2号器水槽こと息子水槽のまとめページです。
現在、息子水槽は無くなり、
生体を1号器へと移しました。
また、水槽の配置換えにより
現在は3号器とリナンバーされました。

水槽規格 30cm CUBE 【DoAqua】→【ADA】

2013/7/1


立ち上げ


2013/7/5


グラミー参戦


2013/7/14


キューバパール植栽


2013/7/24


エアーポンプでCO2添加


2013/7/30


LEDスポットライト設置


2013/8/11


バコバ植栽


2013/8/13


ステンレス煙突


2013/8/23
水槽をADAに変更

2013/8/28


水槽変更から一週間


2013/9/13
生体配置替え

2013/9/18
fc2blog_20130918005026d65.jpg
照明変更


2013/9/26
fc2blog_2013092523570333d.jpg
ビローン草


2013/10/9
fc2blog_201310092232271e9.jpg
キューバパールグラス増量


2013/10/16
fc2blog_20131015235237df4.jpg
コケさせる実験


2013/11/3
fc2blog_20131103010333e45.jpg
水槽台とLED照明変更


2013/11/4
fc2blog_2013110423253990a.jpg
ミナミヌマエビ投入


2013/11/10
fc2blog_2013111000061089b.jpg
モスコーパンダ参戦


2013/11/23
fc2blog_20131123011853b9e.jpg
底面フィルター煙突変更


2013/12/3
fc2blog_20131203001521e76.jpg
ミナミ大量投入


2013/12/19
fc2blog_20131219233603446.jpg
モスコーパンダコブラ
メタルピングーコブラ 参戦


2013/12/25
グッピーの稚魚が産まれる

2013/12/30
fc2blog_20131230233857289.jpg
グッピーの稚魚 育つ


2014/1/25
グッピーの稚魚大量

2014/8/16
リニューアル 溶岩石テラリウム 開始
2014/8/17
テラリウム陸上植栽

2014/9/17
地震で崩壊

2014/9/20
リニューアル
fc2blog_2014092023291073c.jpg



つづく
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




こ~のんさんが、
大きくて給水設備のある部屋を、
水槽部屋にするというので、
古形さんとお手伝いに伺いました。


引っ越し先の部屋の床補強をして、
耐水性アップのために
クッションフロアを張りました。
半日仕事だったので、
だいぶやっつけですが、
ギリギリ使用には耐える仕上がりです。

合板の切り欠きを採寸する私の尻を、
お二人は楽しげに撮影しておりましたよ。

私が床を張る間に、
お二人は水槽の移動準備、
90cmに60cm×3に30CUBE、
水を抜いたり、生体を確保したり、
水草をぶちゃったり、
大忙しです。

計6時間ぐらい働いたので、
日当をおくれと催促したら、
気前のいい
"親切丁寧 無料アクアショップこ~のん"
さんは、

めっちゃボリュームのあるボルビをくれました。
物欲しげに物色する私に、
さらに

サムライモスを忍ばせてくれました。
いわゆるシマフクロハイゴケです。
南米モスのようなかっこいい三角な葉を
展開するにもかかわらず、
大きくならないという理想的なモス。
創作意欲を掻き立てまくりの、
アドレナリン出まくり素材ですから、
さっそくサムライ水槽を
立ち上げたいと思います。
(先日、こっそりと、
ハニードワーフ水槽を
立ち上げちゃったので、
ちょっと先になりますが)

これで充分と思っていたのですが、
こ~のんさんは、
当初から、こちらを報酬に
用意してくれていました。


ブラックシャドーとターコイズ!


10匹もいただいちゃいました。
なんたる高額報酬!


青が入っているんですよ。
かっちょいいー。


青いんですよー。


こんな高価なエビを飼育できる日が来るなんて、
夢にも思わなかった。
でも、ずっと育てて見たかった。

こ~のんさん、
本当にありがとうございます。
一生懸命育てます。

帰って寝るまでに、
3時間しかなかったので、
点滴法で朝まで水合わせをしました。
もちろんエアレーションしながら。
万が一も許されませんから、
満身創痍 かけられる手間は惜しまず。

その甲斐あってか、

10匹とも元気に過ごしております。

エビ水槽は、

第三時抱卵ブーム真っ只中、
この勢いで、ビーたちも
元気に育ってくれれば嬉しいのですが。

ビーシュリンプ系は、
個性豊かでとにかく魅力的。
いっぱい水槽を立ち上げて、
いっぱい飼育したいのですが、
個体の高価さがネックで、
なかなか手を出せませんでした。

今回、素敵なエビを頂いて、
エビ飼育やる気満々。
お財布リミッターも解除される勢い。
エビ街道まっしぐらな予感がしています。
まぁ、リミッターを解除しても、
回転数はあまり上がらない財布なので、
100km/h越えの吹き上がりには
期待できませんが…。

お手伝いに行って、
本当に良かった!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




展示品を確認したら、
なかなかの明るさだったので、
これは良いかもと、
アーム式のLEDを追加しました。


水作 スマートLEDライト A220


今回購入したA220はチップLEDが14個で7W。
ちなみに、A420は12W。

照明本体は220mm、厚さ10mmと、
非常にスリム。
ケースは放熱も兼ねてアルミ製。

こんなチップが2列に配置されています。

アクアスカイ301のLEDと比べると、

似てますねー。
アクアスカイは3列配置で、30個17Wです。


(水槽背面写真)
流木の影になってしまう部分に
設置しました。
左の2灯がアクアスカイ301で、
右のがA220です。
球数と設置高さが違うので、
A220が不利ですが、
なかなかの明るさですよね。


目視ではアクアスカイに遜色ない明るさです。
いままで気泡の出ることのなかった、
流木影のレインキーから、
気泡が確認できました。

気になるのは放熱性能。
アクアスカイに近い?チップを
これだけ搭載しながらも、
本体ははるかに小さいので、
アルミケースのスリットだけで、
冷却が追いついているかといえば、
ちょいと不安な感じです。
触った感じでは
アクアスカイと同等に感じました。
お風呂の温度より熱いくらい。
でも、熱によるLEDの性能低下は、
アクアスカイよりも早いかもしれません。

が、実売3000円でこの性能、
なかなか魅力的な照明ではないでしょうか?

