上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




稚エビや、稚魚を、
サテライトから掬うには、
レンゲが便利ですね。
おしゃれな物もありますし。

でもね、
うちのサテライト、
スリムな上にSサイズ、
レンゲだと、角度が厳しい。

では、と、
大さじを使って見たんですが、
金属テカテカの大さじに、
みんなパニック!
光り物はNGなのかな?

じゃぁ、木で作るっきゃないでしょー。
試作一号。

大さじをそのまま木で作成。
このおたま状の形状なら、
小さなサテライトでも、
底まですくえます。

でもねー、
やっぱり、角に追い詰めたあとに、
逃げられる確率が高いんですよねー。

で、2号機。

片側を角型に。

追い詰め効果をアップさせるために、
柄の部分にも壁を作りました。

これで、底から角まで一網打尽。
サジ部分は、深く彫り込んで、
水の落差を最大限に引き出しました。
周囲の生体まで吸い込みますよ。
ケヤキの無垢材を1.5mmまで薄く削り込みました。

今回は、あえて無塗装で仕上げとし、
様子を見たいと思います。

1号の方が、可愛いんですけどね。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. ななすけ

    近日公開だというので5分ごとにF5押して待ってました。
    掬いさん画期的ー

    角まで攻められるおたまなんてはじめて見ました。
    自作ができると、自分の考える通りに作れていいですね。
    だって、市販のものだと
    「ああ、ココもう少しこうだったらいいのにな~」って思うから

    ( 23:50 )

  2. ななすけさん

    お待たせしました。
    F5がすり減る前にアップするべく頑張りました。
    とにかくねー、角からすり抜けるんですよー。
    うーん、くそーって。
    雑貨屋さんを巡って見たけれど、大きすぎたり、角度が悪かったり、
    なかなか満足行くものが見つかりませんでした。
    しばらく使ってみて、改善点を探ろうと思います。

    ( 00:32 )

  3. おはようございます

    1号かわいいですね

    2号は追い詰めて掬う、強姦形ですね

    ( 08:17 )

  4. 揖斐エビさん

    1号は、綺麗に表面処理して、蜜蝋塗って、食卓用にしまーす。
    痒い所に手が届く系です。

    ( 09:41 )

  5. すごい!これ、欲しいっす!!
    この角Rの感じとか、壁作ってるとことか、サテライトやってる人にしかわからんマニアックさがたまらんです。

    ( 13:04 )

  6. 27Lさん

    そうなんですよ。サテライトマニアにはわかっていただけると信じておりました。
    特に、小型のサテライトが流行っているので、
    この手の用品の需要が高まるんじゃぁないでしょうか。
    ちまちまと生産して、
    いつの日か名刺がわりに配りたいと思っています。

    ( 15:03 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。