上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ジブリウム発表会 開催中です。

ジブリをテーマにした自由なレイアウト発表会です。
自分も出品させて頂きましたー。


順位を競うコンテストではないので、
制作経過を記事にしてもOKでしたが、
なんとなく秘密に進行させちゃったので、
その一部始終を記事にしておきます。


天空の城部分

天空の城といえば、
エンディング時の根っこ。
根が長く伸び、葉が小さい、
ナナプチを束ねて、
溶岩石で周りを囲みました。
根にジャリがくっ付いたらいいなと思い、
ジャリポットに入れて、
栄養価の高そうな(我が家にしては)水槽に
引っ掛けておきました。
が、2ヶ月経っても一粒も着かない。
ボルビの様にはいかないみたいです。

水槽

ガラスのパスタ容器を使用。
歪みなく透明な、薄手の容器をチョイス。
天空の城と並行し、
容器に底砂と、盆栽用石を入れて、
プレミアムモスの育成を実施。
週一で、オーバーフローさせて換水。

撮影

モスの育成がまだまだでしたが、
締め切りに合わせて撮影。
天空の城は、テグスで釣ります。
背景は当然 空。

筒状の容器だと、歪みが出てしまい、
綺麗に撮影できないので、
容器ごと水中に沈めました。
これにより容器のレンズ効果を消します。
照明はアクアスカイ2つを0cm距離で。

ベアタンク内の気泡を消すのが大変でした。
テグスも思っていたより目立ちました。
直径10cmに満たないガラス容器だったので、
それに合うサイズの魚が見つかりませんでしたが、
今思えば、コリドラスピグミーとか、

コリドラス ピグミー(約1.5cm)

フラップターっぽくて良かったかも。


課題は多く残りましたが、
このジブリウム発表会、
来年も開催されるということなので、
是非ともリベンジしたいと思います。

Yossyさん 素敵なイベントをありがとうございました。
楽しく製作することができました。


最後に出品作品を

課題多すぎ・・・・苦笑

ジブリウム発表会
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




何も起きないので、
今回も実験をして見ました。

カリウムやメネデールは、
コケとは無関係だと言われています。
本当なのでしょうか?
難しいことはよくわからないので、
ともにキャップ半分を投入して見ましょう。

3日後。

キューバパールに糸状のコケがたくさん。

豆の木にも同じコケが。

これが、投入した肥料の影響なのかは、
自分には分かりません。
魚のウンコと、水草の落ち葉、
そこに今回の肥料が合わさって、
無精髭が生えるのでしょうか。
検証になってませんね。
教えて賢い人。

で、
次に考えるのは対処療法。
ヤマトはピンクな有茎草を喰うし、
人口餌になつきやすいし、
デカイのでダメ。
そう、
ミナミ・アサクラ准将率いるあの部隊!
デザートラビッツを招集するしかない。

ミナミヌマエビでは、火力不足と言われがちですが、
1匹あたりの火力が低いだけで、
相当数の小隊を投入すれば、
その効果は絶大なはずです。
この辺りは是非とも検証して行きたい。

ということで、
酔っ払いが考えた計算式は、
30CUBE1つにエビ50匹×水槽4つ
=200匹
検証するには、最大数をもって。
極端な例から検証を始め、
最小を探る、極端であればあるほど、
結果がわかりやすい。
と、近所に住む酔っ払いのじいさんが言ってました。

さっそく、Xに指示を出す。
ハローCQCQ、
ミナミを200匹、至急手配されたし。
仕分けが大変なので、
50匹×4袋で持参せよ。

50匹なんて数えていられるか!
網に入るだけ入れて持って来た。
というXの言葉通り、
1袋に50~70匹のヌマエビが・・・・。
総数240匹と言ったところ。
もちろん数えたわけではないが、
200匹ははるかに超えている。

昔見たHPに、過密飼育はNGだが、
エビと貝は数に入れなくて良いと
書いてあった気がする。
もしそれが真実だとすれば、
30CUBEでエビを1万匹飼育しても良いということだ。

ちなみに、エビでも貝でも、
水あわせには1時間以上かける。
経験上、しっかりとやった方が
翌日の殉職者が少ない。
(常識か)