フチなし水槽、
ガラス厚6mmまでに
対応とのことでしたが、

8mm厚の水槽に装着することができました。
メーカーは対応を謳っていないので、
オススメできませんし、
製品誤差によっては、
入らないかもしれませんね。

アームは外してしまって、
アクアスカイのように、
アクリルでマウントをDIYすれば、
アクアスカイミニ201って感じに
仕上げられるかも。

20cmCUBEに使用したり、
部分的な補助に使うとすれば、
コストパフォーマンスに優れた、
優秀なLEDではないでしょうか。
DIY素材としてもとても魅力的です。

水作さん、やるなぁ。
幾つか買いだめしておこうかな。



庭で育ったスモークツリーを、
花瓶にさしました。

もっさり感がたまらない。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




種まきから8日経過、

エビ水槽引っ掛けた畑から、

ついに芽が出ました!

種がとても小さく、
数は数えずにパラパラと
蒔いたのですが、
多分20粒程度。
現在、10前後の目が出ています。

腰水栽培ですが、
カビが出るので、
霧吹きをしてやったほうが良いようです。
上からの給水で、
水が多少入れ替わります。
とりあえず一安心&今後が楽しみです。


次回予告

ガラス製 ブクブクちゃん エアー用
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




予告通り、
ブクブクちゃんの紹介からです。








底面フィルターをお使いのあなた!
エアーチューブがグニャグニャしてて、
締まらないなぁ。って思っていません?
奮発してシリコンチューブにしたのに、
うまく曲がらないという視聴者の皆様の声や、
無色透明の空気が通っている様子は、
全くもって確認できないじゃないか。
という近隣からの苦情。
もちろん、弊社にも届いております。

そんなこんなで、本日お送りするのは、
エアー用ブクブクちゃんマークX2.01。

廃品の理科機材を曲げて、

ホースが刺さりやすいように延ばしただけの、
5分間DIY商品。

ガラス製だというだけで、
これと言って特出した機能もありません。
それでも、

水槽外部に立ち上がるチューブが、
ガラス管でスッキリと直立したり、

エアーが通ればブクブクするので、
何と無く見ていて楽しいです。
着色した油を入れれば、
さらに楽しいと思われますが、
万が一、
水槽内に流入したらと考えると、
怖くて実装できていません。

割れるのが怖くて、
ガラス製品が使えるか!てやんでぃ!
という方のみ、
特別価格でご提供させていただきます。
ご希望の方は、例の口座に、
適当な金額をお振込ください。
気が向いたら製作し、送りつけます。
なお、振込んだことを、
コメント欄に記載する必要はありません。
振込時の防犯カメラの映像から、
身元を特定し、適切に処理いたします。
なお、防犯カメラの映像は、
身元特定以外の用途には
使用いたしませんので、
ご安心ください。






え?ブクブクちゃんが
装着されている水槽ですか?

そうです。
イモリウムです。
息子水槽(20cmグラス)を
30cmCUBEへと移行しました。

それに伴い、イモリウムは、
20cmグラスへ降格し、
時期計画に向けてクールダウン中です。
(こちらもご期待ください。)

そして!
30cmCUBE息子水槽には、
新しい仲間をお迎えしました。
息子チョイス(支払い私)の新しい仲間は、

レインボー ハニー ドワーフ グラミー?
名前、忘れちゃった!てへっ。
ゴールデンとレッドの掛け合わせ種で、
サイズも中間ぐらいと
店員さんが教えてくれました。
2匹お迎えしました。
それとコリドラスハブロースス2匹。
もともといたハチェット1匹も、
もちろん元気です。

レインボーなんたらグラミー?は、

とても鮮やかな色合いで、
育て上げれば、
どんどん綺麗になると教えてもらいました。

手のような触手が、
表現力豊かで、
見ていて飽きません。

人懐っこいのも特徴的で、
すぐに寄って来るようになりました。

性別がわからないのですが、
2匹同性な気がしています。
レインボー ハニー ドワーフ グラミーで
検索して見ましたが、
それらしき魚種は見つからなかったので、
名前を間違えて覚えてきたのかもしれません。
ご存知の方がいらっしゃいましたら、
ぜひご教授願います。

立ち上げから4日が経ち、
水の透明度もずいぶん上がってきました。
この水槽で手応えがあれば、
90cmメイン水槽は撤去して、
新たなステージに突入したいと思っています。
それに向けて、
水槽下収納も再設計開始です。
計画通り行けば、
素敵な水槽スペースになるはずです。
お楽しみに~。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




えび工場日記 +blog by shrimp factory+
のえび職人さんが、
エビ缶バッチを
リニューアル販売するというので、
待ってましたとばかりに注文しました。
えび職人さんとは、
ブログで交流させていただいているのは
もちろんなのですが、
私がアクアブログを始めるに当たって、
多大なる影響を受けた御三方の一人、
ようするに、尊敬しているお方なのです。

とくに、缶バッチに関しては、
コレクターズ魂をくすぐる一品で、
次期水槽周り計画には
欠かせないマテリアルなのです。

その缶バッチがこちら!

