上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




昨日も大量のポチりありがとうございます。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
予告通り、本日ももうひと記事更新いたします。




マスター、今日は特別な日なんだ。
なんか変わった酒…、
飲ましてよ。

ブラインシュリンプなんてどうですか?

へぇ、ブラインシュリンプっていったら、
塩がきつくて飲めないんじゃぁない?

うちのは他とは一味違いますよ。
濾して塩抜きしてますから。

ふーん、手間がかかってるネェ。

しかも、うちのお店で孵化させてるんですよ。

へへー、じゃぁそれをもらおうかな。
ジンはきつめが好きだって知ってるよね。

もちろんです。




そんな会話が聞こえてきそうな、
ショットバースタンド風のこの商品、

「ヘイ!マスター1号」をご紹介します。

これであなたのお家のキッチンも、
まるでカウンターバー。
友人を呼んで、
ブラインシュリンプパーティーなどいかがでしょうか!


皆様ご存知の通り、
孵化したブラシュリは、
光の方へと集まる習性があります。
付属のカバーを取り付け、
下からライトで照らせば、
ブラシュリ達は
自然と下に集まるという、親切設計。
※ライトは別途ご用意ください。


孵化容器には内蓋を標準装備。
空気穴もお着けしました。
穴あけ人間国宝が、
丹精込めて一つずつ手作業で開けました。
穴が大きすぎる場合、
セロテープでふさぎ、
楊枝で穴を開けなおしてください。
※セロテープ・楊枝は付属しません。


内蓋は空気を送るパイプに付けてあるので、
なくす心配もありませんね。
オッチョコチョイさんも安心です。
※洗浄時等、取り外しは可能です。


もちろん、孵化容器は脱着可能で、
洗浄も楽々。

えっ?
エアストーンに染み込んだ塩水が垂れるって?
ご心配なく。

濾過容器が、そのままストーンマウントになります。
※付属の容器が破損した場合は、
お近くの模型屋さんにて、
タミヤカラー大瓶をご購入ください。

孵化したブラシュリと、
孵らなかった卵や、卵のカスを、
分離する際に重要となるコック、
今回はこだわりました。

そうです。ガラス製のコックです。
下からのライトを
よりいっそう容器内に取り込むべく、
透明度の高く、耐摩耗性に優れた、
ガラス製を採用。
動作もスムーズで、
片手で楽々オープン。
ビール片手にブラシュリ分離!
いかがでしょうか。


コックが詰まった。
あなたならどうします?
ご安心ください。
簡単に分解、
洗浄ができます。
※組み立ての際はオリーブオイルなどの潤滑油を塗布してください。


もちろん、底に溜まる殻にも対応。
ガラス管を底よりも少し高い位置に配置しました。
従来商品より、不純物除去率120%アップ。
(当社比)

気になるセット内容は、ご覧の通り。

再来週からすぐにでも、
ブラシュリパーティーが開ける、
充実の内容です。
※別途ご用意いただくものは、
カルキ抜き済みの水、
塩、ブラシュリエッグ、
濾し布(コーヒーフィルターでも可)
スポイト
エアーポンプ
エアー調節用コック
パーティー仲間

実際に使用されているかたの
ご自宅を訪問させていただきました。
詳しくは、番組の後半でご紹介いたします。



※孵化させる際は、
カバーを外しての使用をオススメしますが、
カバー装着状態でも孵化可能です。

CMのあとは、気になるお値段と、使い方、
視聴者モニターの方の使用レビューをお送りいたします。

チャンネルはそのまま!
ショッピーーング、チャンネル3293!!




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. るぱん

    値段が気になる。。v-13

    ( 01:54 )

  2. るぱんさん

    じつはですねー、これ、12万8千円!
    エアーストーンが人間国宝作で12万7千5百円です。

    ( 08:32 )

  3. おはようございます

    おぉ~!
    売り物の様に綺麗な仕上がり

    ( 09:30 )

  4. これほしーまじでほしーなんかビール注ぐやつみたいですね
    これ売り出したらほんとにお金持ちになれると思う!
    人間国宝作のエアーストーンコスパ悪いですねー
    いつもDIYする時どうやってアイディアを出しているんですか?

    ( 14:24 )

  5. 揖斐エビさん

    いやいや、売りもんなんですってばー。
    テレビショッピングですよー。

    ( 22:48 )

  6. ななすけさん

    気泡が全て、星とハートの形になるので、高いのでしょうね。
    冬場はヒーター機能が欲しいところですね。

    アイディア自体は閃きです。あと、見間違いも多いかな。
    こんなものに見えたけど、全然違った。じゃあ作るかぁ。みたいな。
    製作が始まってからは、ジャンクボックスの部品を
    とっかえひっかえしたり、
    ホームセンターをウロウロしたりと、
    部品との巡り合わせが肝ですね。

    欲しいけど、売ってない、高い。は、発明の母です。

    ( 22:53 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。