コケに飢えたデザートラビッツは、

貪り食う、喰う、喰う。

翌日、過労か過満腹かは知らないが、
2匹が殉職した。
残り、推定238匹。

仲間たちが花束を渡すべく群がる。



そして2日後。

ヒゲの根元こそ残っているが、
葉はピカピカだ。


ヒゲチドメもつるっつる。


キューバパールもヒゲ芝生から復旧だ。

完全なヒゲ(糸状コケ)駆逐とはいかないが、
彼らの食料としてのコケも必要だ。
根は残し、生えたヒゲ部分を食す。
これにより、彼らは飢えを回避できる。
農耕エビへの道、その第一歩。
そう、彼らは銃を捨て、鍬を取った。
かれらの生きる場所は戦場ではなく、
この30cmまっ角の農地。
この場所で、子孫を残し、
平和に暮らして行くのだ。




Fin





追伸
238匹のエビは、このまま飼育します。
無理だと判断したら、
次期立ち上げ予定の5号器は、
ミナミヌマエビ水槽にします。





今日も透明度だけは抜群です。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




見慣れたミナミヌマエビの抜け殻、

それが動き出したとしたら・・・・・、


キィーーーー!





なんか、やたらと柄の付いたエビもいるなぁ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




先日、駒草園さんに行ってきました。
入り口に鎮座する180cm水槽を見に。
この水槽は特別製で、
60cm水槽を3つ並べたサイズとなっています。
高さや奥行きが60cm相当なのです。


この水槽を、底面ろかに変更したっていう!
両側に1つづつ、計二つの底面です。

年代物のアクリル水槽なので、
表面に相当数の傷があるはずですが、
驚くほどクリアーです。
とにかく水が透明です。

180cmの幅を目一杯使って泳ぐ魚の姿、
憧れますね。

水槽内の透明度を確認するには、
側面から覗くのが一般的ですが、
上からも覗いて見てください。

砂利がしっかりと見えること。
この辺もポイントだと思います。


実はですねー。
こんな経緯で、
この水槽と同じものが、
うちにあるんですよねー。
底面で行けるなら立ち上げちゃいたいなぁ。
30cmのように週一換水のみで
維持できるなら、
玄関に置いちゃいたいなぁ。


45cm水槽を持っていたら、
絶対買ったな。この流木。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




現在、4つの30cmCUBEを、
全て底面ろか&麦飯砂利で維持しています。


底面濾過とはいいつつも、
泡の力で揚水して、
煙突からオーバーフローさせるわけではなく、
気泡で上昇水流を発生させ、
緩やかに循環させているだけなので、
実際には投げ込み式に近い形です。


ちょっと気になっているのが、
300%換水後(注水しながら排水し、
水槽容積の3倍程度の水を入れ替える)
3つの水槽は文句無しの透明度を維持できるのに、
一つだけ、
白濁とまではいかないものの、
背景がぼんやりとしている水槽が
あるのです。


そう、矩流木の3号器です。

自分としては、こんな感じに、
後ろの財宝がクッキリ見えないと、
納得がいかないのです。
そう、透明度フェチなのです。
ちなみにこれは3号器です。

今まで、4号器は、流木からの色素流出で、
ほぼブラックウォーター状態で維持していたし、
1/3換水だからわかりませんでしたが、
他の水槽より、明らかに透明度が劣ります。

陰性植物メインだし、
有茎草もないからかなぁ。とは思いましたが、
明らかに違う点がもう一つ。
これは試して見なくては!

他の3つは底砂が前面で1~3cm、
背面で10~12cmなのに対し、
この水槽は、前面1cmで
背面は多いところで5cm、
少ないところは3cm、
スノコが隠れるギリギリです。
流木レイアウトの都合上、
取り出せるようにと
底砂を最低限にしていたのです。
この薄い底砂が、バクテリアの定着を阻害し、
大量換水後にバクテリア不足に
なっているのではと。

とりあえず、
家に残っていた砂利を、
追加して様子を見てみることにしましょう。


メダカの特選麦飯ジャリ 5kg 送料込


それから、今度立ち上げる5号器は、
(一応、最後の水槽の予定?)
砂利を変えて、
溶岩石で立ち上げてみようと思います。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ガーコ!
ガーコじゃないか!
まるでフチコさんみたいだよ。





今日も素敵だね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




「このハナビ、ムッチャ人懐っこいなぁ。
ちっと分けてくれへん?」
明らかに群馬県出身ではない男が言った。
いや、正確に言えば、幼少期を共に群馬で過ごしたが、
ある時から西の方で暮らし始めた男だ。