素敵すぎて鼻血が止まらない!
しかもオマケをつけて頂いちゃってます。

缶バッチ好きで、エビ好きな私には、
もうたまりません。
これを水槽周りに、
レイアウトしたいのです。

それから、
次期水槽周り計画に欠かせない、
もう一つのマテリアルが、

ポストカードです。
うーん、COOL!!
こちらもサービスしていただいております。
我が家のエビ状況に合わせて、
オマケをつけて頂いちゃってます。
やはり、
水槽周りにオシャレに配置するべく、
収納を製作中です。

しかーも、
運良く、
ジャスト、
"ブログ開設1周年と半月"ということで、
記念品までいただきましたー。
注文した日が、
たまたま、"ブログ開設1周年と半月"だなんて、
なんて運がいいのでしょうか。

アクアブロウです。
アクリル製のピペットなのですが、

先端が変更可能です。
お気に入りは、先曲がり。
底砂に現れた、
藍藻を吸い取るのにもってこい!
え?藍藻なんて出てないって?
そんな方でも、
モスの切れ端などを吸うのにいい感じですよ。
一番右の先広がりタイプは、
稚エビをピンポイントに吸うことができ、
選別にも便利な一品です。
大きいエビは詰まるのでダメですよ。
長さもいい感じで、

手を濡らすことなく、
底砂掃除ができちゃうわけです。
大きめのシリコンスポイトが便利ですね。

たまたま、運良く、
"ブログ開設1周年と半月"に
当たって良かったなぁ。

えび職人さん、ありがとうございました。
今度、上毛かるたの公式ルールと
役についてレクチャーいたしますね。



その他にも面白便利不便利で、
素敵でウィットな商品を
販売されていますので、
ぜひWebカタログを御一読ください。
カタログとしての見応えも有りありで、
とにかく脱帽ですよー!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




立ち上げから一週間がたち、
透明度も上がってきたので、
記事にして見ました。

むすこすいそうといえば、
以前の記事の通り、
イモリウム30cmCUBEへと移行しています。
イモリウムは改築準備中ということで、
20cmへ仮住まいし、
その日を待っています。

今回は、底面濾過を採用しました。

自分が底面濾過のみで水槽を
維持できるのかを試すためです。
もし、手応えがつかめたら、
90cmを休止し、
30cm×3個を立ち上げようと思っています。
立ち上げ管が透明なので、
汚れが目立ちそうですが、
気泡の状況を視認しやすいし、
途中で外せるのでまぁ良しとしましょう。

ろ材は、

余り物です。

ちょっと不安なので、
生物濾過向きの底砂にしました。

飼育水は今までのものを使用し、
バケツでバクテリアを育てた、
活き水を足しました。
エアーはすごく細く絞り、
水槽内に汚れが舞わない状態で、
ゆっくりとろ過を開始し、
立ち上げから3日ほどで濁りは収まりました。

一週間が経過し、

完全とはいかないものの、
透明度はずいぶんと上がりました。

向こう側にiPadを置いて見ました。

木化石の配置が不自然ですが、
ダム湖のイメージで、
根流木と合わせて見ました。
野反湖の雰囲気です。

落ち着いたら、
個々の石に葉っぱをくっつける予定です。

水面にホコリが浮きやすいので、
表面を中心に少量換水しています。
むすこすいそうと言いつつも、
餌やり以外は私の管理です。
というか、私が楽しくなってしまいました。

その間に、
LED照明を改築。

さらには、
以前紹介したブクブクちゃんを装着。

と言った具合に、
ここ一週間で一番手を掛けている水槽です。

ブクブクちゃんの動作状況を動画にして見ました。

撮影のために、エアーを強くしてみました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




先日のこ~のんさんちの水槽部屋改築記事、
こ~のんさんのところでアップされたのですが、
私の尻しか写ってません。
水槽部屋の記事というより、
333ばんきんのケツの記事です。
こんなことなら、
お尻がきれいに見えるパンツを
履いていけば良かった。
勝負靴下を履いて行ったのが、
せめてもの救い。




話は変わって、今朝の水槽はというと、
90cmメイン水槽の、
流木テラリウム部分に植えた植物が、
花を咲かせました。

いや、花なのか?
よくわかりませんが。

葉っぱの名前がわからないので、
過去記事を漁ってみると、
アグラオネママリアだそうです。
ブログって便利だなぁ。
まさにログ。キチンと記録されていました。
Googleグラスが早く欲しいな。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




昨日は、変なタイトルの記事をアップした挙句、
記事を消去してしまい、
ブログ村注目記事ランキングをお騒がせし、
大変申し訳ありませんでした。
(消去された記事が1位に成り上がるとは、
全くもって予想しておりませんでした。)
ブログの更新を2、3日お休みすべく
愚痴を綴りった記事を書き綴ったのですが、
非アクアな愚痴は良くないと、
早朝に消去しました。
実公開6時間の間にご覧になった方には、
きっといいことがあると思います。
ものすごく反省しておりますし、
今後は非アクアな記事は
垂れ流さないと心に決めました。
といっても、それほど過激な内容ではなく、
忙しくてくたびれたなぁ。程度の内容です。




