上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




彩色品が完成しました。

手の部分は綺麗に切り抜いたほうがカッコいいのですが、
耐久性を考慮して繋げてあります。
水掻きみたいでカッコ悪いと思ったら、
指の形に切って組んでください。


型紙は普通郵便ハガキサイズとなります。



次回のアクアリウムバスにて販売いたします。



ツノガエル、コリドラス、レオパ、
それぞれを、

シールクジに仕立てます。
ダブりがないように、
100種類を目標に。

1回200円、3回500円、10回1500円の予定で、
組み合わせは自由。
どれを引いてもOK。

それと、
自分でお好みの色に塗ってもらえるよう、
色無しバージョンを100円にて販売いたします。

また、完成展示品(マグネット付き)を
数量少数販売いたします。
こちらは価格検討中です。
スポンサーサイト

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ペーパークラフト レオパ組み立て方

型紙ではわかりにくいところもあるので、
折れ線の補足です。
緑が谷折り、赤が山折りです。




切り離す前に折れ線をしっかりと付けます。
折れ線は出なくなったボールペンなどを使用して付けると、
紙を傷つけずに跡を付けることができます。
定規をあててまっすぐな折れ線を付けましょう。



カットは、デザインナイフがオススメです。





100円均一のものでも充分です。
マメに刃を交換して使ってください。

接着剤は、
木工用ボンドや手芸ボンドがオススメです。

ピンセットがあるとしっかりと圧着できます。
100均のツルクビが使いやすいです。



折れ線をしっかりとつけたら、
パーツを切り出します。


頭部は上から貼り付けます。

接着部は、しっかりと圧着します。
(少量の接着剤をつけて、
指やピンセットでしっかりと押さえます。
5~10秒押さえましょう。)

下顎を折り返して接着。


目は外側に少し反らせると表情が出ます。

付け根裏側は、まだ閉じません。

胴体はハジから貼り付けていきます。






胴体の裏面は、

閉じてしまいます。

しっぽです。

2箇所に3つづつの糊代があります。
内側の山折のりしろ2つをつけた状態。


同上 別アングル

丸みをつけて尻尾型にしながら、

最後の谷折りのりしろを接着。

裏側はこちらだけ閉じます。


頭部と尻尾の裏側を閉じなかったのは、

このあとの接合をしやすくするためです。

互い違いな糊代の、中央2つを貼り付けます。
頭部

しっぽ


しっかりと乾いたら、両脇を接着します。
頭部

しっぽ


裏側を全て閉じます。


手足を折りあげます。

可能なら、指一本一本を切り抜くと、
より可愛くできます。


手足を貼り付けて完成です。














しっぽの先は、
楊枝などに巻きつけるようにすると、
尖らせることも出来ます。
(写真右)



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




来る日も来る日も、
ブラインシュリンプを濾して、
子供達に与える。
旦那は15cmCUBEに単身隔離。
私といえば、
産みの親とその子供(60匹ほど)達の、
ご飯の準備で大忙し。
ユニバーサルスタジオで、
狩って焼いて箒にまたがってうなじを削いで。なんて、
夢のまた夢。
もういや!
私だって自由な時間が欲しいの!
楽しみたいのよ!



まぁ、冗談はさておき、
日に2回の給餌はひと段落させ、
ブラインシュリンプを1日1回、
大量に与える仕業に。

沸かし方も皿式で。

塩水入れて卵いれる。
あとはほっておく。
エアレーション無しなので、
孵化率は下がるけど、
お手軽ですなぁ。

そろそろ、
稚魚たちをマンションへ移してもいいかな?
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




アピストの稚魚
孵化より1ヶ月
浮上からは3週間

数は40~50匹。

先週中頃より、
日に2回のブラインシュリンプを
日に1回でたっぷりに変更しました。

親にはソフト赤虫を日に2回与えており、
そちらのカスを稚魚たちが
食べ始めました。

7~9mmと個体差も出てきました。
性別がわかるのはいつ頃でしょうかね。

そろそろ、
マンションへの移動も計画したいのですが、
複雑なレイアウトなので、
稚魚が掬えないだろうなぁ。
一度流木を取り出して、
ついでにブセのトリミングかな。

