上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




4号器水槽のまとめページです。

水槽規格 30cm CUBE 【DoAqua】



2013/11/6
fc2blog_201311062328562be.jpg
立ち上げ


2013/11
屋外ビオのメダカを冬季避難

2013/11/11
fc2blog_20131111224348727.jpg
うんこ流木


2014/1/3
fc2blog_201401032212360f1.jpg
タイガーロータス植栽

2014/10/19
リニューアル

fc2blog_2014101901174384f.jpg

2014/11/15
グッピー第3世代

2014/12/4
絨毯化
fc2blog_20141204111714dea.jpg



つづく
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




なかなか時間が取れないので、
水面下でちょっとずつ進めてきた、
水槽周りリニューアルの近況報告です。



まず、水槽のかさ上げ台ですが、
30cmCUBEを5つ、
均等に並べられるように新造。
かさ上げを3cmアップの8cmとし、
水槽下に手が入るように。

エアーパイプを取り回ししやすいように、
手が入るように。ということです。

続いて照明は、10W LEDスポットを5つ装備し、
かつ、天井から吊れるように軽く制作。

シナベニアをベースに使っています。


塗装は水性ペンキですが、
特殊なローラー仕上げで、
ザラザラした質感に仕上げました。


これらをイベントの隙を縫って配置して行きます。
クッソー!なかなか時間が取れない~。


まずは水槽の移動。

30CUBEは、
水を半分以上抜けば、
簡単に移動できるのが便利です。


水槽の退いた旧水槽台。


新しい水槽台と入れ替え。


水槽下に楽々手が入ります。
15mm合板で耐荷重も充分。

自分はアンチSPF派なのです。

水槽を戻して注水。


カウンターも今回は新造。

奥行きを広げ、
いろいろと並べられるように。
水槽台の上が、
30CUBEでいっぱいになるので、
グラスアクアや苔類を並べます。

塗装は合成漆の透明。

まずまずの撥水性。
塗膜が厚いので、
長持ちしてくれると思います。

照明も天井から吊ります。

凸レンズだと、
スポットがきつすぎて
水槽底面全てを照らすことはできなかったので、

レンズはフラットにしました。

設置高さも20cm以上 上方とし、
オープンアクア感を強調しますあす。
アクアスカイの1/3以下の明るさですが、
我が家の環境では、
このぐらいでいいのではと考えています。
照明ユニット底面への
揺らぎの写り込みが綺麗です。


影の演出も素敵です。
凸凹塗装もまずまずの出来栄え。


水槽台の前板が完成していませんが、
現状ではここまで。
また時間を見つけて製作します。

え?
水槽が増えてるって?


じつは、昼に仕事に出かけた際に、

駒草園に行ってきましたー。

水槽増やさない計画は、
30cm×182cmの水槽台の上なら、
好きにしてOK。ということになりました。


明日も戦場の如き忙しさなので、
今日はここまで。
コメントを下さった方、
返事もせずに申し訳ありません。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




田んぼの端っこに、
水草っぽい葉っぱが生えていたので、
採取してきました。

赤くて細いのが綺麗。
緑のは、湿地部分に生えていたので、
何と無く直感で。

ダメ元で、

水中化実験を開始しました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




コケさせる実験にて、
過剰な光量で大量発生することのわかった
糸状コケですが、
光量を戻した後は、
その勢いを緩めるも、
ジョジョに奇妙に増え続けています。


これは流石にいかんともし難い事態だと、
第参苔分隊 コードネーム"minam-I"を
招集することに。

"minam-I"を戦場に投入するに当たっては、
あらかじめ準備をしておかねばならない。
そう、攻撃的なグラミー大佐とゴビー曹長の隔離であります。軍曹!

このように特設基地に2部隊を招集し、
"minam-I"が四六時中作戦に
集中できる環境を整備するのであります。
なお、オトシン衛生兵と、
ハブロースス無線係は、
招集の必要はありません。軍曹!


それでは紹介しましょう。
我が軍が誇る最強のコケ駆逐舞台。
"minam-I"です。

なんということでしょう。
ミナミヌマエビとして雇われた彼らですが、
その色は青!
メチレンブルーで染まったわけではありません。
青い遺伝子を強く持ったエリート集団、
それが"minam-I"なのです。
(ただのミナミを買ったのに、
あまりに青くて驚きました。)

戦場に赴く前には、
かれら独自のゲン担ぎ、

"ミ" "ズ" "ア" "ワ" "セ"
"ミズアワセ"
を行います。
時間がかかりますが、
日曜芸人でも見て時間を潰しましょう。


日曜芸人の次回予告も終われば、
念願の派兵です。
邪魔するものがいなければ、
彼らは昼も夜もコケを駆逐しまくります。
そうです、
食べ続けなければ死んでしまうからです。(たぶん)

"minam-I"と比較して、
"yam-ATO"を持ち出す方も多い昨今ですが、
作戦遂行能力にムラのある彼らよりも、
コンスタントに成果をあげる"minam-I"のほうが、
当師団では重宝されていることを
ここに挙げておきます。

偵察舞台として、
もともとこの戦場に潜入していた"nukaeb-I"も、

合流して駆逐を始めます。
その任務の性質上、
普段はほとんどお目にかかれない彼を、
見ることができたのは光栄です。
ぜひ写真を撮っておきましょう。
恥ずかしがり屋さんなので、
盗撮がオススメです。





さて、彼らを派兵してから1週間。
水槽はどうなったでしょうか?
彼らに見つからないようこっそりと覗いて見ましょう。

糸状コケが見当たりません。
まれに見つけられても、
1mm程度の長さで、
その先端は明らかに切り取られています。
まるで鋭利なハサミでツマツマったかのように。
よかったですね。
これで安心して肥料を投下できます。



彼らがいる限り、水槽内の平和は保たれるのです。
ありがとう"minam-I"
声に出す必要はありません。
そっと心の中でつぶやいてください。




[アフターレポート]
ゴビー曹長は、単独行動を好むため、
狭所に複数匹待機させると、
喧嘩を始めます。
気性の荒い軍人です。
できれば、各自が休める隠れ家を用意してあげましょう。

今回の隠れ家は、
お気に召さなかったようで、
尾びれをかじられるものもいたようです。

なお曹長は現在、新設3号器水槽へと
戦場を移して活躍されているそうです。
彼らが"縞々の三連星"として有名になるのは、
もう少し先のお話し。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




我が家には異常なほどの外掛式フィルターがあります。
各社、各サイズ、とにかくたくさんあります。

コトブキ ミニフィットフィルターMF



ニッソー マスターパル ミニミニ



ニッソー マスターパル ミニ



コトブキ プロフィット F2



ニッソー フラットフィルターS


どれも数十分から1週間程度の運用で
お蔵入りになってしまうので、
何用に買ったのかすら覚えていません。
たぶん、イモリや川で捕まえた魚用に
購入したのだと思います。

一部機種は最初からカラカラと異音がして即使用中止になり、
多くの機種は、非常に静かではあるけれど、
無音かというとそうではない。
ぶーーんという低周波音が、
睡眠を邪魔しました。

ブクブクやチョロチョロは我慢できても、
ぶーーん は我慢できない人なのです。
トイレの換気扇のモーター音が、
個体伝播してきて気になったりするのです。

今回、3号器をDoからADAに変更するに当たって、
久々の外掛式を導入しようかと、
色々と調べたのですが、
モーター部分が水中にあるタイプなら、
もしかしたら静かなのではと、

こちらの商品を導入して見ました。


壁掛式の利点は、
そのままさっと外せるお手軽さです。
水槽周りを汚さずに、
掃除やフィルター交換が可能ですし、
撮影の際のみちょっと外しておく。
なんてこともできます。

設置してみると、

水槽に接しているところから振動音が伝わるので、
スポンジを挟みそれを軽減させることにしました。
モーターが水中にあるため、
今までの機種よりも遥かに静かです。
一般の方なら、無音と表現する次元だと思います。
が、私にはわずかな ぶーーん が気になります。
1日の使用でやはり撤去となりました。

外部フィルターのように、
キャビネット内に収納して消音できないのはネックです。



現状、
満足行く製品はといえば、
壁掛けではあるけれど、
内掛け式のこの商品です。



内側に掛けて使用するので、
水槽内のかなりの容積を消費しますし、
外す際には、大量の水が流れ出ます。
それでも、完全無音と言っても
問題ないほどの静音性は、
自分にとって大きな魅力です。

また、一般的な外掛式が、
吸い上げた水の圧力で
フィルターを通過させる正圧式なのに対し、
これは、モーターで水を強制的に
フィルターに通す負圧式です。

正圧式は、フィルターが目詰まりすると、
オーバーフローさせて問題を緊急回避しますが、
負圧式だと、モーター部分に水が回らず、
カラ回し状態に陥ってしまうというデメリットもあります。