ようするに、
私の飼育している魚を男に渡せと、
そう言っているのだ。
私は言った、
「見返りは?」
男は間髪入れずこう答えた。
「キラキラした魚を40匹やる!」
キラキラした魚?!
その魅力的な言霊に、
私は脳内で交換を承諾しつつ、
手放すハナビの数を試算した。
苦労して育てた魚であるし、
とても懐いているので、
10匹ぐらいは残しておきたい。
30cmCUBEで美しいのは、
20~30匹程度だが・・・・。





我が家に新しいお魚がやってきましたー。
数えたら48匹でした。
かなり小さな魚なので、
30cmCUBEでいけるでしょう。

届けてもらった時は、
色が抜けてメダカのごとし。
数も多いので、

発泡スチロールで水あわせを行いました。

エアチューブにプラコックを付けて、

ずず、ずいーーっと伸ばし、

水槽から水を、
点滴方で落としました。

万が一にも溢れては困るので、
発泡スチロールにはお風呂ブザーをつけ、
水槽内のチューブも、
浅くツッコミました。

うーん、キレイ系の魚は初めての飼育なのですが、

キラキラして素敵です。
夜の街のネオンの如しです。

すごく慣れていて、
人間なんぞに動じない、

一眼レフだとちょっと引きますが、
スマホだと微動だにしない。

撮影楽チン。

グリーンネオンらしいです。
確かに、
見る角度によっては緑に光る。
でも、基本青だなぁ。
自分の知っているのとは違って、
赤い部分も結構多いいなぁ。
もっとミドリミドリしている魚だと思っていました。

は?もしや、
騙されたのか?
ネオンテトラかカージナルなのか?
自分には違いがよくわからないけど、
グリーンの方が大きくならないと言っていたので、
まぁ、育てればわかるでしょう。

それにしても、
よく慣れているというか、
鈍感というか、
手をかざしても逃げない。
面白いので、動画も撮ってみました。



あすは、クリスマスプレゼントのお魚が届きます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




探し回りましたよ。

あのガーコ様がフィギュアになったっていうから。

300円とお高い設定でしたが、
売り上げの幾許かが、
ガーコ様のもとに振り込まれるとなれば、
買わずにはいられません。

5店舗周りついにゲット。
それでは、
水槽の天使ガーコ様のお姿をどうぞ。







ちょっとディフォルメされていて、
ガーコ様のスレンダーなボディが
表現し切れていませんが、
これはこれで素敵ですね。


肉が付いて、服を着た、
類似品があるという噂なので、
皆様ご注意ください!
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




みなさんの20thメンテナンスツール、
どのぐらい育ちましたか?
自分のピンセットは、あと一息で完成です。

購入当初は真っ黒だったピンセットも、
コツコツと日々使い続けることにより、
ピカピカの銀色へと変化してきました。



やっぱり、ADAと言えば、
ピカピカのステンレスですよね。



黒バージョンを使い続けると、
このように育ってくれるわけです。



まるで最初から鏡面仕上げだったかのような、
いや、使い続けたからこそのご褒美に、
鏡面仕上げになると言った方が納得いく。



20thのシルバーは、ブラストタイプで、
鈍く光るものだったので、
(正確には鏡面とのツートンかな)
鏡面を手に入れることができるのは、
ブラックを買って使い込んだ人だけ!

残るはここだけ!


え?研磨剤で磨けばいいだろうって?
そんなことをしたら、
花柄も削れちゃいますし、
何より粋じゃないでしょ。

使い込んだ結果としての鏡面が欲しいのです。
そして、我が家に訪ねてきたADAコンプリーターが、
20thモデルに鏡面なんてないでしょ?!
何これ?
っていう質問に対してこう言うのです。
「道具は使ってこそ道具、
ほら、お前さんも、
飾ってないで使ってごらんよ。
こんな素敵ツールに変貌するんだから。」
って。


え?
ハサミはどうなったかって?





トリミングなんてほとんどしないので、
買った時のまま、真っ黒です。笑


あと一つだけ欲しいメンテナンスツールがあります。
そう、プロシザース・スプリング
ストレートタイプが欲しいのです。
2014Ver.が鏡面で有ることを祈るばかりです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ピンセットとハサミ、
しょっちゅう使うのに、
なかなか良い置き場がないなぁと
いっつも思っていました。

今回は、以前から欲しかったけど、
定価だととてもてのでない物を
リサイクルショップにて
未使用499円で入手してきました。
うーん、ラッキー。


包丁スタンドです。
以前見つけたものは、
プラケースの筒型オシャレ仕様でしたが、
今回のは角型竹ケースです。

上から、

好きなところにブスッと!

