上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




※この記事は、随時追記型の記事となっております。
我が家で確認された抜け殻のみを厳選してお送り致します。


今回は、私の大好きな、
海老沼 種林譜 大先生著の、
「海老之抜殻大図鑑」から
いくつかを抜粋して紹介させていただきます。
先生の許可は頂きましたが、
この記事の写真や文章の著作は、
海老沼先生にありますのでご注意ください。

通常のエビの抜け殻は、
【靴下脱ぎ捨てタイプ】と呼ばれ、
泥酔状態で帰宅した際に、
ベットぎわに脱ぎ捨てられた
それに類似している。
あまりにもだらしない姿のため、
本書では、写真を掲載しない。
エビの餌になることが多く、
朝方にはさらにだらしない格好と
なって発見されることもしばしば。
靴下特有の匂いはしない。


【王蟲タイプ】俗称
【ラン・ランララ・ラン】学識名

その存在感は今にも動き出しそうなほど。
手足はもちろん、
触覚までが生きているかのようだ。
このタイプの多くは、
ソイルの上で発見される。
あまりの神々しさに、
その抜け殻には土地神が宿っているとも言われ、
地元のエビたちも食べることはないが、
禁忌を侵して食すれば、
永遠の命を得ることができる
とも言われている。
ちょっと、体色が残っているのが
この秋のトレンドぜよ。


【セミの抜け殻タイプ】俗称
【うまっこ型】一部地域での俗称
【空蝉タイプ】学識名

エビの形状を維持したまま、
何かに捕まり縦に
なっている抜け殻の総称。
有茎草の茎部分に付着したのには価値が高い。
逆に、葉っぱ部分に付着したのは、
垂直っぷりが低くなりがちで、
構図も悪いことから、
その評価は低い。
流木に付着したタイプは、
評価が別れるところであるが、
「エビの全長」×7.5 ≧「流木の円周」
を満たしていれば、
登録の条件を満たす。
式の 左辺 ÷ 右辺 ≦ 2.35 であれば、
有形文化殻に指定されるが、
当然、流木も含めて、
移動、改築、増築、リセットには
協会の許可が必要となる。
年間60ペソの維持費が補助されるとともに、
ろ材の無償提供などの恩恵にも預かれる。
逆さになっていれば、国宝級のお宝だが、
偽造品が多く、その真贋の判別は難しい。
流木は偽造がたやすいため、
(ひっくり返せばいい)
価値が低いとされているのも事実。
しかし、殻プロ(ガラプロ)の目でみれば、
モスの付着状況、苔の育成状況で、
判別が可能である。


【鯉のぼりタイプ】俗称
【羽衣・ジ・天女】学識名

抜け殻よりも細い、棒状の物体に、
一点支持で保持されたタイプ。
支持ポイントが頭部前方で
あればあるほど稀少価値が高い。
殻に体色が残るものは高価で取引される。
端午の節句の季節によく見られ、
2連、3連と連なることもある。
5連が現在確認されている世界記録で、
ネギスブックに掲載されるとともに、
世界遺産【抜殻遺産】となった。


【カウンタックタイプ】俗称
【Lamborghini Countach LP400タイプ】学識名

1974年製
生産台数150台
3,929cc 375馬力/8,000rpm
0~400m13秒台
最高速度260km/h
LP400Sは改良型を指す。
スーパーカーブームの
火付け役にもなった抜け殻で、
独特なガルウイングは、
当時の子供を魅了した。


【ズルリ落ちタイプ】俗称
【哺乳綱異節上目有毛目
ナマケモノ亜目タイプ】学識名

殻から抜ける際、
上方への離脱は体力を80P消耗し、
脱皮直後に襲われる危険度が高まる。
そのため、スカラなどの
防御力増加呪文を使えない
未熟なエビや戦士系のエビは、
上方離脱ではなく、
下方ずり落ちを好む。
HPの消費も2Pと最小限なうえに、
ずり落ちた勢いで、
そのまま滑り泳ぎでモスの影へ
退避することができる。



※本誌では、「抜け殻」「脱け殻」を
「抜け殻」として統一して
紹介しております。


いかかがだったでしょうか?
この図鑑には、合計500種を
超える抜け殻タイプと、
世界抜け殻遺産5点、
国宝抜け殻40点、
有形文化殻123点、
すべてがフルカラーで掲載されています。
また、袋綴じは、
脱皮したて、「脱ぎたてエビ美さん」の白黒グラビア。
付録のブルーレイディスクには、
「エビだらけの水泳大会
何匹かの脱皮もあるよ」
が収録されています。
すっごいお買い得ですよねー。
私なんか握手券欲しさに、
3冊も買っちゃいましたよ。
あなたもシュリンプ水槽の脇に
ぜひ一冊いかがでしょうか。

ブルーレイ収録動画より、とっておきをご紹介。
「衝撃映像 動く抜け殻」

これ以外にも、驚きの貴重映像が盛りだくさん。




当記事は、もちろんデタラメです。
この記事の内容を知人に話して、
恥を書くことになっても、
当方は、1ペソも賠償いたしません。

近日公開予定
・これ抜け殻?!
・抜け殻っていうか山田!
・カニじゃね?
・志村 後ろ!
現在調査中
・これ卵ついてね?
・2重で脱ぐの?
・むしろ小さくなってる。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. おはようございます

    あるある大図鑑ですねww
    私も色つき抜け殻には、☆?とびっくりさせられることがあります

    それにしても綺麗な写真ですね

    ( 09:40 )

  2. 揖斐えびさん

    両方の抜け殻を同時に見つけたので、
    こんな記事にして見ました。
    最近の写真補正ソフトは簡単で、仕上がりがいいですね。

    ( 22:42 )

  3. はじめまして
    いつもブログ楽しく見させて頂いています。

    王蟲タイプ、めちゃめちゃ笑いました。
    面白さに、ついつい書き込んでしまいました。

    我家では、 タイプ[犬神家 スケキヨ]の抜け殻が発見され話題になりました。

    これからもちょくちょくコメントさせて頂きます〜!
    よろしくおねがいします!

    ( 02:04 )

  4. 造詣が深い記事ですね。
    「海老之抜殻大図鑑」、アマゾンで探してみます。

    ( 08:00 )

  5. ま・まさか。ここで幻のカウンタックタイプに出会えるとは…
    ウチはヤマトしかいないのでオーソドックスな
    「遅刻しそうなサラリーマンパジャマ脱ぎ散らかし型」
    しか見れません。
    この抜け殻図鑑でエビに興味が出てきました。

    ( 20:21 )

  6. 333ばんきん

    ゆらぎさん・ミネさん・Honeyjapanさん

    ゆらぎさんへ:
    はじめまして。コメントありがとうございまーす。
    10月に書いた記事なんですが、
    いくつか追加して再度アップして見ました。
    スケキヨ(学名 犬神佐清)はレアですよね。
    やや大きめの底砂の方が出現率が高いそうですね。
    水面から突破していれば、文化財級ですよ。

    ミネさんへ:
    現在は、出版社の夜逃げにより、なかなか入手は困難だそうです。
    先日、神田の古書屋で投げ売りされていましたが、
    付録は付いていませんでした。

    Honeyjapanさんへ:
    "脱ぎっぷり 南に敵う 者は無し"
    と松尾芭海老が詠っていたのを思い出しました。
    また、"コーヒーとスパゲッティは南風"とも詠んでいます。
    やはり、繊細な抜け殻はミナミから生まれるのですね。
    日高のり子バンザイです。

    ( 21:55 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。