このフィルターには、
色々なタイプのろ材を使用することができます。






全種類買って見ましたが、
標準品で十分だと思いました。

むしろ、綿だけでいいのではと。

水槽内にかなりのスペースを取るのですが、
幸いなことに正面から見るとほとんど見えないので、
(右側後方に設置)
しばらくはこれで運用したいと思います。

3号器には、
グラミー、ゴビー、コリドラス、
を配属しました。
グラミーは、入り組んだ流木で
楽しそうに泳いでいるように見えました。
また、自分の着座位置の前に設置したら、
興味津々、やたらと寄ってくるようになり、
構い甲斐がでました。
指を出すと、触覚のような腕を突き出して、
ガラス越しにタッチとかしてきます。
かわいいなぁ。

次回は、元3号器だったDo水槽を
使用した4号器の初御披露目です。
陰性植物のストック&メダカ水槽です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




以前、ミストファウンテンは、
霧発生装置フォギーじゃないかって記事を書きましたが、

LEDがチカチカうるさかったり、
連続使用時間に制限があったりで、

いつの間にか使わなくなってしまいました。



そんな中、
今回は、お手軽そうな品を見つけました。


こちらも超音波の振動素子を
使用した商品のようですが、

コンパクトで装置は簡潔。


見た目もスッキリ。


4時間と8時間のタイマー装備で、
水切れ自動OFF。


使い方も簡単。

という装置を発見してしまいました。
ミストファウンテンは、
下にとどまる霧を発生させるのに対し、
こちらはポータブル加湿器。
ケージ内の加湿に向いた霧の発生を想像させます。

空いた水槽で、モスを育てたり、
苔を飼育したり、
葉っぱを育てて見るのも楽しそうだなぁ。

ただ気になるのは、
外部タイマーと連動させた場合、
通電時に本体はオフの状態だと思われる点。
毎日手動でスイッチを入れ、
本体のタイマーでオフ。
の繰り返しな日々が待っていそうなところ。

防水商品は分解が困難だからなぁ。

その点はミストファウンテンの方が、
便利な感じです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




駒草園で、30CUBEを購入しました。

3号器の矩流木水槽を
DoAquaからADAに変更するためです。

これにより、
Do水槽が余るので、
それを新規4号器とします。

4号器は、
陰性植物のストックと
メダカたちの飼育がコンセプトです。


今回購入した流木は根っこ。
30CUBEに入る寸法かどうかを、
お店の水槽で何度も確認して購入しました。
店中を水浸しにしながら。


今回も底面フィルターに、
麦飯砂利です。
石に根っこが絡んだ感じにしたかったのですが、
崩れないように組むと、
人工的な感じが匂います。


意外と量のある陰性植物を、
乾燥させないためにとっとと置いていきました。


30CUBEにはどれも大きすぎるようです。
特に十字が目立つので、
このあと入れ替えました。


非常に不自然なので、
細かくバラしつつ、
上手く混裁し直したいと思います。
いきなり完成ではつまらないですからね。

4号器は、椅子から一番遠いところに設置するので、
正面からの印象は意識せず、
斜め上からのアングルを最優先させました。


住民は、50ストックのメダカの他、
庭で飼育していたメダカ&金魚です。
さすがに屋外で越冬させるのは気が引けますので。

時間が取れたら、
ボルビや十字、ナローを分解して、
再度植栽し直したいと思います。

あれ?獅子葉が消えている!

残すは5号器!
こちらは造形モルタルで
奇想天外な水槽にしたいところですが、
水槽購入の目処は立っておりません。


エアレーションの準備は万全です。

エアーポンプ一つで5つの水槽が維持できるなんて、
安上がりで助かっちゃいます。
もちろん、CO2も一つで済ませます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




振り返ってみると、
この1年で、色々な貝をお迎えしました。

自分なりの独断と偏見で、
貝には失礼ながら、
ランキングをつけさせていただきました。
なお、リンクの写真は、
見栄え優先して選んでいるので、
リンク先と実際に購入した店舗とは、
一致しておりません。
水槽ごとに種類を分けて飼育しているので、
ある程度の特徴は把握できていると思います。

それでは早速、

第10位
(3種が同一ポイント)
水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)レッドタイヤトラックスネール(10匹) 北海道・...

レッドタイヤトラックスネール 10匹
価格:1,818円(税込、送料別)


模様がとても綺麗だが、
その個体差は激しい。
でかいので、
痒いところに手が届かない。

水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)イナズマカノコ貝(4匹) 北海道・九州・沖縄航空...