1号器の流木は、
完全に合体させてあるし、
地植えの水草は無いので、
ぜんぶ取り出しちゃっても復元可能です。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




24cmのシャーレで作るテラリウム。
植えた植物も落ち着いてきたので、
一応完成とし、
今後は維持してコケの育成を
見守りたいと思います。

以前の記事では、
流木の組み立てから、
1次植栽までをお伝えしましたが、
その後、
揚水ポンプを設置し、
2次植栽を行い、
一定期間植物の成長具合を観察しました。

今回のテラリウムでは、
水槽を使わず、
水盆風の盆栽をイメージしています。

2次植栽では、
ホームセンターの398円小品盆栽、

楡欅と、

980円の何かを。
(鉢付きだったので高かった。)


そのほか、

ブセ各種を。
密閉しない状態の水上飼育には、
乾燥などのリスクが大きく、
ブセの植栽は怖かったのですが、
水分さえ行き届けば、
なんとかなるのではと、
5種類20株ほどを植えてみました。

数日間維持する間に、
干からびる場所と、
潤って元気な場所がわかってきたので、
その都度植え直し、
元気に育つ場所を見つけました。

以前から水上飼育のブセには
心惹かれるものがあり、
テラリウムに生えていたら、
絶対かっこいいと思っていたので、
解体した3号器のブセを、
全て植え込みました。

日に2度の霧吹きは欠かせませんが、
それを補うほどの魅力が、
ブセテラリウムにはあります。
キラキラ光るブセは宝石のようです。

肥料は無しで行きたいので、

栄養発生源として、
ベタのメスを2匹、
これまた3号器からお迎えしました。
3号器には3匹いるのですが、
遊泳空間の狭さから、
2匹がちょうどいいと判断しました。

ヤドクガエルもあしらってみました。

生き餌限定種族なので、
我が家では絶対に飼えません。

が、
今一番飼育したい生き物でもあります。

揚水チューブは2系統です。

シリコンチューブは必須です。
汚れて詰まってきたら、
上から揉むだけで、
チューブが綺麗になります。

アクアグッズのチューブは、
基本エアー用なので、
シリコン風チューブであることがほとんどです。
純シリコンのチューブは、
農業用がホームセンターで
量り売りされていますので、
そちらを愛用しています。


導水計画からいうと、1系統で良いのですが、
万が一詰まったりしたときのために、
保険として2系統にしてあります。


揚水ポンプは、
エーハイムのスキマーです。


基本的な構成は、

ミニフラットと同じようなので、
先端にスポンジブロックを取り付けて使用しています。

このシリーズは、
寝かせて使用した際に、
最低水位が低くても稼働するので、
浅いテラリウムには便利だと感じます。

寒い時期に屋外で管理していた苔たちは、

暖かい室内に移動して、
一斉に伸び始めました。

照明は10W LEDです。








葉っぱや盆栽に興味が出てきたら、
水槽の脇にテラリウムを一つ。
おすすめです。


えー、今回、ブセを使い切ってしまったので、
3号器に使うブセが足りません。
余っているので送りつけてやるという、
奇特なお方。
お待ちしております。
何か送り返すかもしれません。

あと、おかげさまで、
そろそろ100万アクセスに達します。
キリ番を踏んだ方にも、
何か送りつけるかもしれません。
が、こちらでは把握できないので、
100万を踏んだらご報告ください。

お歳暮で貰ったスーパードライが
余っている場合も、
送りつけていただいて問題ありません。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




雑貨屋さんに行ったら、
苔玉キットなるものが、
1800円で販売されていました。

息子はそれが欲しかったのだけど、
高くて買えなかった。

ということで、
帰りに、食の駅で苔パック300円と、
ダイソーで観葉植物&土と皿を、
息子に買わせた。


ケト土はダイソーに無かったので、
超造形くんを少し寄付。


うにうにっと握らせて、

苔をテグスで巻かせて、

完成!

