ミニ水槽が欲しくてたまらなくなり、
自作して見ました。
DIYしやすい木材を使用しました。

せっかくなので浄化装置にもこっだわって見ました。


水槽部分は500mLのビーカーを使用。
100均でプラケースを物色したのですが、
気にいるものが見つかりませんでした。


ベース部分はタモを使用。
給水パイプはステンレスです。
排水部分には水の飛散防止用パイプを。


ニスをたっぷり塗って撥水仕様に。
また、万が一はみ出た水も、
排水できるような溝を加工しました。


浄化槽は100均のペン立てを使用。
2槽に別れていて都合良しです。


ポンプはGEX イーロカ PF-201を使用。
プラ板製の底板にマウントし、
底板ごと取り外せるようにしました。


浄化槽は水槽台の中に収納。
桐の集成材で作成。
同じくニスで防水処理。


合体させるとこんな感じ。


ビーカー水槽をセット。


ビーカーから溢れた水は、
導水棒を伝って下部の浄化槽へ。
オーバーフローでの排水となります。


サイズ比較。
わかりにくい?

カップヌードルと比較。


浄化装置には、Bio Beadsを使用。
含水ゲルポリマーの流動ろ材です。


オーバーフローした水が流れる様子。
導水棒を伝って流れ落ちます。


ニスの撥水効果は十分使用に耐えます。


うーん、
落水では流動ろ材が舞いませんね。
今後の検討項目です。

給水パイプと導水棒を一体化したら、
給水せずに排水だけしているように見えて、
面白かったかもしれませんね。

ポンプを底に接地させてしまったせいか、
動作音が結構うるさくなってしまいました。
落水音も少し気になるかな。

シュリンプだとオーバーフローで流れて行きそうなので、
生体も選ばないといけないです。
マリモに小魚かな。

一応動画も撮って見ました。
音無です。



改善すべき点は多いので、
次回作にいかしたいです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks