上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




すいません、10/8に大量ポチりを頂いていたのに、
御礼記事を書いておりませんでした。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ランキングページのチェックを怠っていました。
反省しております。

今回の御礼記事も、構想中・試作中の
DIYを紹介いたします。


現在作成中なのは、吸水パイプです。
水槽からみると排水パイプかな。
排水パイプは、吸水パイプで、
給水パイプは、配水パイプで、
うーん、正式にはどういう名前なんだろう。
とりあえず、うちのブログでは、
吸水と配水にしときます。
給排水は仕事のイメージが強いので。

もちろんアクリル製。
ガラスはとても綺麗だけど、
放り投げられないからNG。
おこずかいが倍になったら、
全部ガラスにしますけどね。

吸水口をパイプと一体化させる試作です。
スライド丸のこで、
スパイラルに配置するよう刻みました。
仕上げ処理前なのできたないですが。
スリット幅が1mmなので、
稚エビがいる場合はスポンジを被せないとまずいですね。
0.5幅も試作しようと思います。

なんでこんなものを作っているかというと、
コンパクトな油膜取りが欲しい。
そんな欲求からです。

油膜の原因はいろいろあると思いますが、
実験の結果、
我が家の場合、
肥料と餌から出る成分が圧倒的に多く、
発生源を根絶するのは無理ではないかと。

水面を荒らして溶け込ませる方法は、
音といい、水はねと言い、
あまり好きにはなれないので、
表面の強制吸い込みが良いのかと。
水面付近の水を吸い込む吸水パイプを試作し始めました。

基本、失敗作は公開しないので、
お披露目となるかは疑問ですが、
機会があれば、経過を報告いたします。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. おはようございます

    給排水を触る時、いつも1本にできないのかなぁ?と思ってしまいます

    給水パイプの中に排水パイプを仕込んで水槽の中には1本だけ

    そして綺麗なガラスを使っても結局コケなんかが付着するから、光触媒の様なものを塗布出来ないんだろうかとも

    ( 08:45 )

  2. 揖斐えびさん

    一本にできるでしょうが、1本になるところへの接続パーツが複雑になるのと、
    水槽内では、吸配水口を離したいでしょうから、
    水槽内で分岐しちゃうので、あまりスッキリしないかも。
    コケや汚れがつかないうえに、効果が長持ちする塗料があったらいいですねー。

    ( 10:19 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。