さて、本日の本題です。

90cmメイン水槽を立ち上げたのは、
ほぼ今年の正月。
正味7ヶ月ではありますが、
休止することにしました。

この水槽は、あらゆることを試験するべく立ち上げた水槽で、
大磯で育つ水草を調べたり、
いろんな種類の水草を突っ込んで、
その特徴を調べたり、
多種多様な液肥を添加し、
様子を見たり、
今後のアクア人生の下地となる部分を、
しっかりと固めてもらうべく
存在してくれた水槽です。

ここで、
333ばんきんのすいそう
第1ステージは幕引きとし、
新たなる環境に向けて
準備をして行くことにします。

第2ステージでは、
90cm休止で空いたスペースに、
30cmCUBEを3つ並べ、
異なった趣旨の水槽を、
好き勝手に維持して行こうと思います。
Do aquaのCUBEもありますので、
最終的には、30cm×4つとします。

一つはエビ水槽で、現在のDo aquaを使用し、
外部フィルターで維持して行きます。
残りの3つは、ADAのCUBEを使用し、
ハナビ飼育の水草水槽、
ハニードワーフむすこすいそう、
石組ブセ水槽、
の3つから始めようと思います。
もちろん、駒草スタイルの、
非ソイル 極小気泡底面ろ過です。

ということで、
駒草園に相談&水槽注文で訪問!
おこずかいの都合で、
いきなり3つは無理なので、
ハナビ水草水槽用を一つ注文。
徐々に増やして行きましょう。
(ここで、20thピンセットネタで、
めちゃくちゃ盛り上がったのですが、
その話はまた後日。)

さてはて、
30cmCUBEをかっちょ良く並べるべく、
こんなものを作っています。

水槽ベースです。
今回もキッチンのカウンターに並べるのですが、
エアーチューブや、
照明、ヒーターの電源コードが、
ゴチャゴチャしたら嫌なので、
水槽を5cmほど浮かして、
水槽下に配線できるようにします。

整然とCUBEを並べたいのです。
コードはできるだけ見たくないのです。
もちろん、
裏側からアクセスできるように
していますし、
配線類が見えないように、
裏側も閉じられるように蓋を用意します。
詳しくは完成&設置後に紹介します。

一箇所、上部の蓋が開くようになっていますが、
ここは、外部フィルター装着の
エビ水槽を置く場所の脇です。
吸配水パイプのメンテを考えました。
穴はまだ開けていません。

これをカウンターの上に設置します。
もちろん、耐荷重は問題なし!

カウンター下は、
エビ水槽移設、でっかいエーハイム撤去、
となるので、収納をリニューアルします。
幅182cmをフラットな収納にすべく準備中です。
10年使える収納を目指し、
18mm合板ベースで鋭意製作中!
蝶番だけで6000円もかかっちゃいました。涙
でも、収納力はバツグン!
メンテナンス収納は前倒し式で便利!
可動棚も充実!
の至れり尽くせり収納になる予定です。
たぶんね。

今後の333ばんきんにご期待ください。
(っていうほどたいしたものじゃぁないですけど。)

90cmの見納めに、
気泡を撮影して見ました。

新しい水槽でも、
気泡が見られるといいなぁ。
結構、気泡好きになってきましたよね。
自分。

90cmR水槽は、
取りに来られる方限定で差し上げます。
ブセ1株と交換します。ウソですタダです。
でっかいエーハイムは、
180cm水槽立ち上げの日まで保管しますので、
あーげないっと。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




解体間近な90cm水槽。
有茎草の調子も出てきたし、
底草も広がりざかりで、
名残惜しいのだけど、
解体までの数日をたっぷり楽しんで、
スパッとお引越ししましょう。

今回の水槽は、
カリウムと鉄分を液肥で添加していましたが、
ここ2週間は、添加なしで様子を見ました。
換水は週一で水道水を1/3ほどです。
水道水からの養分が効いているのか、
埋めてから1月経ったボトムが効いているのか、
水草の育成状況は良好で、
一時期見られた黒髭コケも、
ずいぶんと少なくなり、
安定期に突入した感じです。

多少の黒髭は、生体が食すので、
特にひどい葉っぱだけトリミングして、
あとは放置していました。

調子の良い有茎草に比べて、
陰性植物はシダ病発生。
かなりの量をカットし、
新芽待ちになっています。
クーラー管理の水槽ですが、
実際には、外気温の影響を
受けているのでしょうか。

新規水槽シリーズでは、
テラリウムは考えていないので、
この葉っぱたちは、
鉢植えか、巨大苔玉にし、
水盆か吊り下げで維持したいと思います。
こちらも色々と楽しませてもらいました。
イモリウムのパイナップル類も
現在はココに一時避難しています。


水耕栽培中の葉っぱは、

少しずつ育っています。
発芽率は8割程度でしょうか。

葉が2つに別れました。
このソイルはパウダーなので、
いかに小さな葉かが
お分かりいただけると思います。

エビ水槽の新規立ち上げまでには、
半分を水中化したいと思っています。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