好きなツールを好きなところに好きな数。

中にこんな樹脂が詰まっているんです。

一応、抗菌なのかな?

少し大きい気もするし、
斜めになっていない方が便利そうなので、

あとでガワを自作しようと思っています。
ひと回り小さくしちゃおう。

サクッと刺さって、
すっと抜ける感じをお伝えすべく、
動画も撮ってみました。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ADAといえば、メンテナンスツールです。
でも、
掬い網って無いですよね。
うちの環境では、一番使うツールです。
抜けた葉っぱを掬ったり、
魚を移動したり、
ピンセットよりも使います。
ほぼ毎日。

なのに、ADAの網は存在しない。



じゃぁ、作っちゃえ!

以前、古形兄貴から頂いたものの、
ずっとしまわれていたピンセット。
そうADAのピンセットです。
使われていないのはさみしいので、
毎日使う掬い網に改造です。


ピンセットを2つに分けます。


網を付けて完成です。早っ!

もちろん、

1本のピンセットで2つ作れます。


まぎれもなくADAです。


うーん、かっちょいい!


中古の網を使用して作りましたが、
網部分の取り替えは簡単なので、
末長く使えますね。


長さも自由自在ですが、
手を濡らさずに底まで届くよう、
長めにしました。


100均の掬い網スタンドには似合わないので、
別の場所にしまうことにします。

これで、毎日使う掬い網を、
ADA製品かの如く仕上げることができました。

うむ、満足じゃ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




今年は、サンタという名の嫁さんに、
お魚をお願いしました。
そう、グッピーです。
以前、モスコーパンダを
2ペアいただいたものの、
雄が一匹飛び出してしまいました。

モスコーの青に惚れ惚れしていたので、
そんなことが二度と起こらないよう、
グッピー水槽こと2号器は、
水位を下げて維持しています。

雄が一匹というのは、
あまりにもさみしかったので、
今回、プレゼントしてもらいました。
さすがグッピー、1ペア600円と、
リーズナブルなため、
サンタさんも快くプレゼントしてくれました。


今回のプレゼントは2ペア、
モスコーパンダコブラと、
メタルピングーコブラです。

届いた時は、すっかり色が抜けて真っ白け。

メタルピングーコブラ雄


モスコーパンダコブラ雄



特にブリードしたいわけでもないので、
一緒の水槽に入れました。

雌については、全くもって判別不能。

上から、
モスコーパンダコブラ
モスコーパンダ


右上から、
モスコーパンダ
モスコーパンダコブラ


上から、
モスコーパンダ
モスコーパンダコブラ
メタルピングーコブラ


メタルピングーコブラ
ん?コブラかなぁ?


うむ、モスコーパンダコブラはコブラだ。


モスコー大好き。
尻尾は短い方が好き。



雌は怖いからあんまり好きじゃない。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




多くの方から暖かい一票を頂き、
ジブリウム発表会 人気投票で、
驚きの1位を頂くことができました。
ありがとうございます。

関連記事
ジブリウム エントリー作品 (yossyさんblog)
ジブリウム 人気投票結果(yossyさんblog)
ジブリウム出品作品 作成経過(当blog過去記事)


ということで、yossyさんから、
お祝いのお手紙が届きました。

参加賞のwasabiステッカーも!

さらに!
しまだ。さん製作のジブリシールです。

トトロと真っ黒くろすけです。

すごい完成度です。

ダイヤやオニキスなど、
時価数億円相当の宝石を、
主婦の手作業で一つづつ並べた
珠玉の一品です。
我が家の家宝として、
水槽周りに貼りたいと思います。

改めまして、yossyさん!
素敵なイベントを開催していただいたことに感謝申し上げます。
参加賞、WASABI賞を提供して下さった
AQUA SHOP wasabi様、
入賞商品を作成してくださった
しまだ。様、
誠にありがとうございました。

来年度のジブリウム発表会に向け、
新たなパスタ容器を探す旅に
出かけたいと思います。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ゲコ苔盆栽の受皿をリニューアルしようと思い、

植木鉢をどかすと、


はぁぁぁ?!


ミナミヌマエビが暮らしとる!!!
しかも2匹!!

