この水槽も世紀末を迎えたのか…。

休日の居間で見かけることなんて、
絶対にあり得ないタイプの生物です。
こいつは、この水槽を支配するために
異世界からやってきたか、
何者かに召喚されてきた、
恐ろしい生き物に違いありません。

そういえば、昔ジャンプでみました。
たぶんベルゼブブとかいう、
結構強いクラスの悪魔です。
これは大変なことになったぞ。

勇気を振り絞って、
ピンセットを近づけて見るものの、
モスマットの下にズゴゴゴーと移動。
人間ごときに、この私を捕まえることができるものかー。
と間違いなく叫んでいました。
水の中だったから聞こえなかっただけです。

この手の生き物はとにかく苦手で、
ゴキブリ、カマドウマ、ゲジゲジは、
全くもって愛することができません。
大嫌いです。

いつものように、水槽 ゲジゲジ でググってみると、
ミズムシ?なんたるネーミング、
足の指の間にできるカユーイやつと同じ。
しかも、以前見かけたダンゴ野郎も
水虫の子供やらメスやら言う情報まで。
ダンゴ野郎は機動力も低めで、
ピンセットでつまんでイモリの餌にしましたが、
このゲジ野郎は素早い、
く〜、モスマットはがして駆除したいぜー。

前回の大掃除でダンゴ野郎を2匹見つけて
いい気になっていましたが、
奴らは、いくら駆除しても無駄。
そう、侵入経路は異世界からのトンネル。
常人がそれを見つけることはできないのですから。

夜、トイレに起きて、
ふと水槽に目をやると、
見覚えない虹色の穴が。
そんな時は、
見なかったふりをしなければいけませんよ。
ピンセットを突っ込んだりしては絶対にいけません。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





話はかわって、
故障していたタイマーを新調しました。
1週間ほど、ライトは手動。
CO2は気の向いたときに不定期添加でした。
デジタルプログラムタイマー PT50D

14ものプログラムを設定できるけど、
朝と夜のオンオフを永遠に繰り返すだけなので、
1つしか使わない。
残り13個を使う日はきっと来ないだろう。

餌やり器などを自作するなら便利そう。
時間設定はもちろん、曜日設定もできるし。

誤動作防止のロック機能がついているのは、
とてもいいと思います。
以前のアナログタイマーは、
スイッチ類が不意に押されてしまったり、
物に当たって止まっていたりしたので。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks