ジブリウム発表会2014
投票受付中です。

全25作品がエントリー、
人気投票期間は12月15日23時59分まで。

個性的な作品がいーっぱい!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




窓際のMacintosh水槽では寒そうなので、
イモリさんの越冬容器を準備しました。
(我が家では冬眠をさせていません。)


先日購入したガラス製キャニスターです。

田村溶岩石をホットボンドで固定します。

チョコレート色のホットボンドは便利ですなぁ。
石が濡れているとくっつかないので、
しっかり乾燥させてから使います。

奥になる側面に貼り付けました。


庭の苔栽培場から適当にチョイス。

苔の越冬は未経験なので、
お気に入りの苔は、今回の容器に入れて、
室内で管理します。

イモリと苔、まとめて管理できてお得!

石の間に突っ込んで挟み込む感じで植栽していきます。

お気に入りの苔付き枝も使用。

イモリを移住。

ちょっと狭いけど、
冬の間は我慢してくださいな。

春のなったらリニューアルすっからね。


この容器、カレンダー付きなので、

水換えした日を表示しておこうっと。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ブログとツイッターとLINE、
アクアリストの3種の神器ってくらい、
併用してますよねー。

そう、みんな、知ってた?

加藤水槽さんのLINEスタンプ、
絶賛発売中!

日常の挨拶から、エサやり、水換え、コケまみれまで、
いろんなスタンプが収録されてますよ~。

LINEスタンプストアで、
『加藤水槽』か『UFO&パンダ』で検索してみて!



アクアなLINEが充実すること間違いなし!!


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




10/19に立ち上げた、新生4号器

植栽直後がこちら。

せっかちなので、とっとと増えるように、
ニューラージパールグラスをふんだんに植えました。





1ヶ月後、高光量で維持した水槽は、
ガラス面がコケまみれ。
まだ水ができていない感じだったので、
コケは放置して1回目のトリミング。
根が張った手応えだったので、
照明は通常の10Wスポットに戻しました。





光量不足で立ち上がってしまうかなぁ?
とも思いましたが、
2ヶ月後の本日、

まぁまぁ繁ってきました!

若干の立ち上がりは見られますが、

この先は葉っぱを小さく維持していきたいので、
低光量を継続したいと思います。
(ヒョコンと伸びてるのはコブラグラスか何か。
余ってたので混栽)

今回は、新規底砂だったので、
立ち上げにきっかり2ヶ月かかりました。
ただ、種水の効果はあったと思います。

ということで2回目のトリミング。

100均のスプリングシザーが大活躍。

逆手持ちにも、左手持ちにも、対応してくれます。

本当はADAのスプリングシザーがほしいです。
軽い力で切れますし、
先端の尖りっぷりも繊細で最高です。
うん、買おう!決めた!
スプリングシザーのストレート!

トリミング終了。

ゴルフ場みたいでつまらんなぁ。
ザクのコケはいい感じ!


まぁ、グッピーの繁殖水槽だから、
スッキリが良いよね!
とか言いながらも、
いろいろ妄想しちゃう。


絨毯完成まであともちょい!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




11/26にお迎えした、
ウィルヘムブリードの
アピストグラマ・カカトオイデス
トリプルレッドのペア。

11/29に産卵。


その後、卵が見えなくなってしまったので、
ダメだったかーっとしょんぼりしてたのですが、
12/7本日、

稚魚がいっぱい泳いでました!

もう泳いでるんですよ。
これが浮上ってやつなのかな?


ウォーターフェザーの陰に
こっそり移動させていたんでしょうかね。


母親のまわりをウロチョロして、
なんか子育てな雰囲気ですなぁ。

なんかフグみたいですね。

親とは違って縦縞模様。

とりあえず、急いでブラインシュリンプ湧かします。

オスを隔離すべきかは、鋭意監視中!



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





浮上に気づいてから1日後。
慌てて用意したブラインシュリンプが孵化しました。

とにかく慌てていたので、
皿式で湧かしました。

孵化率は30%ぐらい。
寒いと厳しいのかなぁ。


稚魚は親の周りを泳ぎ、
親がどこかに行くと沈んで静かにしています。
とくに、

ウォーターフェザーの森が大好きです。


2、3mmですが、
ブラインシュリンプをしっかりとついばみます。
アホっぽい顔をしとる。

数は40匹ぐらいでしょうか。
オスは今の所同居しています。

本格的に湧かすべく、

エアレーションを追加しました。

が、ピキューーーって、
エアー音が耳障りです。
超音波!

