水槽の水面の油膜ですが、
手作業で取り除いて捨てるのが
一番効果的なようです。

我が家の場合、油膜の原因は
新規投入の流木とはっきりしていますし、
取り除き続ければ、いずれは無くなるはずです。

カップですくっては捨てるのですが、
いくらキッチン前でも面倒です。

せめてポンプで吸い上げられればと、
お掃除用品を作成して見ました。


カップと小型の投げ込み式フィルター。
フィルターのケースをカット。


カップの底にホットボンドで装着。


ポンプを装着。

水槽にカップを沈めて、
油膜を取る。
ポンプはその水を流しに吸い出す。
これで気の済むまで
油膜を取り続けることができます。

油膜も、流木投入直後に比べると、
だいぶ減ってきましたね。
もう一息でしょうか。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks