゃくちゃお安かったです。
スノーホワイトって、
透明っぽいのかと思っていましたが、
ビーの白のみっていう感じでした。
かなり安いからか、残りわずかです。
ワイルドビーも
めちゃくちゃ安かったのですが、
5匹売りが残り1匹。

ということで、おねだりオーラで
頂いてきました。
それから、
床に生える系の水草を頂きました。

大磯に植えるのは大変そうなので、
エビ水槽のソイルに
ぶっ刺しておきました。

さらに、
なんか見たことない奇怪なみずくさ2種。

一つ目は、

スイレン科だったかな?
説明を聞いたけど…。
ググるとタイガーロータスっぽいけど…。
追記:ニムファ ミクランサかもしれない。

陸上自衛隊っぽい、
森林迷彩の葉っぱです。

スナイパーが被ってそうな。

水草が周囲に同化したい理由は
自分にはわかりませんが、
かっちょいいので買いました。

水面から眺めても素敵ライセンスA級。

2つ目は、

赤いタイプ。
森林迷彩とのギャップがいい感じです。
サイズはずいぶん小さいですが、
両方同じ値段でした。

ともに玉っころがついていて、
かわいさもMAXです。
取れちゃわないように、
慎重に植えました。

両方とも値札がなかったので、
名前を聞いたのですが、
全く頭に残りませんでした。


日本の沼のイメージから、
熱帯雨林のイメージに、
変わってきちゃいましたが、
まぁいいや。

魚も原色ヒラヒラ系が欲しいところだけど、

やっぱりハナビが好き!


息子がいよいよ、水槽を立ち上げるそうです。
近日中にお魚を選びに行ってきます。
彼の手持ちは600円。
場合によっちゃ補助金出しちゃうかも。
小六息子水槽いよいよスタートか?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




虹色シュリンプが、
ようやくカメラで捉えられる
大きさになりました。

虹色シュリンプは、
エビの多種飼いの醍醐味です。
色の順番は、
計算されたかのように、
色相環の順になります。

虹色シュリンプの親を掛け合わせるても、
虹色は生まれてこないのも魅力です。

奇跡の確立で現れる虹色シュリンプ。
その生まれる確率を挙げるには、
7種のエビ それぞれの数の
比率が大切だそうです。

ぜひ みなさんも挑戦して見てください。







送料無料 虹色のバラレインボーローズ




エイプリルフールに間に合って良かった。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




気持ち悪いイモムシ野郎が、
艶やかな葉を開きました。

妖艶なツヤはとても魅力的です。
100均の観葉植物も捨てたもんじゃありません。

白い縁取りもオシャレさんです。
なによりも、

裏側の幾何学さ、
トロンかマトリクス。

人が考えつくデザインのほとんどは、
すでに自然界に
存在しているのかもしれません。


ハナビがヒレを開いている姿は、
なかなか捉えることができません。

今日も、ハナビの素晴らしさを
みなさんにお伝えすることが
できないようです。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




今日は、仕事を早めに切り上げて、
駒草園さんに行ってきました。

ふんふふんっふふーん。
なんかいいもんないかなぁー。

むむむ、キューブ20?
マスター、これなに?なになに?

マスター:ん?そんなの仕入れたっけなぁ?

開けていい?

マ:いいぞー。

何ですかこれはー!
素敵すぎるガラス製品!
これおくれよ、マスター!

マ:よし、売ってやろう。
それは、現在は生産してないレアなやつだ。
息子さんの水槽に使うんだろ。


そうなんだよマスター。
小柄な水槽をBabyにプレゼントするのさ。

マ:じゃぁ、みずくさサービスだ!

ありがとマスター、オイラとっとと帰るよ。







てな感じで、水槽を買ってきました。
確かに、

現在のDoのHPには載っていない。
昔のカタログはというと、

おおー、あった!
一体成形のプラントグラス、
20cm×20cm×20cmの
まさに20cmキューブ!


これ、最高じゃん!
しかも今は売ってないやつだなんて、
なんたる巡り合わせ!
惚れた!10個並べたいっ!!

もう、水槽を増やさない計画は、
全くもってなかったことに
するでござるよ。ニンニン。

さっそく水を入れましょう。
底砂は、

100均のハイドロカルチャー"土"
前回は、異様に軽いのを買って、
全く沈まなかったのを教訓に、
めっさ重いやつを2つ購入。

底砂をろ材にしたいので、
程よく砕いてやりました。
ジップロックにいれて、
レンガでぶっ叩きました。
夜の9時に、玄関先で。

息子さんにと

マスターは、水草をトリミングして、
オモリで束ねてくれました。
ありがとうございまーす。

ろ過方法は、壁掛けで始動したものの、
せっかくの水槽の雰囲気が
壊れちゃうのですぐさま撤去。
底面エアリフトも考えましたが、
息子がメンテナンスするので、
単純な機構がいいと思い、

投げ込み式のエアリフトにしました。

が、エアーの破裂音が気になるー。
これはダメかも。
小さなポンプを仕込むことにします。

みずくさと一緒にもらって来た、
駒草汁と、
90cm水槽の水を入れたので、
立ち上がりは早いと思いますが、
砕いた土で濁っているので、

しばらくはココに置いて、
水を回しておくことにします。


この、底のガラスの厚さがたまんないっス。


それから、
以前から気になっていた、

フネアマガイ。
1匹だけ残っていたので購入です。

底砂の境目まで掃除するそのパワー。
きっと電池が切れると、
充電ステーションに勝ってに戻るはず。
iRobotの生物兵器は優秀だなぁ。
水槽内を自動マッピングして、
無駄なく掃除をするらしいぞ。


水槽を増やさない計画が破綻した勢いで、
水槽を一つ注文してきちゃいました。

※マスタは、穏やかな口調の紳士的な方です。
当ブログで変なイメージを持たれないよう、
重ね重ね、お願い申し上げます。



追記
10万アクセス突破しましたー。
ブログ開始からの10ヶ月間、
色々なことが起こり、
たくさんの方と交流し、
いっぱい変なものを作りました。
4月は更新頻度が落ちそうですが、
脳内構想は溢れんばかりです。
(時間と資金が足りないだけで。)
酔っ払いの変なブログですが、
今後もよろしくおねがいいたします。

10万hitプレゼントは無しでーす。
77777hitのプレゼントすら
まだ完成していないので。
ツルエビさん、もう少しお待ちください。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




※この記事は、随時追記型の記事となっております。
我が家で確認された抜け殻のみを厳選してお送り致します。


今回は、私の大好きな、
海老沼 種林譜 大先生著の、
「海老之抜殻大図鑑」から
いくつかを抜粋して紹介させていただきます。
先生の許可は頂きましたが、
この記事の写真や文章の著作は、
海老沼先生にありますのでご注意ください。

通常のエビの抜け殻は、
【靴下脱ぎ捨てタイプ】と呼ばれ、
泥酔状態で帰宅した際に、
ベットぎわに脱ぎ捨てられた
それに類似している。
あまりにもだらしない姿のため、
本書では、写真を掲載しない。
エビの餌になることが多く、
朝方にはさらにだらしない格好と
なって発見されることもしばしば。
靴下特有の匂いはしない。


【王蟲タイプ】俗称
【ラン・ランララ・ラン】学識名

その存在感は今にも動き出しそうなほど。
手足はもちろん、
触覚までが生きているかのようだ。
このタイプの多くは、
ソイルの上で発見される。
あまりの神々しさに、
その抜け殻には土地神が宿っているとも言われ、
地元のエビたちも食べることはないが、
禁忌を侵して食すれば、
永遠の命を得ることができる
とも言われている。
ちょっと、体色が残っているのが
この秋のトレンドぜよ。


【セミの抜け殻タイプ】俗称
【うまっこ型】一部地域での俗称
【空蝉タイプ】学識名

エビの形状を維持したまま、
何かに捕まり縦に
なっている抜け殻の総称。
有茎草の茎部分に付着したのには価値が高い。
逆に、葉っぱ部分に付着したのは、
垂直っぷりが低くなりがちで、
構図も悪いことから、
その評価は低い。
流木に付着したタイプは、
評価が別れるところであるが、
「エビの全長」×7.5 ≧「流木の円周」
を満たしていれば、
登録の条件を満たす。
式の 左辺 ÷ 右辺 ≦ 2.35 であれば、
有形文化殻に指定されるが、
当然、流木も含めて、
移動、改築、増築、リセットには
協会の許可が必要となる。
年間60ペソの維持費が補助されるとともに、
ろ材の無償提供などの恩恵にも預かれる。
逆さになっていれば、国宝級のお宝だが、
偽造品が多く、その真贋の判別は難しい。
流木は偽造がたやすいため、
(ひっくり返せばいい)
価値が低いとされているのも事実。
しかし、殻プロ(ガラプロ)の目でみれば、
モスの付着状況、苔の育成状況で、
判別が可能である。


【鯉のぼりタイプ】俗称
【羽衣・ジ・天女】学識名

抜け殻よりも細い、棒状の物体に、
一点支持で保持されたタイプ。
支持ポイントが頭部前方で
あればあるほど稀少価値が高い。
殻に体色が残るものは高価で取引される。
端午の節句の季節によく見られ、
2連、3連と連なることもある。
5連が現在確認されている世界記録で、
ネギスブックに掲載されるとともに、
世界遺産【抜殻遺産】となった。


【カウンタックタイプ】俗称
【Lamborghini Countach LP400タイプ】学識名

1974年製
生産台数150台
3,929cc 375馬力/8,000rpm
0~400m13秒台
最高速度260km/h
LP400Sは改良型を指す。
スーパーカーブームの
火付け役にもなった抜け殻で、
独特なガルウイングは、
当時の子供を魅了した。


【ズルリ落ちタイプ】俗称
【哺乳綱異節上目有毛目
ナマケモノ亜目タイプ】学識名

殻から抜ける際、
上方への離脱は体力を80P消耗し、
脱皮直後に襲われる危険度が高まる。
そのため、スカラなどの
防御力増加呪文を使えない
未熟なエビや戦士系のエビは、
上方離脱ではなく、
下方ずり落ちを好む。
HPの消費も2Pと最小限なうえに、
ずり落ちた勢いで、
そのまま滑り泳ぎでモスの影へ
退避することができる。



※本誌では、「抜け殻」「脱け殻」を
「抜け殻」として統一して
紹介しております。


いかかがだったでしょうか?
この図鑑には、合計500種を
超える抜け殻タイプと、
世界抜け殻遺産5点、
国宝抜け殻40点、
有形文化殻123点、
すべてがフルカラーで掲載されています。
また、袋綴じは、
脱皮したて、「脱ぎたてエビ美さん」の白黒グラビア。
付録のブルーレイディスクには、
「エビだらけの水泳大会
何匹かの脱皮もあるよ」
が収録されています。
すっごいお買い得ですよねー。
私なんか握手券欲しさに、
3冊も買っちゃいましたよ。
あなたもシュリンプ水槽の脇に
ぜひ一冊いかがでしょうか。

ブルーレイ収録動画より、とっておきをご紹介。
「衝撃映像 動く抜け殻」

これ以外にも、驚きの貴重映像が盛りだくさん。




当記事は、もちろんデタラメです。
この記事の内容を知人に話して、
恥を書くことになっても、
当方は、1ペソも賠償いたしません。

近日公開予定
・これ抜け殻?!
・抜け殻っていうか山田!
・カニじゃね?
・志村 後ろ!
現在調査中
・これ卵ついてね?
・2重で脱ぐの?
・むしろ小さくなってる。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




息子水槽 20cmキューブ、
エアリフトの破裂音が、
どうにも気になるので、

水中ポンプによる
投げ込み式フィルターとしました。

で、むすこ と おさかな を
選んできました。


ボルネオプレコ3匹

むすこはプレコに異常なまでの
執着があり、
今回、どうしてもプレコを買いたいと。
ただ、プレコは大きくなるものが多く、
20cmキューブでは飼育不可能。
ということで、
名前こそプレコだけど、
まぁ"張り付きドジョウ"です。

プレコ同様、ガラス面の
コケとり効果もあるというので、
掃除要因に。
むすこにとってはメインフィッシュですが。
息子の予算では2匹ですが、
3匹で割引があるので、追銭して
1匹は私が引き取ることに。

これだけじゃちょっとさみしい水槽なので、
メインフィッシュの資金援助。

息子が選んだのは、

ハチェット。
こちらも3匹セット価格で購入です。

帰りに雑貨屋さんで、

餌入れのガラス瓶を購入。
こちらも息子が選びました。
今回の援助金は1200円となりましたが、
小6になったせいか、
よくお手伝いをしてくれるので、
ご褒美としました。

水あわせからやらせました。

&自分のデジカメで撮影。


まだまださみしい水槽ですが、
小遣いでいろいろと買い足すことでしょう。

と思ったら、

さっそく賑やかに。


ボルネオプレコは、
水あわせ中に脱走しました。
私の水槽のは、勝手に水槽デビュー。
息子のは、机の上に。
ガラス面を登れるようなので、
フタは必須かも。
ハチェットもいるしね。



フィルターですが、

高さ的にはこれでもいける。
底砂をろ材と割り切れればこれで充分。
けど、これ、すっごく気に入ってって、
90cm水槽から外したくない。
2000円だし、もう一つ買うべきか。
レビューは後日。


エーハイム スキマー350



むすこは、20分おきに水槽観察してますよ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




amazonから補給物資が到着しました。
ひとつ目は、

みずくさ書籍。
四つ葉さんデザインの表紙がおしゃれです。
CDや本って、ジャケットも大切ですよね。
手にとって、興味を持ってもらうには、
第一印象が重要です。
パステル調の素敵な表紙、
アクアに興味がなくても、
思わず手に取ってしまうでしょう。
内容も解りやすくてとっても面白いです。

続いては、

エーハイム スキマー 350
予約していたのがようやく到着です。

さっそく開けて見ましょう。

これが中身全部です。
(比較対象はiPhone4Sです。)
吐出口のアタッチメントぐらい
付いているかと思いましたが、
シンプルな構成です。


構造もいたってシンプル。
給水口は、フロート式で、
水面を追従できるようになっています。
3cm程度の水面低下まで対応できるので、
設置位置の微調整は不要で、
回しっぱなしでもエアがみしません。
フィルターはスポンジだけなので、
油膜を除去するというよりは、
水中に溶かし込むと
言った方がいいでしょうね。


4つのスリットがついていて、
ここに吸水フロートを差し込みます。
結構ゆるゆるですが、
きちんと作動します。
まぁ、ゆるゆるなので
水面追従ができるわけですが。


ポンプは最下部なので、
電源コードも一番下になってしまいますが、
上部に取り回すことが出来ます。


吐出量の調整ができるので、
最小でセットして見ました。
意外と強いです。
稚魚や稚エビはガンガン吸い込むでしょう。


フロートの動作は問題なしです。
適当に設置しても、
水面に追従してくれます。
さすがに長期間の外出では厳しいでしょうが、
3cmの水面低下に対応できるなら、
普段の運用でエアがみが
起こることはないと思われます。

まる1日使って見ましたが、

我が家で問題となる、
ホコリや犬の毛、
抜けた葉っぱなどは、
水面には一切残らず、
とても綺麗な水面になっています。

ミナミヌマエビが一匹、
入り込んでしまいましたが、
救出は簡単、
フロートを外すだけで出てきます。
電源を切ればなお良しです。
ポンプの力はそれほど強くないですし、
荒目のスポンジフィルターなので、
エビならば吸い込まれても、
しばらくは生きていけると思います。

魚だと厳しいでしょうね。

水面の吸引力は結構力強いので、
浮遊性の餌をあげる時は
電源をオフにしないといけません。
スイッチ付きのコンセントを
用意すると便利です。




実売2000円程度で、
この性能となると、
DIYで作ろうなんて気になりません。
我が家の小型水槽は、
これをフィルターとして使用したいと思います。
吐出口がストレートだと、
水流が強すぎるので、
ガラス面に向けるエルボーや、
水流を弱めるアダプターを
つけるor作る 必要はありそうですが。
20cmキューブでも、

設置高さは問題なさそうです。
(生物ろ過は、底砂に任せましょう。)

ちなみに、吐出量最強にすると、
90cm水槽でも数分で綺麗さっぱり。
餌やり後などに、
数分だけ使用するのもありだと思います。
その場合は、吸盤ではなく、
壁掛け式に改造したら良いと思います。


参考までに寸法と
パーツ番号をあげておきます。




さすがエーハイム。
モーターも静かだし、
痒い所に手が届きますね。
これはオススメできます。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




本日は駒草園さんに行ってきました。
恒例となったアクアジャーナルを買いに。

参の字:マスター、来たよー。
頼んでおいた水槽 届いたー?

マスター:何のことだ?
ああー、そうだ忘れてた。
届いてるぞー。

参:へー、これがキューブグラスかー。
30cmって意外と大きいね。
おいくらかしら?

マ:うーん、知らん。
これに載ってるはずだ。
えーと、
うむ、525円だな!