そう、我が家には底面ろ過の水槽が4つありますが、
エアーストーンは付けていないのです。
その理由が、ピキュー音。

仕方ないので、
扉の中にしまって見ることにしました。
防音壁です。

メンテブースをブラインシュリンプ湧かし場に。
LEDライト環境孵化するのかは疑問です。
そもそも光が必要なのかも疑問なので、
のちのち検証していきたいです。
(ググったら情報はいくらか見つかったのですが、
実際に試して考察している情報にはたどり着けませんでした。)

稚魚を育てる上で、
ブラインシュリンプは必須なので、
この先のことも考えて工夫していきたいです。

右隅に水晶を置いています。超キレイ!
奥の壁面が寂しいので、
いろんな鉱石を飾りたいと思っています。


扉を閉めれば、
うーん静か!

光でブラインシュリンプを分別するので、

遮光カバーも仮作成しました。

稚魚が大きくなるまでに、
新たな飼育環境を整えたいと思います。
とりあえず、

収納扉を一箇所撤去して、
アピストマンションでも作りますか。

たかちんさんが、
水槽を15個用意して待っていてくれるので、
里子に出せるよう、
しっかりと育てたいと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




水槽を増やしたい。
場所は無い。

じゃぁ、水槽下の収納を減らして、
水槽を置くしかない。
要らぬ道具を整理して、
空いた収納スペースに、
水槽を置くしかない。

予算は1万円以下。

4つある収納のうち、
1箇所を潰して、
できるだけたくさんの水槽を設置する。

マンションしかない!

ヒーターやろ過装置を個別に設置するのでは、
費用もスペースも必要だ。
水容量を増やしたいので、
全体を一つの水槽にする、
オーバーフローしかない。


スペースの関係で、
6個の水槽で構成することになった。


水が入っていても移動できる水容量。
オーバーフロー加工がしやすい水槽は必然。

課題はてんこ盛りだけど、
やってみたらいいさ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




年末の忙しい時期の合間を縫って、
超充実した休日を過ごすことが出来ました。
おいらって恵まれてる。

朝目が覚めて、LINEを見たら、
双子の兄貴が群馬に来るってさ。
あの、全国を荒らし回る、
今話題のアクアリスト!
飲んで悪さしてる記事しか書かない
あの双子兄貴が!
駒草園に行きたいって言ってるので、
爆裂スピードで、
スタッドレス交換のお仕事を終え、
駒草園に!

いたいたー!
タンクトップじゃなかったけど、
間違いなく兄貴だよー。






ブログには書けない内容だらけなので、
意図的に省略。






すんごく盛り上がって、
終始大爆笑でした。
楽しかったー。
やっぱりマスターの話、
鉄板です。
為になるし面白い。

でもって、念願のスプリングシザーを購入。
以前ブログで呟いたのを見てくれていた上に、
ストレートは普段は在庫していないからと、
仕入れておいてくれるという気配りMAX。

それをつまみに、

新幹線で双子兄貴と酒盛り。
30分で1Lづつ、きっかり頂きました。


で、双子さんの行きつけの焼き鳥屋で晩酌。

夕飯があるので軽くつまんで、
生中を2杯だけ頂きました。
安くてちょーうまい!!
また行きたい。

オススメのお店の席が空いたって言うんで、
もう一軒!

大トロとカワハギ&肝をご馳走に!
兄貴はそっち関係の仕事をしているので、
うまい店を押さえておるんです。
ここにはいつか家族を連れて来たいなぁ。

ってことで、生中を1、2杯、
20分ほどで飲み干し、
兄貴にご馳走になりまくって、
ここでお別れ。




そう、まだまだ続く、
次に訪れたのはこちら。

この楽器で命の人を演奏するとドアが開く。
そう、加藤水槽本社です!

前に来た時に作っていた水槽、
稼働したら見に来ます!
って言っていたのが、
出来た!って言うんで、
無理やり強襲です。

目隠しの入った加藤さんはレア。


海水です。


超素敵さかなと、
水槽直近に器具を配しないシステム!
すんばらしい!!


LEDの色も、
画期的かつシンプルな手法で変えることができます。


4つほど欲しいです。
我が家のCUBEを全部これに置き換えたい!

そして、ビールを飲みながら夕食。

そう、アクアリストなら、
食べるのを躊躇してしまう(うそ)オマール海老。
伝説のオマール鍋です。

茹で上がるオマール


持ち上げられるオマール


まな板のオマール


切られるオマール


割られる(守)マモル


美味しそうなネイマール


残さず頂きました。
鍋にオマール、
これがイケるんです。


そして深夜、
加藤さんを脅して、
生イラスト描きを見せてもらう!!