イナズマカノコ貝 4匹
価格:1,280円(税込、送料別)


とにかくカッコいい模様。
コレクション性も高い。
でかいので目立つ。
脱走癖があり、朝方に水槽外で見つかる。
が、丈夫なので水槽に戻せばOK。
また逃げる。

水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)シマカノコ貝(4匹) 北海道・九州・沖縄航空便要...

シマカノコ貝 4匹
価格:987円(税込、送料別)


イナズマとはことなり、
模様がストレート。
個体差は大きく、ラインの太さや色が異なる。
でかい。逃げる。丈夫。
イナズマカノコと同様。

同率10位の貝たちは、3cm近くと大きく、
どれも脱走常習犯。
コレクション性は高いが、
30CUBEには大きすぎる。
脱走貝を水槽に戻すのが面倒なので、
もう飼わない。


第7位
水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)ピンクラムズホーン(4匹) 北海道・九州・沖縄航...

ピンクラムズホーン(4匹)
価格:1,178円(税込、送料別)


水槽内で繁殖するのが怖かったので、
1匹だけ飼育した。
1匹では戦力にならなかった。
1月ほどで亡くなった。
情報不足で分析できず。
たぶんもう飼わない。


第6位
水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)(B品)石巻貝(15匹) 北海道・九州・沖縄航空便...

(B品)石巻貝15匹
価格:550円(税込、送料別)


水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)カラー石巻貝(4匹) 北海道・九州・沖縄航空便要...

カラー石巻貝(4匹)
価格:620円(税込、送料別)


水草水槽の超メジャー種。
自分も累計30匹以上は購入した。
サイズは小さく、思っていたほどコケは食わない。
数がいれば、それなり。
孵化しない卵を流木などに産み付ける時もある。
が、困るほどの量ではないし、
一年中産み続ける感じでもない。
ひっくり返ると復帰率低し。
そのままエビの餌に。
長生きしない感じ。
長期飼育に成功すると、
殻が風化したようにボロボロに。
たぶんもう飼育しない。


第5位
水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)サザエ石巻貝(6匹) 北海道・九州・沖縄航空便要...

サザエ石巻貝 6匹
価格:820円(税込、送料別)


水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)カラーサザエ石巻貝(6匹) 北海道・九州・沖縄航...

カラーサザエ石巻貝 6匹
価格:1,742円(税込、送料別)


トゲありサザエ系石巻貝。
ひっくり返った時の復帰率は石巻よりも高い。
対コケ性能はトゲ無しに同じ。
こちらも長期飼育すると殻がボロくなってくる。
カラー種は色とりどりで綺麗。
今後は、水景によっては飼ってもいい。


第4位
熱帯魚 観賞魚 水草 水槽 アクアリウム用品 5,000円以上お買い上げで送料無料!コケ対策!抜群の...

フネアマ貝 5匹
価格:700円(税込、送料別)


ガラス面のコケをすごく食う。
かれの後ろにコケは残らない。
底砂をほじってまでコケを食うので、
植栽を荒らす場合もある。
でかいが薄い。
ガラスと石の間に挟まって脱出できなくなった者も。
我が家では飼育難度高し。
フジツボっぽい外見がオシャレではない。
安売りしていたら買うつもり。


第3位
【まとめ割】(エビ・貝)キラー・スネール(5匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

キラー・スネール 5匹
価格:800円(税込、送料別)


小さな貝を食う。
スネイルが確かに減ったが、
食うスピードより、
増えるスピードの方が早いので、
解決策にはならない。
蓋の無い貝は、大きくても食うので注意。
ミギーのような触手が怖い。
とんがった貝がカッコいいので好き。
現在は1匹飼育中。
もっと買いたいけど、入れる水槽を選ぶ。


第2位
アオコ・グリーンウォーター対策に!(エビ・貝)マシジミSサイズ(10匹) 北海道・九州・沖縄...

マシジミSサイズ 10匹
価格:830円(税込、送料別)


コケは全く食わない。
それどころか姿さえ見せない。
砂に潜って口だけを出す。
水質浄化能力が高いのはすぐに実感できる。
ろか装置のないボトルや鉢にいい。
Sサイズでも3cm近くの大きさ。
もっと小さければいいのに。
愛らしいし、好き。
水草水槽には全くもって向かないが、
純粋にシジミ飼育は楽しい。


第1位
水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)コウモリカノコ貝(5匹) 北海道・九州・沖縄航空...

