上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ブラインシュリンプなるものを
孵化させて、稚魚や稚エビの餌にするそうです。
でも海水じゃないと生きられないらしく、
水槽にいれたら数時間で死んでしまうとか。

ブラインシュリンプなるものを
見たことがないのですが、
淡水で生きられる同等のものなら、
水槽内でも長時間生きられて、
水を汚すことはないんじゃないかと。

そう、
うちの周りに大量にいるホウネンエビ。
これなら淡水ですし、
生まれたてはかなり小さい。

ホウネンエビが泳いでいる季節は、
とうにすぎましたが、
幸いなことに、
ホウネンエビの卵は、
田んぼの土に残り、
来年の注水を待っているのです。

知り合いの田んぼから、
土を少しばかり分けてもらい、
水をいれて見ました。

2日ほど経過すると、

ホウネンエビの子供が泳いでる!
ビーカーの写真を撮ったものの、
写真には収められませんでした。

ホウネンエビの他に、
ミジンコやらカワニナやら、
たくさん湧いています。

このまま水槽に入れたら、
水槽が田んぼになってしまいそうです。

ホウネンエビが大人になったら、
ビーカーに移し、
その後、卵だけを採取するのが理想ですね。
うーん、どれだけ採取できるんだろう。

水槽内で繁殖できそうにも思えますが、
ホウネンエビの卵は、
一度乾燥させてからじゃないと
孵化しないので、
水槽内では一世代限り。
サテライトなら、
ソイルを乾燥させれば、
再度孵化するかもしてませんね。

レッドビーの孵化には間に合わないかな?




外部濾過装置のカバー、
現在はこんな感じです。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。