どゆこと?!
目を疑ったね!
自分が何をしたのかわからなくなったよ。
でも、冷静に考え直しても、
鉢をどかしただけ。
そして、そこにはエビが居た。

うーん、
考えられるのは、
水槽からジャンプ!
受皿に着地×2匹。
うーん、あり得ないなぁ。

ゲコ苔盆栽への給水は、
水槽水から採取しているのだけど、
苔の上、カエルの頭上から注いでいるので、
このサイズのエビが入れば気づくはず。

稚エビで採取されて、
受け皿で育ったのか?
確かに2匹のサイズはほぼ同じだけど、
こんなに大きくなるまで?
水を枯らした日だってあるしなぁ。

やっぱりダイブ?

そのうち、朝飲むコーヒーや、
夜飲むビールにダイブしないかしら?
ちょー怖いんですけど。
まぁ、揚げて塩振ったやつは大好物なんですけどね。

というか、
ここに着地できていないエビが、
何匹いるのか、
そっちの方が怖い。
きっと犬のお腹 行きだなぁ。





時間にゆとりができてきて、
ブログの更新も増えてきそうなので、
ブログ村INに復帰しました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




GRASS DESIGNのzoeさんから、
ステッカーが届きました~!


すごくかっこいい!!COOL!!


どこに貼ろうか迷っちゃう。

zoeさん ありがとうございま~す。
おまけシールの出来にも驚き!
(それは当たった人だけの秘密)
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




グッピーのお腹は、
いつもまん丸で、
いつ生まれるかよく分かんないなぁ。
って思っていたのですが、
お腹が丸というより、
四角く出っ張ってきて、
水槽の角で黄昏ていたので、

隔離ネットに入れておきました。


このネットは良く出来ていて、
産まれた稚魚が勝手に仕分けされます。
雌が子供を食べちゃうのかは分からないけど、
稚魚が勝手に別スペースに分離されるのです。


今回産まれたのは9匹。
モスコーパンダ、
モスコーコブラ、
メタルピングーの
ペアがいるので、
どんな子が産まれたのか楽しみです。


と、言っているうちに、
次のお母さんがお腹が真四角。
今晩は隔離です。

グッピー増えるぞ!
って、確かにそうかも。

卵じゃなくて、
稚魚が直接産まれてくるのも不思議。

昨日はたくさんのポチりありがとうございました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




恒例のアクア忘年会 in GUNMAに向けて、
プレゼントを用意してみました。

偽物!では無く、ミニチュア!ってことで、
笑って許していただきたいです。

こんなシールを作りました。

3年保証は2色印刷!

それをガラス容器に貼って、

5cm&8cm CUBE スペリア!

これだけじゃ手抜き感が拭えないので、

薬サジの新作。(右)
我が家のより少し大きめのサジにしました。

今回は、台もサジもカリンで作成しました。
仕上げは蜜蝋ワックスです。

これらを忘年会に持って行きまーす。



ついでに自分用も作成。

20th。ちょっとイメージと違うな。

うむ、こちらがしっくりくる。

5cmCUBEはこんなサイズです。


ゲコ苔盆栽に貼る。


重ねる。


うーん、可愛い!



ちなみに、

こんなのも作ったのですが、
コロコロして使いづらいのでボツ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




「日本全国『たかちん木霊』がゆく」
我が家にもやって来ました!
たかちんコダマが!















木霊を入れただけで、
とても素敵なジブリウムに!


グラミー:「お前!何者だ!」

コダマ以外のフィギュアも入っていたのですが、
「使うとスベる」という注意書きがあったので、
なかったことにして、
開封しませんでした。
スベるの怖い~!

ところで、このコダマ、
次はどちらに送り出せばいいんでしょうか?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






グッピーたちの稚魚、
少しずつ大きくなっています。


メス4匹は全て出産を終えましたが、
隔離せずに自然出産された稚魚は、
2、3匹と生存率は低いです。
食べられちゃうんですね。
(隔離&分離箱だと10匹ちょっとでした。)


コトブキ 安心繁殖・隔離ネットS


網製の隔離箱だと、
様子がよく見えないので、
今回は、個室容器に移して
撮影して見ました。

ワンルームハウス デラックス



小さいので、容器のスリットから逃げちゃいます。
ササっと撮影して戻しておきました。


スケルトンですね。
光の加減で時折り青が
見える気もするなぁ。

口がとても小さいので、

エサをすりこぎで粉にして与えています。
早く色が見えるといいなぁ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。