コウモリカノコ貝 5匹
価格:1,280円(税込、送料別)


ミニフネアマ貝と言った感じ。
1cm程度と小さいながら、
ガラス面はもちろん、
水草のコケまで掃除する。
見た目もかわいいし、
ひっくり返っても自分で起きる。
本来は汽水貝ながら、
淡水飼育でもとても丈夫で飼育しやすい。
今後はコウモリカノコを主戦力としたい。


ということで、栄冠の第1位はコウモリカノコ貝でした。
あくまでも我が家での飼育感ですから、
参考にしてその効能を実感できなくても、
当方は一切関知いたしません。あしからず。



今後飼育して見たい
未経験種として以下を挙げておきます。
水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)ムラクモカノコ貝(2匹) 北海道・九州・沖縄航空...

ムラクモカノコ貝 2匹
価格:817円(税込、送料別)


脱走臭がプンプンする。
でも名前がイカす。

 (エビ・貝)アンモナイト・スネール(1匹) 北海道・九州・沖縄航空便要保温

アンモナイト・スネール 1匹
価格:620円(税込、送料別)


よく言えばアンモナイト、
悪く言えばカタツムリ。
4cmとデカイので、
これを主役にした木化石水槽とか作りたい。

水槽や石の表面のコケを食べる!(エビ・貝)カバクチカノコ貝(1匹) 北海道・九州・沖縄航空...

カバクチカノコ貝 1匹
価格:640円(税込、送料別)


すごくコケを食いそうなイメージあり。
見た目は地味。値段は高い。


以上、カウントダウン貝でした。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




今思えば夢だったのかもしれない。
いや、そう処理したいだけかもしれない。

ピンポーンという強制呼び出し音に隷属的に従い、
筋トレで疲れた腹筋を軋ませながら、
かつ深夜の来客といえども、
失礼の無いよう最大の速度でインターホンを覗く。

玄関にガイコツ。
アフロな骸骨ならお迎えしたかもしれないが、
それは完全で純粋な骸骨であった。
彼女は、
「ホッカイドーカラキュウシュー」
と謎の呪文を浴びせかけた。
いや、女だったかは定かではない。
仕草から女性のように感じた。

私は怖くなり、
家族を起こすでもなく、
ひとりベットに入り込み、
布団を頭から被った。
暗殺者の如く静かに、
ただ静かに周囲と同化した。

2度目の呼び出し音は聞こえなかった。
そう、夢だったのだと、
私の脳は処理を開始した。

end







我が家のグラミーです。

GHDことゴールデン・ハニードワーフグラミーと、
それより大きなレッドグラミーを掛け合わせた種らしく、
サイズも中間の4~5cmほど。

柄が綺麗だったので、息子が小遣いで購入しました。
名前はレインボーなハニーだった気がするけど、
調べてもそれらしき種は見つからないので、
あやふやなままに。


色彩豊かな体色が魅力的。

現在は3号器で飼育中。

飼い主の息子。

振ると芯の出るシャープペンと、
常に先の尖るシャープペンを
合体させているらしい。
6年生ともなると、DIYも高度になってくる。
わたし好みの成長の仕方で非常に嬉しい。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




水槽内の生き物 配置替えで、
主役のいなくなった2号器。
ずっと悩んでいたのですが、
ついにお迎えいたしました。

早速ビーカーで水あわせ。

2ペア4匹を購入しました。

一緒に購入したのは、

投げ込み式フィルター。
1号器の壁掛け式が、
モーター駆動なのが気になって。
やはり、5つ全ての水槽を、
一つのエアーポンプで維持したい。
ということで、
ブクブク式フィルターに変更です。

とっても小さくてシンプル。
エアーを繋げばOKの簡単始動。

吸盤で水槽内に貼り付けます。
小さいので、流木の影に見事に隠れます。
ほらね。

水槽の左奥に設置していますが、
全く見えないでしょ。


その他にも、

クランプの不足分を購入。

5つに分岐ともなると、
かなりシビアな微調整が必要なので、
それぞれに取り付けます。
コックは調整ではなく、オンオフ用に使います。

4号器は、

底面濾過の煙突を曲げずにストレートで様子見中。
先端水没式の底面濾過なら、
曲げる必要も無いかなぁと、
実験中なのです。

そうもしている間に、水あわせも終了。
3号器に配備完了です。

青いグッピー2ペアです。

自分がグッピーを買うことは、
絶対ないと思っていたのですが、
ベタの小型版とも言うべき色と姿に一目惚れ。

オスが3cm程度、メスが4cm程度です。

ヒレの長いのが良かったのですが、
ヒレの長いオスは、
子供を作れないというので断念。
いつかヒレ長のメスを迎えて
繁殖させて見たいです。

とりあえず、4号器までは仮設置完了です。

右の空いているところに、
もうひとつ30CUBEを設置します。



息子たちが、写真にガーコが
写ってると大騒ぎしているんですが、
何を言っているんでしょうか?
ちょっと心配です。

あと、昨日の夜から、
「アタシキューシューカラモドッタワヨ」
という呪文が天井の方から聞こえます。
年のせいでしょうか?
来週、耳鼻科で見てもらおうと思っています。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