参:マスター、それフタ!
水槽は、3465円って書いてあるよ。

マ:そうか、それの1割引だから、
まぁ、そんな感じだ。

参:あとウォーターフェザー付流木を
ひとつおくれ。
このでっかいやつ。
あれ?これは龍王石っていう、
ADAの石っころではないですか。

マ:ふむふむ。
なかなか勉強しておるな。
こうやって使うがいい。

ママさんの水槽 参照
(アクアジャーナル211 P44 作品1)
現在は、石の部分的な入れ替えで、
さらにカッコ良くなっています。
こいつは必見!
メチャクチャ素敵な水槽です。
36cmとは思えない密度と、
石のチョイスが最高!
是非実物を見て!


参:なにこれ、スッゴイ石使い!
この白いの最高!
買うよ!4つおくれっ!

マ:よし、今日は売ってやろう。

参:あと、ADAの本もおくれ。
タダのやつ。
それとさー、
恒例のおねだりのやつを見繕っておくれよー。
プレミアムモスとか欲しいなぁ。
売り物水槽じゃなくて、
レイアウトに入ってるやつがサー。
ていうか、
くれるまで帰らないよー。



2時間経過。

マ:負けたぜボウズ。
持ってきな。
内緒だぜ。

参:全部でおいくら?

マ:水槽いくらだったっけ?

参:マスター、自由過ぎ。
おいらが暗黒面に落ちてる側の人間なら、
フタの値段で買って帰るところですぞ。





と言った感じで、
いろいろとお持ち帰りしました。

本当は、ナンダー・カンダーみたいな
名前の魚に一目惚れしたんだけど、
仕事前だったし、
入荷直後で色も出てないとのことで、
後日お迎えに行くことにしました。
ラミジー・ラミジーだったかなぁ?

キューブグラスは、
車から下ろしていないので、
写真は無しです。
イモリウムの植物に、
朝晩霧吹きをしているのだけど、
この先、暑くなってくると、
霧吹きでは対応できない感じがしたので、
30cmキューブで密閉飼育する目的。
なので、今回は、
事実上の水槽数増減は無し。
もう一個違うの頼んじゃうけどねー。


龍王石は山の頂きっぽいのをチョイス。
サイズは5~10cmの小さいものを。


ウォーターフェザーはでかいやつを。
FJクルーザーよりでかいやつを。


そして、おねだった成果。
プレミアムでモスな一品。



ADAの本たちー。

嫁さんが、
おいらの本をしまう場所を、

空けてくれました。

まだまだ忙しい毎日が続くので、
物資はどんどん集まりますが、
いじったりアップしたりは、
ちょいと遅れるかもしれません。



※駒草園のマスターは、
紳士的で穏やかな口調のダンディさんです。
当記事は大なり小なり脚色されています。
偏見を持たずにお店へお寄りください。


マスター、本日もありがとうございました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




パイナップル系の乾燥が著しいので、
もう少し囲ってみようかと
水槽を新調しました。



掃除が楽なように、
レイアウト物は自立でき、
個別に取り外せるように。
植えた植物も一緒に取り外せる形を。


流木周りは、葉っぱを糸で巻きつけました。


石はコーキングで結合。
これで、清掃時に気軽に取り出せます。

蓋は、密閉型の方が湿度を
コントロールしやすいとは思いましたが、
加湿を行いたいので、
ガラス面が曇らないよう、
金網タイプにしました。

市販品は高いので、
余り物で自作。0円です。


ちょっと、頭でっかちでバランスが…。

同じ大きさの枠を、
下にもつけた方が、
見た目はいいかもしれません。

今回のコンセプトは、
実験室のビバリウム。
シーマンな感じ。
なので、
配管や器機を剥き出しで構築します。


試験管群がえらいことになっております。





にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




新年度の大忙しい日々、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
私はと言えば、
あれにこれに、
行ったり来たり、
詰ったり詰られたり、
提出したり突き返されたりで、
なかなかの忙しさです。

