上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




最近、お気に入りなのは、

照明を消したあとの水槽。
キッチンの暖色系照明の
バックライトで眺める水槽が
とても気に入っています。

写真に納めようとすると、
光量不足でシャッタースピードが足りず、
ほとんどがブレブレです。

でも、写真で紹介できないということは、
自分の肉眼だけが楽しめる、
自分だけの特別な空間。
その時、その場所に座って、
眺めている自分だけのもの。
そんな満足感に浸れます。

水槽の四角さを、
歪みなく遠方正面から捉える。
その絵画的美しさも好きですが、
仕事が終わって、
水槽の目の前で、
ちょっと下から覗き込むような
自分だけの視点で楽しむ水景。
コレが堪りません。

バックライトに映える、
透き通った生き物が大好きです。

半透明の身体は、
背景をも透過させ、
場所によって色を変えますし、
浮き袋まで目視できるその透明感は
とても神秘的です。

彼らがこの水槽で、
どのように感じ、どの様に暮らしているのか、
一時も目が離せません。

一日に、どのぐらい水槽の前に座っているか。
朝に2時間、夜に3時間、
1日に5時間、水槽の前に座っています。
もちろん、水槽の方を
ずっと見ているわけではありませんが、
そこに座って、
気がつくと水槽に目を向けているのです。
毎日、毎日です。
半日経てば、
どこに新しいコケが出現して、
どの水草がどれだけ伸びたか、
ハッキリとわかるぐらいです。




水草の美しさはどんなところでしょうか?
人によって捉え方は様々ですが、
自分は、気泡を出している植物の
姿は好きではありません。
気泡を出してくれると、
おおー、やったー。
って嬉しくは思いますが、
綺麗だなぁとは思わないなぁ。
目視できるほどの放出は嫌。
気体には萌えないのです。

自分は水草の先端に美しさを感じます。
新芽が出ているのも好きですし、
先端はやっぱり自然ですよね。
トリミングした先端とは全く違う、
自然の先っぽ。
これが大好きです。

なので、
水草はできるだけゆっくりと成長して、
いつも自然な先端が楽しめる。
そんな水槽になったらいいなぁって思います。

でも、アクアスカイとか載せたら、
CO2添加も再開させたくなって、
光要求系水草 植えたくなって、
結果、
気泡最高ー。
とか言ってるかもしれませんね。笑


まだまだ、水槽の中の世界からは、
興味がなくなりそうもありません。
いつまで続くかは わかりませんが、
その日気づいたことを、
できるだけその日のうちに、
時には酔っ払いつつも
記事に書き留めて行きたいと思います。
今後も、よろしければおつきあいください。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. おはようございます

    強い光に照らし出され 開いた葉も美しいですが

    夕やみ迫ったような光の中で、葉を閉じて眠っているような水景も また美し
    ですよね

    ( 10:54 )

  2. 揖斐エビさん

    昼と夜の姿が変わるのは、とても美しいですね。
    ロタラは、葉を閉じて眠っているかのようです。
    生き物なんだなぁって実感します。

    ( 23:21 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。