水を抜きながら注水。
実質、全量換水。

排水のコックと、注水の蛇口を、
一発で均衡状態に持っていけたら、
今週は勝ち。

だいたい負けなので、
お風呂ブザーは必需なの。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




新しく立ち上げた4号器。

水面に流木が顔を出しています。


日に何度か、貝が登ってくるのですが、
気づくといなくなっています。


数日は何をしているのか解りませんでしたが、先ほど理解しました。

流木にうんこしまくっているんです。

その量、大量。
へぇ、陸でうんこするんだ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




前回の記事で、
タイトルに"うんこ"を用いたところ、
驚くべき結果が。

うんこは、ブログ村では禁止ワードのようで、
記事を書いてから一週間、
一度も注目記事に上がることはありませんでした。
注目記事トップ10に入らないことは、
それほど珍しくないのですが、
うんこ記事については、
トップ10どころか、
全く表示されない圏外状態。
しかも、

関連キーワードすら振ってもらえない有様です。
間違いなく、うんこは禁止ワードで、
意図的にブログ村から排除されたのです。
なんということでしょうか、
うんこは小学生向けの鉄板ワードであり、
うんこは愛されるべき存在なのに。
インプットの食べ物記事は良くて、
アウトプットのうんこがNGだなんて。

ふぅ、
これだけ うんこうんこ 言っとけば、
今回も同じ結果が得られるでしょう。
さぁ、 うんこが禁止ワードなのか、
再検証です。

あれから一週間経った御トイレ流木はというと、

うんこだらけ!
あまりのうんこっぷりにモノクロ画像に。

ぐるっと一周うんこだらけです。




うんこのせいで、
ブログ村から追放されないか心配です。






NEXT DIY

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




うんこはNGワードだという検証記事を
書いたわけですが、
新たに解ったことがあります。

前々回の記事はタイトルにうんこを使ったために、
ブログ村から弾かれましたが、
前回の記事では、
タイトルはunkoとし、
記事の本文でうんこを連発。
その結果、
注目記事でも、
関連ワードでも素通り。

ということで、
タイトルに禁止ワードを使用しなければ、
特に問題なさそうです。

再検証のため、
今回はタイトルにうんこを入れてみました。

すいません。
今回は、アクア要素無しです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






















煙突が曲がっていると、
泡が遠くまで移動して、
水槽の縁が広範囲に気泡破裂跡で汚れる。
なんか嫌だなぁと思い、
底面から水の流れを作るだけなら、
直煙突でも問題ないだろうと、
ただの筒に変更しました。
随分前から4号器で検証しており、
効果は充分得られることは確認済みでした。

先日、駒草園のマスターに、
泡が遠くまで届くのは、
水面のとろみも関係するなぁ。
と言われ、
なるほど、確かにそう言われればそうだ。
換水直後や絶好調時の
サラサラ水では泡はすぐに消え、
ややとろみ状態だと遠方まで到達する。
また、危険状態とろみだと、
微動だにしない。
煙突からの泡の移動距離で、
とろみっぷりを判断できるなと納得。

よりシンプルで、
制作の楽な底面濾過システムの追求、
という課題もあったので、
まぁ、これで様子を見て見ましょう。

とにかくとにかく、
スッキリとした水槽システムを目指したい。
そう考える今日この頃です。




ステンレス丸パイプ 4×1000mm

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




アクア開始から2回目の冬。
今年はヒーター無しで様子を見ています。
室温は20度で維持しているので、
水温は18度から20度です。

我が家で飼育する生体に関しては、
20度という温度は問題無いようです。
ずっと20度というのは、
日較差が大きいより適応できるみたい。

それよりも水草たちの変化は顕著です。
たとえば有茎草。

暖かい地域の有茎草は、
葉が抜けまくりです。
したの方はハゲっつる。
ロタラとかメジャーな種は
強そうなイメージだけど、
ウチには無いので検証不能です。

こちらも、

低温に弱いらしく、
多くの葉が透明に。

ウォーターローンは、

増えるでもなく、減るでもなく。
春を待っている感じでしょうか。

キューバパールはというと、

やや停滞気味ながらも、
確実に増えています。
意外にも低温には耐えられるようです。

ウォーターフェザー。

こちらはむしろ、低温の方が好みのようで、
新芽が見られます。

低温になってから、
むしろ伸びているのが、

ウォータークローバー?

