上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ






沼や川をイメージすれば、
当然のごとく住んで欲しい魚がいます。
そうです。カジカのような底魚です。
以前導入した、メコンタイガー・ゴビーは、
人工餌の餌付けに失敗し、
かわいそうなことになってしまいました。

今回は、同じ失敗を繰り返さないためにも、
飼育も容易で、人口餌にならしやすい、
を基本条件に、
カジカ風な魚を探しました。
サイズも重要で、
60cm水景にマッチする極小魚。
我が家の最大魚ランプアイ 3cmよりも
小さいことを条件にチョイスしました。

そして先週末、
フレッシュウォーター・バンブルビーフィッシュを4匹お迎えしました。
我が家にきて1週間たちましたが、
4匹とも環境に適応してくれたようで、
ひと安心しています。

バンブルさんとの1週間を振り返ります。

・我が家に到着

ビーカーにて個体の観察と水ならし。
ゴビーに比べるとずんぐりむっくり、
でも愛嬌があって可愛いです。


バンブルビーというくらいなので、
黄色と黒かとおもいましたが、
黄色部分は結構透明です。
スケルトンフィッシュのように、
背骨や臓器も見えます。
黄色身も弱く香港ビーに近い色合いです。


当然4匹とも模様が違うのですが、
実に個性的で、個体識別も容易です。
日の丸とか、モスラとかがいてもおかしくない感じ。

・水槽内での様子
縄張り意識も多少あるらしく、
隠れる場所は各自決まっているようです。
餌の時以外は、あまり出てこないので、
いるのかいないのかわかりません。
綺麗に撮影できた2匹の写真です。

顔が真っ黒。目も黒いのが特徴的。
ちょっと深海魚っぽい。
意外とレアなカラーなのでは?

オーソドックスなカラーリング。
他の2匹もこのタイプの斑点違いです。

この2匹は、よく前に出てきます。
残りの2匹は、基本隠れていますね。
なので、えさも流木の裏の隠れ家付近に
そっと沈めてやるようにしています。
隠れ組は沈んだ餌でも比較的食べますが、
写真の2匹は、
落ちている最中の餌しか食べません。
動いているのが好みなのかな?


餌は、ff num03です。
沈む前に小魚に食べられてしまうので、
以前作った餌やり場を使用。

それでも、沈みきった餌には興味なし。

パイプの中を落ちてくる餌には
食いつこうとします。

餌やり場に溜まった餌を、
外部ろ過からの水流で舞わせて、
ようやく食べさせることに成功。

餌を沈ませる装置を新造することにします。

「お嬢ちゃん、オイラの背中に惚れるなよ」

やっぱり、底魚はコミカルで可愛いです。
満腹時のポニョっぷり、
胸ビレで立つ姿、
水流でよろける酔っ払いのような姿、
大口のアクビ、
見ていて飽きません。
なかなか出てこないけど。


我が家の水槽のスターの座は、
バンブルさんに。
それまでのスターは、
誰だったかというと、
それはまた違う機会に。

実は、バンブルさん以外にも、
3匹の川魚風の憎いやつをお迎えしております。
良い写真が撮れたら、紹介しますね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. ななすけ

    やっぱりバンブルちゃんだった!
    私はバンブルビーゴビーを飼った事があります。
    ブラインシュリンプが大好物でした。
    ピョコーン、ピョコーンってまったり泳ぎがすごく可愛いよね。
    フレッシュウォーターのほうが模様が独特で個性があるね。
    一枚目の子は目がミドリっぽいですね。

    ( 23:30 )

  2. ななすけさん

    いやー、もう、可愛いのなんのって。
    バンブルさんだけ30匹ぐらい飼いたいぐらいです。
    縄張り意識があるみたいなので、
    4匹にしましたが、
    模様も多様で、コレクターズ要素も有りありですね。
    黒目さんは、光の具合で、綺麗な目を見せてくれるので、
    一番のお気に入りです。
    が、一番餌を食うのが下手です。
    うしろ、うしろー、あぁー、
    色覚と嗅覚が鈍いのかなぁ。

    ( 00:03 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。