リクエストは、穴を掘るパンダ。


ほほー、なるほどー。


すんごい勉強になったー!!!


スッゲー嬉しい!
家族みんな、加藤画伯のファンなので、
自慢しようっと。

忙しいところ、
無理を言ってお邪魔させて頂き、
ありがとサンクス加藤さ~ん。


あと、

自分が前から欲しかった、
タンポポの綿毛の樹脂封入が、
たまたま加藤さんちにあって、
なんか嬉しくなっちゃいました。

その日はそのままお泊まりして、
翌日は、

オザキフラワーパーク立ち寄りました。
観葉植物が豊富で、
お安いのからお高いのまで
とっても楽しめます。
枝垂れる系が欲しかったけど、
高くて断念。
ビカクシダの苔玉はお安くて良かったけど、
電車で持ち帰るにはボリュームがありすぎて断念。

仕方がないので、
新宿で、

生中2杯飲んで帰りましたとさ。

おしまい


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




アピストグラマが、
また卵産んどる。


稚魚も一緒。

毎月産むのか?

雄雌隔離しないと厳しいのかも。




ブラインシュリンプ湧かしは、
試験管で運用中。

1本が1日分です。

パネルヒーターで暖めた水を
試験管の先に触させて温度を保っています。


そろそろ人口餌でいいかと思っていた矢先に
卵が産まれていたので、
ちょっと
大変だなぁとか。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




明日、12/28はアクアリウムバスです。

アクアリウムバスHP


自分も関東水草連合としてお手伝いに行ってきます。

今回、デザインで協力させてもらった、

エプロンが販売となります。

同デザインの草ステッカーも販売です。

こちらも今回のためにデザインしました。
300円です。

そして!
加藤水槽さんのLINEスタンプを元にした、

ステッカーも販売されます。
大小ともに300円。
カッティングシート切り抜きなので、
もちろん耐水です。
こちらは当日限定版権で、
この日この場所のみの超限定品!

ほかにもメンバーこだわりのグッズが盛りだくさんです。
ぜひ遊びに来てください。

私を見つけて、
「例のやつください」って
声をかけてくれた方には、
333シールを差し上げます。
(無くなり次第終了)
え?そんなの要らないって?
食べかけのポテチの袋 閉じるのに便利ですよ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




行って参りましたアクアリウムバス!

なんかもう、

クタクタだぁ。

すんごい楽しかったから良いけどね。

ご来店の皆さま、
ありがとうございました。

連合の販売品の詳細は、
キノッピーさんのブログでご確認ください。

バス出店も終わり、みんなで打ち上げ。

夜の東京に繰り出しました。


SUSさんとむとーさんをつまみに
凄まじく盛り上がりました。

ほんだしさんも参戦してくれて、
次回イベント計画も進行中!

たらふく飲んで、

ミネさんちにお泊まりー!
枝垂れる葉っぱ。
超好み~!!
床暖房で布団もホッカホカ。
小物の置き方や、作品の飾り方、
どこを見てもおしゃれさんですなぁ。
テレビの横の馬に惚れたヨ。



翌日は、

zinさんとかねだいへ。

そんでもって、
初のzinさん宅へ!

以下ギャラリー。

レオパと俺の手。


関水連ビバ部 結成を誓う。
&
レプタイルケージ自作を模索。








おしゃれ空間過ぎて目眩がする。
素敵ですわ。
テレビでかいし、
PCスペック高いし、
ここに住みたい。

んでもってzinさんの遊び場へ。

3時間滞在。
何も買わないのにね。


生パスタ大好き。
安くて美味かった。

うちの近所に北関東最大のコレが出来るっていうから、
そこにも生パスタ屋が入るといいなぁ。





この旅の戦利品紹介。


Tシャツ
え?見えないって?
あとで着ていくから実物で確認して。


エプロン
なんとか見える?
メンテ時のお手拭きに。


サカマキーホルダー
大好き。
シュールでいいよね。


カエルキーホルダー
もっといっぱい欲しかった。
次も買う。


骨格標本
品揃えが半端ない。
ずっと前から欲しかった。


カエル

練り餌


なお、Tシャツとエプロンは、
ちょっとだけ在庫があります。
もしかしたら限定通販されるかもしれませんが、
何せ数量が少ないので、
今後の動向に注視をば。




サイコー!!!!
とっても楽しい年末となりました。
今回お世話になった皆さま、
ありがとうございました~!!
またね~。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