水面に到達して冬を乗り切るのでしょうか?

国産水草はやはり強いです。

チドメは爆殖中。

そして当然ながら、

マツモも大爆殖。
余った養分の消費専門なので、
適量を浮かべているのですが、
日に10cmは伸びています。

どんな水草でも問題ない
ということではないので、
ヒーターレスでの維持には、
水草のチョイスも大切だなぁと思いました。
室温を23度ぐらいにすれば、
随分違うのでしょうが、
電気代も随分違うし、
何よりも、
我々が暑くて過ごせません。


試験的に、

ピタリ適温プラス 1号

を敷いて見ましたが、
底砂が厚いせいか、
はたまた、1号では出力不足なのか、
20度から変化はありませんでした。

壁に掛けるタイプの
ヒーターってないでしょうか。
実験器具とかで。
無骨なやつでいいんですけど。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





直煙突 底面フィルターですが、
ろか能力に問題も無さそうなので、
継続的稼動の稟議が通った直後の本日、
大地を揺るがすほどの事態が起こりました。

仕事も終わって、
居間でくつろぐ至福の時
すなわち12時すぎに
事件は起きました。
シュワ~って!
プシュー、シュワ~って!

エルボー煙突の時には、
気泡同士が結合し、
その後 排出されていたので気になりませんでした。
でも、直煙突にしてからはどうでしょう。
小さな気泡の舞い上がる音、
消滅する音…。
高断熱高機密、
多重壁&高性能サッシで密閉された
田舎の静かな部屋では、
気になってしまうんです。

自分は、耳だけは高性能な上に、
この手の音には敏感なタチで、
屋外のブロアや、
換気扇の固体伝播音、
ACアダプターのチュイーン音、
扇風機のモーター音、
エアコン室外機の低周波音、
残念なことに犬様以上に気になります。

気になるとほっとけないので、
早速改善を試みます。
気泡が小さいからいけないのであるから、
気泡を大きくすればいいのです。
エアーストーンは、
底面純正の荒いものから#180まで、
試験的に色々と使っていますが、
全部取っ払います。

ようするに、
ステンパイプから直出しです。
パイプの先からエアーが出るのみです。
CO2も混合しているので、
気泡が粗ければ、
CO2の溶融効率は落ちるでしょうが、
そんなことはどうでもいいのです。

これなら、エアーストーンのメンテも
一切考慮しなくていい訳ですし、
1石6鳥です。(?)


4つの水槽に、
一つのポンプでエアーを供給しているので、
エアーストーンの個体差による、
調整の煩わしさからも解き放たれますし、
吐出負荷がほとんどないので、
停電後の復帰時などにも、
エアーが途切れることが無いはずです。
(ポンプの再始動時に、
極小気泡維持だと、
出てこないストーンがあったりして、
一度強く吐出してから絞るなんていう手間が、
ごく稀にですが掛かっていました。)

気泡が大きくなりすぎてしまうのではないか
という不安もありましたが、
今回導入したステンパイプは、
エアーホースに刺さるほどの太さで、
内径も小さいため、
なかなかの気泡っぷりです。

大きめの気泡が消滅する際に発する
プツプツ プチプチの音は、
意外にも気にならず、
むしろ、川のせせらぎのような癒しの音に
自分には聞こえます。

うん、エアーストーンはもういらない。
外部フィルターとエアーストーンは、
もう二度と買うことはないと、
ご先祖様にも報告した次第です。

※あくまでも使用者の感想です。
全ての方に効果を保証する内容ではありません。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





我々は一人の英雄を失った。
しかし、これは敗北を意味するのか?

否!始まりなのだ!
地球連邦に比べ、
我がジオンの国力は30分の1以下である。
にもかかわらず
今日まで戦い抜いてこられたのは
何故か?

諸君!
我がジオン公国の戦争目的が正義だからだ。
これは諸君らが一番知っている。
我々は地球を追われ、
宇宙移民者にさせられた。
そして、一握りのエリートらが
宇宙にまで膨れ上がった地球連邦を
支配して50余年、
宇宙に住む我々が
自由を要求して何度踏みにじられたか。
ジオン公国の掲げる人類一人一人の
自由のための戦いを
神が見捨てるはずはない。

私の弟!
諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは
死んだ。
何故だ!?