あまりのウンコのデカさに、

内臓が飛び出てしまう病気ではないかと、
心配しまくったのですが、

純粋たるうんこだったようで、
一安心な今日この頃です。

そんなことよりも、
unkoの排出される穴が、
想定していたよりも、
はるか前方に位置していたことに、
動揺を隠せない今日この頃でもあります。

浮くウンコは、
食物繊維豊富な証。
健康でしょう。

みなさんも、
毎朝チェックを怠りませぬよう、
云々なんたらかんたら。

ごきげんよう。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




2号器水槽のまとめページです。
当初1号器としてスタートしましたが、
水槽の配置変更により、
途中から2号器にリナンバーしました。

水槽規格 30cm CUBE 【ADA】

2013/7/14


立ち上げ


2013/7/24

エアーポンプでCO2添加開始


2013/7/30


LEDスポットライト追加


2013/8/5


変な柄のハナビ


2013/8/13


ステンレス煙突


2013/8/28


底面ろ過フィルター導入から2ヶ月


2013/8/30


ハナビのフレアリング


2013/9/13
生体配置替え

2013/9/18
fc2blog_20130918005026d65.jpg
照明変更


2013/9/22
fc2blog_20130922015856292.jpg
模様替え


2013/10/13
fc2blog_20131013131209d7b.jpg
刺し戻す押し戻す


2013/11/3
fc2blog_20131103010333e45.jpg
水槽台&LED照明変更


2013/11/23
底面フィルター煙突変更

2013/12/9
fc2blog_20131209002444818.jpg
こっそりとレイアウト変更

2013/12/11
fc2blog_20131211004000439.jpg
グリーンネオンテトラ50匹参戦


2014/1/ 進行中
キューバパールグラスの絨毯を目指す

2014/1/2
fc2blog_2014010222302050b.jpg
グリーンネオンテトラ発色良好


2014/1/3
fc2blog_201401032120208ed.jpg
オトシンネグロ参戦

2014/4/2
新照明システム導入

2014/4/16
偽岩水槽スタート

2014/4/27
植栽

2014/5/10
引っ越し

2014/6/4
2号器リニューアル
fc2blog_201406040035459ba.jpg

2014/11/19
ジブリウムコンテスト出品
fc2blog_20141119004924c61.jpg

333bankin.jpg



つづく
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




組織培養ってのが、
ずっと気になっていて、
いつか実際に見て見たいと
思っていました。

楽天カードのポイントが溜まっていたので、

組織培養 キューバパールグラス

を購入して見ました。

想像していたよりも柔らかい、
ピーチゼリー状の培養基に乗っていました。

自分は、菌を培養するような、
寒天状のものを想像していました。

近所で木化石に
色合いの似た石を拾ってきて、
0.2号の極細テグスで巻きつけましたが、

気づけば、30mを使い切ってしまい、
中途半端な状態に。
まだ、葉っぱはたくさん残っているのに。





底面濾過では、
底砂を動かすのはタブーです。

あっという間に水は濁り、
再び澄んだ水に戻るには、
かなりの時間を要します。
底砂はろ過装置そのものなのです。
水槽内で、外部ろ過のフィルターを
洗うようなものですね。
糞や残り餌、枯葉を溜め込み、
バクテリアが分解し、
養分として溜め込む。

極小気泡の超スロー濾過では、
人間の手が入ることを拒みます。
何も加えず、何も触らず、
水槽内の生態系を見守る。
手助けはするけど、
それは気づかれないように、
ほんのチョットだけ。
そんな感じのろ過でしょうか?




むすこすいそうは、
CO2添加は無しなので、
照明のみ強くして見ました。

出てきましたよー。

アクアブログでよく見る気泡がー!
キューバの宝石がー!
光は偉大です。

むむ、おいらが照明増やしたって、
葉っぱたちに気づかれたかも。



底砂をいじった他にも、
根流木からのカビによる濁りが出てきました。
枝状流木と同じですね。
カビにはチェリーシュリンプが
効果的だったので、
今回も、

エビ水槽から引っ越ししていただきました。
綿状のカビはとても美味しいらしいです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






記事を書いている暇がないので、
よろしければツイッターを覗いて見てください。

落ち着いたらまとめて記事にしますね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




90cmすいそう 最後の日がやってきました。
長期維持を目指して行くのも、
興味深いテーマではありましたが、
新鮮な刺激を求めるべく、
新たなる水槽を立ち上げる事にしました。

今回は、ちょっと写真が多くなりますが、
90cmスリム水槽の、
最後の写真と、
解体の一部始終を記事にし、
この水槽への感謝の意としたいと思います。
※水草の名前は、
相変わらずちんぷんかんぷんなので、
各自補正してお読みください。
覚える気も、覚えられるとも思えませんので、
優しく見守ってください。




維持期間7ヶ月と17日。

レイアウトというには恥ずかしいですが、
好きな水草を好きなように植えた、
お気に入りのコレクション水槽です。
誰かに見てもらうとか、
構図がどうとかは関係なく、
好きなものをいろいろと所有したい。
あれもこれも試したい。
そんな欲望で産まれたすいそうです。

解体を決めてから2週間、
液肥の添加は辞めたのですが、
有茎草はむしろ調子が良く、
今までにない発色と茂り様でした。

背面のキッチンシンク側から。

これからが期待できる繁栄ぶりです。

ハスっぽい葉っぱも、
縦に伸びるし大きくなるよ。
と言われていましたが、

もっさりこじんまりで可愛らしく育ちました。
高光量を与えてからは、
上に伸びなくなり、
葉の数が増えて行きました。
ググってもそのようなことが書かれていますが、
底砂、栄養量、光量、水温、
育成環境によって、
その姿は一様ではないので、
自分の手で育てて見て良かったと思います。