例えるなら、


いや、例える意味もないのでやめます。

我が家の水槽たちですが、
色々と変化もあったので、
まとめてご報告をば。

まず、

息子水槽に蓋がつきましたー。
スライド式の正式な蓋を導入です。

それから、

ハナビが増えましたー。
サテライト復活です。
残念なことに、
エーハイムスキマーに
吸い込まれて一匹他界。


浮く網は結構便利ー。


イモリウムに夢中!
パイナップル系と
チランジアを増やしたいです。

イモリに食べられないサイズの
エビを導入したいということで、

スジエビご来場。


カラーサザエは陸生化し、

みずくさ電球のカボンバは、
勝手に成長しております。

関係各所に発送予定のみずくさ電球ですが、
いまだ梱包すら終わっておりません。
今しばらくお待ちください。

久々に更新したので、
内容は無い様ですが、
ポチッと押して頂けると、
嬉しいです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ほとんどストック水槽なので、
公開はしないつもりだったのですが、
一部のマニアから、
とっとと公開しろという、
強要があったので、
一応記事にして見ました。


エビ天水槽は、
90cm水槽の下部に位置し、
主に、チェリーシュリンプの繁殖と、
水草のストックに使用されています。

陰性植物の増殖や、
コケまみれな水草を
トリートメントするために
設置されているので、
LED照明も控えめです。

プレモスの上で戯れる小エビ。

ツマツマ。

我が家 唯一のブセと
モッサーなモス。

自由奔放。

ビーもヌマエビも。

いろんなみずくさも。

エビの種類も自由奔放。

抱卵自由。

エビが好き勝手に生きる水槽です。

特段、特徴もない水槽ですが、
結構気に入っているのも事実です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




時間がなかなか取れず、
日々の換水が出来ないので、
ここ2週間は、
週に1/3換水と、
週2回の足し水(蒸発分)で、
回しています。

見た目では、水槽内に変化は無いのですが、

10種類の水質を正確に測定
テトラ ウォーターテストセットプラス

で水質検査をして見ました。

ついでなので、90cmとエビ水槽の、
2つで実施しました。
ちなみにエビ水槽は
足し水のみで運用中です。



アンモニア

検出されず。

硝酸塩

12.5mgよりは少なめぐらい。
90cmは、先週1/3換水して
1週間放置した状態。
この数値ならOKなのかな。

リン酸塩

0では無いけど、ほぼ無しです。

鉄は90cmのみ測定

0.25mgよりはありそう。
1週間 Feの添加をしていないわりには
含まれていますね。



大磯なので気になる硬度は、
90cm水槽だけ測定しました。
総硬度:3
炭酸塩硬度(アルカリ度?):5
思っていたほど高くはないけど、
これが良いのかは解らないなぁ。

最後にpH

水道水7.5


エビ水槽6.5
ソイルの効果で下がっているんでしょうね。


90cm 8!
8?これは高いなぁ。
これでは育たない水草もいっぱいあるでしょう。
アルカリで育つ水草かどうかも、
キチンと調べてから買うことにします。

数値を測っても、
いまだピンと来ませんが、
水槽の様子と
照らし合わせながら続けて行けば、
いつか何かが解るのかもしれませんね。





我が家の場合、90cm水槽で、
日に5~10mmほど
蒸発による水位低下が見られるのですが、
皆さんのところはどのぐらい蒸発しています?
フタ無しだとこんなものでしょうか?

まぁ、おかげさまで、
乾燥がひどかった居間の湿度が、
60%になりました。
でも、夏場がどうなるか、
ちょっと心配です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




あれ?
ポピーグラスからの水流が弱い気がする。




あっ、

吸水口がふさがってるよー。

大量換水で、
ハスの葉っぱが下がっていたのね。

フィルターのスイッチを
切らずにはがしたら、
切れてしまいました…。

ポピーグラスの良いところは、
水流を弱める効果が非常に高いのに、
水面はキチッと揺らしてくれるところ。


大きいサイズも持っているのですが、
小径の方が良い荒らし方をします。


大径は、より静かな
湧き水を演出してくれるので、
エビ水槽に使用しています。


揺れる水面にアクアスカイの
LED光があたると、
天井にガラス面に底床に、
キラキラと光が拡散して素敵です。

お酒のつまみにもってこいです。


ライトが落ちたあとの水面も素敵。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




久々にフリーなお休みだったので、
家族で公園に。
苔玉の製作体験が目的だったのですが、
到着時には定員オーバーで
締め切られていました。

仕方がないので、

群馬じゃ割と有名な植物屋さんへ。

ついでだから、
イモリウムに入れる
パイナップル系の葉っぱも物色だー。

写真がいっぱいなので、
詳しくは続きを読む↓ にて
[ 続きを読む ]

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