「坊やだからさ」




バクテリアを育てろと、
幼稚園生ですらが
お昼寝タイムに話し合っているのに、
なぜ大人たちは
高価で多機能なモーター駆動の
外部容器に夢中になっているのか?
電気式回転パーツこそ
男のロマンであるということは否定できない。
いや、むしろ強く共感できる。

しかしながら、
流量の多さを売りとし、
その濾材容量を誇らしげに誇示しながらも、
外部フィルターを
月イチで掃除しなければならないのは、
誰が悪なのか。
昼のテレビのコメンテーターか、
いや、マスコミ全てか?
はたまたアクア業界の確執か?

マットが目詰まりしてしまうから
とある者は言う。
つまり、生物濾過の限界点では無く、
物理濾過の限界点に達してしまうからというこの矛盾点!

そもそも、
バクテリアに汚物処理を強要するのに、
あの流量は如何なものなのか?
閃光の如く通りすぎる汚水を
どのバクテリアが捉え、
どう処理するのだろうか?
いや、処理できないからこそ
何回も通さなくてはいけないのではないか?
我々の知りうる現存する汚水処理施設は、
緩やかに水を通すことによって
それを成している。
敷島の浄水場を見れば一目瞭然ではないか!

こんな外部フィルターは、
洗濯機についている綿ぼこりを
採るためのネット程度のものでしかない。
主夫の気休めでないとしたら、
ポケットから出し忘れたティッシュを
集めるだけの非人道兵器そのものである。
こんな冒涜を神は許すであろうか!

外部フィルターに入るホースが
汚れるのを神が許さずとも私は許そう。
だが、外部フィルターから出ているホースが汚れるとは何事であろうか!
もちろん、
汚れているということの定義は
人それぞれである。
しかしながら、
ホースが汚泥で汚れるということは、
汚水がフィルターから排出されているのと同義である。
茶色いホースやヌルヌルした
ナンタラグラスを誰が好き好むのだ!!
ジークジオン!

ジークジオン!
ジークジオン!
ジークジオン!



人類が宇宙に出て幾年、
いまだにこのようなことが起きていていいのだろうか?
否!
人類はバクテリアの偉大さに敬意を払い、
新たなる宇宙世紀を歩まねばならぬのだ!

底面濾過推進派としては、声高々に訴えたい!
居間に外部フィルターは要らぬのだと!
ジークジオン!

ジークジオン!
ジークジオン!
ジークジオン!






※今回の記事も、半分はネタです。笑って読み飛ばしてください。
また、「あえて言おう・・・」のくだりは、
ア・バオア・クーでの演説です。
なお、外部フィルター独立遊撃大隊の方々のコメントはフィルターにかけさせていただきます。
ジオニック底面濾過株式会社 係長 333ばんきん
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




お、やっとメシの時間か。
あの野郎、
いつもより8分遅いじゃねぇか。
怠慢だな。
何のためにコッソリと金を掴ませているのか、
全くもって理解していない。
あいつに猿並みの脳みそがあれば、
一体どれだけの税金が有意義に使われたもんか。


今日はフレークか。
しかもキョーリンだな。



囚われものの俺には贅沢すぎるメシだ。
おれは、
罪は冒しちゃぁいねぇが、
ある理由でここにいる。



じつは、無実の罪で
ここに入れられた弟を脱獄させる。
それが俺の目的なのさ。



ん?
コリドラスは底をモフモフするもんだ。
そう思っていやがるな。

あんた、
グラミーの食べ残しを
拾って食べるような男に、
俺が見えるって言うんなら、
夜道に気をつけな。
この街で一番大きな組織、
お前さんでも知ってるだろぅ。



腐ってもコリドラスさ。
メシも風呂も一番、
昔っからそうしてる。
この先もだ。
おっと、彼女だけは例外さ。
女性に弱いって?
おまえさん、狼に育てられたのか?
違うって言うんなら、
レディーファーストって言葉ぐらい知ってるだろう。




お!
おしゃべりはおしまいだ。
シマシマ服の囚人がやってきた、
ヤツは今回の脱獄のカギを握る男。



奴が脱獄できなかった監獄は存在しない。
この刑務所だって例外じゃないぜ。
消灯のブザーが作戦開始の合図、
やつは通り過ぎざまに
気づくか気づかないかギリギリではあるが
鋭い一瞥をこちらに送った。
準備は万端。抜かりはないかと、
その目が語りかけた。




続く(ウソ)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。