石ゾーンはまだまだ未発達ですが、
頂き物のブセがずいぶん増えてきましたよ。
手前に藍藻が見えます。
我が家の場合、
藍藻はテラ部分で発生し、
水槽内に広がります。
テラ部分の藍藻には特に苦労しました。


えきのなんたら?も一株からずいぶんと密度を増やしました。
ブセにも似た、渋い色合いの葉は、
とても気に入っています。

こちらも頂き物。

お気に入りのフレイムモス。
ずいぶんと伸びました。
新たにいただいたサムライモスと共に、
新しい水槽を演出してくれるでしょう。

調子のいい有茎草とは逆に、
陰性植物は絶不調。

具合の悪い葉をすべて落とし、
丸裸に。
次期陰性水槽でリベンジです。

十字も全盛期の鮮やかさがありません。
強い葉っぱなので、
新しい水槽でゆっくりと
回復してもらいたいと思います。


居間に水槽がある生活、
とても充実していました。
PCの前から水槽の前に、
私の生活スタイルを一変してくれましたね。


このアングルがお気に入りです。
7ヶ月立っても、
流木からの色素は完全には抜けず、
ブラックホールの効力が切れると、
飼育水は黄色く色づいてしまいます。


ニューラージも、
トリミングで絨毯化への道が
ようやく見えてきたところでした。

未練は残りますが、
大型水槽を長期維持するのは、
自分には向いていないと察しました。
これからしばらくは、
小さな水槽を幾つも並べ、
短いサイクルで色々な水槽を立ち上げて、
自らのスキルアップと、
探究心を満たして行こうと思います。
もちろん、
その先には、
6億円当選 & 8m巨大水槽の
立ち上げが待っています。




そして、



最後の時が訪れました。

事前に流木島とテラ部分の観葉植物は
移動しておいたので、
水草を引き抜きます。

なんたらレインキー?は、
ヤマト先輩の食害も乗り越え、
赤く赤く、
それは素敵な花束のようになりました。
嫁さんへの花束のプレゼントの変わりに、
キッチン側の一番目立つところに植えた葉っぱです。
次期水槽でもキッチン側の
一番目立つところに植えたいと思います。

ルドなんたらは、
ガンガン伸びました。
下草の密生も理想通りになってきましたし、
赤味も強くなってきました。
こちらも今後が楽しみです。

すべての生体と水草を、

プラケースやバケツに移し、

水を抜きました。


大磯はペットボトルを
カットしたスコップで掬います。

スリム水槽とはいえ、
かなりの量が入っています。

底砂の中には、
大量のリングろ材が。
こちらは新規水槽の
底面ろ過に使用しましょう。


水を抜ききれば、
たいした重さではないので、
2階から屋外へ一人で運び、
ウッドデッキで洗いました。
そのまま干しておいたのですが、
先ほど雨が降ってきました。
次の持ち主が素敵な水景を
立ち上げてくれるというのに、
誰が嘆いているのでしょうか?


これにて我が家の90cmすいそうは幕を閉じます。
次回は、
立ち上げろ30CUBE×3 パート1
30cmCUBE 1号が立ち上がります。

念願のクリアガラスです。
お楽しみに。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




水槽下収納を一新すべく、
鋭意製作中です。
記事を書く間もないので、
スナップでご勘弁を。





丁番を取り付ける毎日です。

コストを抑えるべく、
合板を使用したので、
パテ盛りは必須。
あとは扉のヤスリがけと塗装を残すのみ。
明日は、側だけ設置して見ます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





ということで、
きょうもツイッターで
落ち着いたらまとめて記事にします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




新規水槽周りの改築でバタバタしていたので、
しばらく更新をサボらせていただきました。
本日から、サボっていた間の
出来事を更新させていただきます。

まずは、CUBE1号です。
息子水槽もCUBEですが、
こちらはDoAquaなので、
番号は無しとします。
ADA CUBE 1号ですね。


一旦この位置で立ち上げました。


ADAの30cmCUBEですが、
ガラスの透明度は他に類を見ません。
水槽にこのガラスを採用した
ADAにとにかく感謝です。
これで約6000円を、
高いと取るか、安いと取るか。
自分は、透明度とシリコンの綺麗さで、
充分な価値ありだと思います。
たぶん、ADA以外の水槽はもう買いません。
実は、ADAのファンである以上に、
このガラスの熱烈なファンなのです。


フィルターは全てこれに統一します。

GEX マルチベースフィルターS

90cmでも使っていたのですが、
各パーツの透明度と、
メンテナンス性の良さでチョイスしています。
まぁ、他のは使ったことないんですが。

エアーストーンは#180に
変更して立ち上げましたが、
ポンプ一つで3つに分岐すると、
細かい気泡のストーンだと調節が難しいので、
純正の青いやつに戻しました。
#100以下だと思います。

設置後も、立ち上げパイプが外せて、
洗浄できたり、
ストーンを交換できるのはありがたいですね。


大量にリングろ材が余っているので、
底面フィルターに入れます。

フィルターを2段にします。
ろ材を押さえるのと、
通水をスムーズにするためです。
いつの日か、上段は、
水草の根で埋まります。

CUBEは全て同じ底砂を使用したいので、
砂のチョイスは悩みました。
ADAのセラミックが入手不能なので、
セラミック系で安価なものを探しましたが、
入手難度が低いこちらに。
セラミック系は諦めます。
園芸用セラミック用土を
使おうとも思いましたが、
砕くのが大変なのでやめました。

