上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




以前の記事では、
濾過装置の吸水パイプとして
計画していた製品ですが、
我が家の自作外部フィルターは、
噛んだエアーを排出する機構を持たないため、
ちょっと不安がありました。

水槽が安定するまでの数ヶ月間、
水面のゴミやら油膜は、
換水がてらビーカーですくってやる、
前回の立ち上げの時から、
毎日の日課でした。
が、やっぱり楽をしたい。

一日に一度すくえばいいのだし、
ブッパみたいなのを作って、
夜の餌やり前に装着すればいいのでは?

じゃぁ、外部フィルターとは
切り離して制作して見ましょう。
ということで出来上がった
試作品がこちら。

プロトタイプなので、
外見よりも機能。
自分の頭の中ではうまくいってるけど、
それが本当に機能するかを試す試作品です。


機構的には、外部フィルター用の
製品と同じ仕組みです。
中筒が吸水で、
外筒は、水面の水を落とし込むもの。
今回は、下部にポンプをつけて、
これだけで機能するようにしました。

掃除の時だけ取り付ける。


実際の装着具合。
吸水量は外筒の高さで調整、
水面への追従は、
本体の高さをキスゴムで変更。
キスゴムはつけたままで、
本体を上下させます。


調整はそれ程難しくなく、
あっという間に水面を吸い込み始めました。

ポンプが弱いからでしょうか、
吸い込み量はMAXでバランスが取れました。

フィルターは、使い捨てられるように、
キッチンペーパーを使用して見ました。

パイプ径が小さいので、
それほど期待していなかったのですが、
結構吸い込みますね。
落差も10cm足らずですが、
充分に機能するようです。

途中、

ちょっとしたアクシデントもありましたが、

30分後には水面はキラキラになりました。

試作は成功ですが…。

毎日30分間、コレつけるの?
外す時水滴たれるし、
外してどこにおいておく?
結局、換水はしないとでしょ?
かっこ良く作れる?

うーん、だったらVUPPA買った方がいいし、
換水するなら、
そん時に水面をいつものように
すくえばいいんじゃない?
5分足らずの作業だし。

てなことで、
正式版の作成は中止!!
もう、この手のやつは作らないーーーー。



いっそのことさー、
水槽のガラスの水面付近に、
穴開けちゃってさー、
足し水したら溢れるようにしちゃったら、
いいんじゃぁない?
どうせ裏側はキッチンのシンクなんだし。




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。