アピストの稚魚が大きくなってきました。

6mmぐらいでしょうか。
模様もハッキリとしてきましたね。





そろそろマンションの製作を進めていきます。

今回、配管材料はHI管にしました。

灰色より少し高いですが、
濃い色の方がカッコいいですよね。

使用する水槽はこちら。

あとで知ったんですが、水槽単品もあった…。

排水管をプラ水槽の底に取り付けました。

ジョイントパーツでパッキンとともに挟み込む形です。



縦管は内圧がかからないので、
接着はしていません。
この管の長さで水位が決まるので、
取り外して水位を変更できるように。

水を入れて漏水試験実施。

パッキンのみで組み立てましたが、
漏れはありませんでした。
が、劣化等もありますので、
この後、水槽底の接続部分には、
シリコンを打ちました。

続いて濾過槽。

余っていたプラ水槽です。


仕切りを一枚作成。


シリコンで固定。


続いて、

22mmと24mmの合板。


切って穴開けて、

角を削る。

生活防水も兼ねてシールでラッピング。

こんな感じに設置します。
幅一杯なので固定しません。
下駄です。

仮置きして完成のイメージをつかみます。

前面パネルは扉状を考えていましたが、
これを見て、くり抜いたパネル状にすることに。
水槽の上と左右、濾過槽の前面を、
1枚のパネルで作成したいと思います。

あっ、この水槽、
加工無しで重ねたら、重さでフタが壊れます。
簡単そうだから真似しよう!って言うのは
危険ですぞ。



まだまだ先は長いですが、
気長に仕上げていきます。
最新の状況はブログ右側の
インスタグラムにて。

またね!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




先日のアクアリウムバスで購入した骨格標本。

いろんなところで販売されているけど、
カエルはなかなか売ってない!

製造元さんの出店だったので、
ストック品も引っ張り出してもらって
お気に入りを選んで購入しました。

でも、ちょっと気になった点が。
まず、フタが白い。
カエルの素晴らしさは、
正面から見た顔でありんす。
フタが不透明だと顔が見えない!

それから封入された空気。
ちょっと邪魔。

ということで、

容器を開けてカエルの向きを反対に。
ついでに空気が入らないように封入を。

なんとなく、干物のイメージがあって、
カエルは硬いものだと思っていたけど、
きちんと関節は動いた。
生きているかのごとく可動する。



気泡が消えるのをひたすら待って、
出来上がったのがこちら。

ちょーイカす!
あとでキャップに装飾を施して、
フタを下にして飾ろう。



空気を全部抜いたので、

カエルの顔を正面から楽しめる!


やっぱ、カエルって最高。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




揚水周りに手をつけましょう。
家に転がっている小型の水中ポンプを
幾つか試してみましたが、
エアーチューブを揚水チューブとして使用した場合、
60cm程度が揚水の限界でした。

より揚水能力の高いポンプが必要でしょう。
ポンプが高性能になると、
細いチューブでは心配です。
まぁ、エアーチューブでは汚れで詰まってしまうでしょし。

ということで、2000円を費やして、

パイプを追加購入です。
これで建築費は1万円を超えました。

となると予算切れで、
揚水ポンプは新規購入できません。

仕方がないので、

我が家では出番のない外部フィルターを分解し、

モーター周りだけを使用することにしました。



続いて配水管の作成。
その前に、揚水能力の試験です。

1mでも大丈夫です。
ちなみに実際には80cmほど揚水します。
少し弱いように見えますが、
降り配管も配置されるので、
実際には、もっと勢いよく流れるでしょう。



こちらは内圧がかかるので、

各パイプは接着していきます。
接着剤はHI用を使います。

面倒なので、

切断と面取りは電動工具で行いました。

今回のキモ、上部配管です。

水槽への配水は、出来るだけ少量にしたいので、
揚水された水のほとんどは、
ぐるっと回って濾過層に戻るようにします。
配水チューブの後経路にコックをつけて、
流量を調整します。

チューブの流量は、

点滴器具でさらに微調整し、
左右2系統のバランスをとります。


チューブはまだ絞っていないので、水流が強いですが、
揚水経路のコック全開で、
チューブを絞れば、
点滴程度まで流量を落とすことができます。




うまく動いたので取り付けました。

この辺は、見えなくなってしまうので、
見た目は考えないことにします。




いよいよ注水が近づいてきました。
次は水槽をいじっていきます。
またね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