そこいらのホームセンターで
手にはいるものという縛りで、
麦飯石の砂利にしました。

スドー メダカの特選麦飯ジャリ 送料無料



低床には砂利以外は入れていません。
新規立ち上げならバクターなども
いれて見たいところですが、
ろ材や飼育水は流用しますし、
予算も限られているので。
スポンジの類もなしです。
フィルターを置いて、
砂利をぶちまけて終了です。

飼育水をプラケースから移します。

麦飯砂利はあまり洗いませんでした。
案の定、濁りまくりです。
が、麦飯成分なのでいいでしょう。
多分。根拠なし。

めっちゃ白いです。
が、隣にある先行立ち上げの息子水槽と、
同じセッティングなので、
そのうち治まるでしょう。

水槽が足りないので、
とりあえずはストック水槽を
兼ねて立ち上げました。

ブセやハスは3号に移す予定です。
ちなみに、2号は息子水槽を移し、
DoAquaがビー水槽になる予定です。

グラミーが人の気配に驚くので、
翌日には場所を入れ替えました。

水を張ったまま動かせる軽さ!
なんてお手軽なサイズでしょうか。

左から、1号、息子水槽、

むむ、ちょっと増えてますね。

実は、
エビ天国水槽を解体しようと、

ちっこい水槽を立ち上げました。
一番小さいのに、
外部ろ過に、ポピーグラスに、
20thジェットパイプ、ウッドエアー、
一番お金がかかっています。

移動の際、シャドーの稚エビを4匹確保。
これは確保漏れがあるだろうと、
エビ天国水槽はしばらく維持することに。
エアーのみの水草ストック水槽としました。


この先の予定としては、
息子水槽のサムライモス巻き、
収納の扉付け、
照明配線、
まだまだ仕事がたくさん残っています。

夏休みをうまく使って頑張るぞー。
2号、3号導入資金のやりくりもね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




今回も少し前のお話しです。

水槽下の収納が完成しました。

やっとの事で扉装着です。


水槽周りのものは、
水槽のしたに全部しまうのだ!
というコンセプトのもと製作しました。

総工費2万円!
幅182cm、高さ95cm、
高いと言われれば高い、
安いと言われれば安い。
売ってないから作った。
ただそれだけさ。


もちろん、
お酒を置くスペースも確保しました。
大事ですね。
嫁さんにアル中?
って聞かれたので、
違うよ依存症サ。
って答えておきました。


今回は、メンテナンス時に便利な、
作業台になる扉を装着!


収納力はバッツグーンです。


電源周りの納め方、
相変わらずへたっぴです。
切らずに綺麗にまとめる術を知りませぬ。


外部フィルター用のスペースも確保しました。
クーラーやヒーター用サブフィルターを
併設するスペースも一応確保しました。

ちょっとシンプルすぎる収納なので、
当初の計画通り、

エビ工場仕様に!

素敵!

最高!

グッドマイプレイス!

英語ですか?
ロシア語の次に苦手です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




本題の前に、
ADAとDo!aquaの30cmCUBE、
ガラスを比較して見ましょう。

ADA キューブガーデン
102-870 W30×D30×H30 ¥6,300


Do!aqua キューブグラス
140-870 W30×D30×H30 ¥3,465


同じ条件で、隣り合った水槽を撮影しました。
ガラスの断面から、向こう側を覗く感じで。
ADAのガラスの透き通った感じが伝わるでしょうか?
底砂が浮いている様な錯覚すら感じます。

決して高くない。そんな気がしてきたでしょう?
そう、これがステルスマーケットってやつです。
(昔のADA水槽はこのガラスを
採用していないので ご注意を)

Do!aquaの水槽だって、
そこいらの水槽よりは、
遥かに透明なんですけど、
並べちゃうと緑~って感じですね。



さて、ステマも済んだので本題に。

むすこすいそう 立ち上げから3週間、
その間何度か手を突っ込み
濁らせてしまいましたが、

水が透き通りました!
「スカッと抜ける」でしたっけ?
背景がクッキリと見えるように!
うむ、水道水より透明になれば合格だ!

不思議なことに、

日を同じくして1号水槽も透明に。
こちらは立ち上げから1週間です。
(1号水槽詳細:底砂は新規、ろ材と飼育水は引継ぎ、
1週間で1/4換水2回、バクテリア添加なし、肥料添加なし)

まぁ、最後に手を突っ込んだ日は一緒だし、
当然といえば当然です。
つまり我が家ではスカッと抜けるまで
1週間かかるということの様です。


写真ではうまく伝わりませんが、
昨日までとは明らかに違います。
水槽に顔をくっつけて向こう側を覗くと、
水槽も水も無いような感覚です。

底面フィルター、
"第一ステップ 立ち上げ"
は、何とかクリアできたようです。

次は、水質維持と水草育成ですね。

そうそう、
水が透明になったらお約束のあれを。

うーん、うまく撮れませんなぁ。
1号水槽、
むすこすいそう、
エビ水槽、
の順に並んだ水槽を、
横から覗いて見ました。
水槽二つ越しで、盆栽エビ水槽観葉植物です。

2日酔いでまとまらない記事に
なってしまいました。
え?いつもまとまってないって?



バクテリア様、
今後もうちの水槽をよろしくお願いします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





水も出来上がってきたので、
そろそろCO2を添加してみようかと。
2つの水槽に添加するとなると、
分岐やらスピコンやら、
追加購入が必要となります。

でも、この先も水槽は増えて行くので、
その度に機器を増やして行くのは…。

で、閃いた!