最近じゃ、苔玉の完成品も、
数百円で買えるけど、
自分で作って、
枯れないように維持するのは、
大切なことだと思った。


息子の将来の夢は、
多肉植物専門店経営。
難しいだろうけどがんばれ。

そして、父を雇ってくれ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





4号器に木化石を入れました。

4号器はモスコーの繁殖水槽なので、
余計なものはいれないルールでした。
が、コケの発生も無く、
掃除に支障もないため、
網で魚を救える程度に装飾をしました。

リニューアル前

ニューラージがしっかりと生え揃いました。
裏側から見ると、
20cmの盛り土が見えます。


前面にやや厚みが出たので、
少しだけ吸い出しましたが、

根がしっかりと張られ、
思ったほどは吸い出せず。


まぁ、奥行き30cmでも
20cmソイルを盛れるということが確認できたので
良しとします。



ハサミでチョキチョキ

穴を開けて、

ムーミン谷で採れた木化石を設置。

アスファルトに木化石を叩きつけて割る、
不審な男が通報されなかったのは幸い。


ザクヘッドは悩んだけど、
土台にしっかりと根が絡んでいるので、
そのままにしました。

このぐらいのレイアウトなら邪魔にならないでしょう。




ほぼ水中化した樹木を、

奥に倒れない程度に刺して完成。

左に浮いてるのはホシクサ。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




【土曜日】
朝食

昼食


zinさんちに乗り込む


zinさんと一緒にSUSさんちに押しかける

初SUSさんち


ブセアフロ


3人でzinさんちで呑んで寝る

レオパに夢中



【日曜日】
河原に行く

TEAM HA の皆さんと焚き火を嗜む

ネギ

鶏肉





増岡ファームの増岡さんと
居酒屋で呑む&泊めてもらう

HIROSHI




【月曜日】
増岡ファーム改築をちょっとだけ手伝う

呑んだくれ旅のため、3日間止めさせてもらった車


水草を買う

ブセ

陸上葉 開花品各種

インディカ


ロタラspミャンマー


ウォーターローン


ポゴステモン ロングリーフ


エキノドルス ラティフォリウス



家に帰る

留守中に嫁さんがベタを買ってきてる
しかも2匹ともオス


子供探検隊が採取した苔を、
息子の苔玉に植える




【休日終了】
充実感MAXで超満足!!!

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




2012年6月にアクアブログを始め、
2015年2月26日 本日、
2年と8ヶ月でついに!
1000000アクセスを突破しました!

キリ番を踏んだのは、
関水連 身内の トメ吉君でした~。

いろいろ詰め合わせてプレゼントしますね。




思い起こせば、

30cm上部濾過でエビを飼育し始め、
(淡水に人工サンゴ!酷い)


60cmLOWを購入。
こちらも上部濾過でスタート。

照明の自作に外部ろ過の導入。


外部ろ過の自作


LED照明の導入


90cmスリムへ移行


30cmCUBE 4連の導入


吊り下げ照明


アクアプランツの取材



枠あり照明


最近だと、
アピストマンションに
水盆テラリウム、
いろいろと充実した日々を過ごしました。

一番のDIYは、

30cmCUBE用 矩流木かな。
親指突き指して半年整体に通ったからね。



驚くほどたくさんの人達と出会い、
いろいろな刺激を頂きました。

そんな中でも、一番の出逢いは、
駒草園のマスターと出逢えたこと。
今日も水槽を維持できているのは、
この出逢いのおかげなのです。

群馬から全国へ飛び出したきっかけはSUSさん。
この人が、私を引っ張り出してくれました。
増岡ファームでの総会は忘れられません。

ブログを始めたキッカケの、
ほんだしさんには会うことができました。
27Lさんにはまだお会いできていません。
いつの日か!

物作りをガチで語り合える加藤水槽さん、
深夜までステンレスについて語り合う、
コアでディープな戦友です。

関水連のみんなは、最高の友達です。
個性的でオシャレで、
かっこよく生きてます。
ミネさん、zinさん、田村さんには、
お家にも泊めてもらいました。
100均コンテストの審査は、
今年もぜひ我が家で!

他にもたくさんの素敵な出来事があって、
とても書ききれないので、
その皆様には、
次にお会いした際、
お礼を言いたいと思います。

近頃は、たいした記事も書いてませんが、
アクアはまだ続けていけそうです。

ブログ村のポチッとは押さなくてもいいので、
たまには覗いていただけると嬉しいです。

333ばんきん
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。