なにも増やさないこのスタイル。


ボンベからのCO2を、

エアーポンプの空気と共に水槽へ。

エアレーションとCO2添加と言えば、
天敵のようなものですが、

底面ろ過の立ち上げパイプは、
CO2を溶かすにはもってこいの構造。
あとは溶けたCO2が逃げなければいいだけ。

添加してしばらくすると、

出ました気泡ー。
1秒2滴で様子を見ましたが、
もっと少なくてもいいかな。

キューバパールは気泡だらけ。

ちゃんとCO2は供給されているようです。

もちろん、

1号水槽も気泡が出ています。
(写ってない…。)
立ち上げてから初の気泡ですから、
CO2添加の効果はあったようです。

エアレーションのパイプに混合しているので、
余計な器具がいらないのはありがたいです。
細かい気泡での供給はできませんが、
充分に溶けてくれているようなので、
しばらくはこのシステムで維持して行きます。

もしかしたら、
底面ろ過は、
CO2添加向きな装置かもしれませんよ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




5cm角のアクリルケースが、
叩き売りされていたので、
何かに使えるだろうと、
買ってストックしておいたのは、
2ヶ月ぐらい前のこと。




水上栽培していた葉っぱは、

三つ葉に別れたので、

エビ水槽に植えて水中化させています。
一緒に写っているのは、
透明な青の稚エビ、2mmぐらいです。
ターコイズ色の稚エビ3mmぐらいと比べると、

ずいぶん色合いが違います。
今後、どのような色になって行くのか楽しみです。

せっかくなので、第2陣の葉っぱも、
水上栽培しようと、そのアクリルケースで、
コンパクトな栽培地を製作してみました。


ハンダコテで穴を開けて、
吸盤をつけただけです。


水上栽培はもちろんですが、

苔の分別育成やら、
生体の隔離など、
サテライトプチとして活躍中です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




90cm撤去に伴い
新規立ち上げした水槽たちです。
これが、現在、
我が家にあるすべての水槽であります。

30cmCUBE1号

3号導入までは、
有茎草ストックも兼ねたハナビ水槽です。
テーマは秋
底面ろ過で砂利

30cmCUBE仮2号(息子すいそう)

グラミーとキューバパールの岩水槽。
テーマは夏のダム湖
底面ろ過に砂利

エビ水槽 W20×D15×H25

外部ろ過にソイル
マイクロバブルが浮遊しまくりです。

陰性ストック水槽 W50×D15×H33

エアレーションのみのろ過なし ソイル

コケ育成プラケ

20cmミニミニ山岳水景用の
名無し苔を着生させるプラケース。
ろ過なしで15分おきに加湿。
サムライモスもストック中。

イモリウム

20cmCUBEにサイズダウンして維持。
ボルビ水上葉が繁るボルビウムを目指す。

最終到達点は、
30cmCUBEを4つと
20cmCUBEを1つ
20cmミニ水景が1つ
で着地予定ですが、
どうなるかは自分でもわからない。

不足しているのは、
ADA30cmCUBEが2つ。
1万円ちょいですが、
自分には、
なかなか捻出できません。



あっ、嫁さんの金魚鉢忘れてた。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




エサコレクションの脇にある、

餌やら粉やらを掬うスプーン。

コーヒーのやつ!
気に入らない!

ということで、

木でサジを作ってみました。
ウォールナットです。

耳かきよりは二回りでかいヘッド。
まっすぐは難しいので、
思い切ってグニャグニャなデザインに。
もちろんスタンドも作成しました。

ブビンガです。
怪しげなスタイルになりましたが、

まずまず満足です。

それから、

収納の中に、

スライド棚を追加しました。

たいして飛び出ませんが、
いつも使うピンセットとハサミを置きます。

ちなみにココの扉は、
作業台になっているので、

モスを巻いたりする机になります。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




加藤水槽さんの連載しているDIY記事を見たら、

AQUA LIFE 2013年 08月号 送料無料

今や照明はスタンドタイプの時代だ!
と感じ、
DIYにチャレンジ!
パイプ内に配線をいれる方法もあるよって事で、
今回はそちらに挑戦です。

内部が濡れることもないだろうと、
予算を抑えるために巻きステンレスをチョイス。

縦軸と横軸の2本です。

配線の逃げを作るため、
グラインダーで削りました。
巻きステンレスは、
パイプカッターで切り込みを軽くいれ、
加工部周辺のステンレスだけ剥いでおくと
あとあと楽チンです。

9.5mmの巻きステンレスを、
潰さずに曲げるのは至難の技なので、
曲がる部分は、タモで作成。

柔らかい木材だと、
直角を保持できないし、
硬すぎる材料だと、
パイプを適度に保持できません。
タモは白すぎるので、
ステインでこげ茶に塗装しました。

ヘッド部分もタモで作成。

配線を引き込めるように加工しました。
また、LEDスポットの放熱に
支障がない程度に被る形状としました。

これらを組み合わせて完成です。
足元は、記事を参考に、
穴で保持する形状とし、

水槽の下駄履かせ棚に差し込みました。
もちろん配線も下駄台の中に隠しました。
スタンドは、この部分で回転します。


新旧LEDスポットです。
旧型は露出配線になっていたのと、
スポットを吊り下げていたので、
新作はずいぶんとスッキリしました。


ちょっと角度が違いますが、
この程度なら、足元の差し込み部で
微調整して修正できます。

アクアスカイとの併用で、
恐るべしパワー!
CO2も添加開始したので、

キューバパールから気泡がー。

大量~。

やったね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