シュリンプ水槽に微塵粉が大量発生しました。



ケンミジンコなのでしょうか?
田んぼの水路で採取した苔が良かったのでしょう。
ミジンコが発生するということは、
プランクトンもきちんと増えていて、
良質な水槽環境だということですから、
とても喜ばしいことです。

稚エビも5mm程度まで大きくなりました。

ウチで抱卵したレッドファイヤはまだ孵化していないので、
最初に頂いてきた、
抱卵したチェリーシュリンプから
孵化したものでしょう。


採取してきた苔は、上へと伸びてます。

流木から出る油膜ですが、
2、3日ごとにマメに掃除して
ずいぶんと治まってきました。
それでも、取りきれないものがあるので、

GEX ジェックス 水面の油膜取り(5枚入)を購入。
一枚浮かべてみました。


翌日にはキラキラの水面に。

綿が浮いているのはかっこ悪いですが、
流木が落ち着くまでの辛抱です。

次は、アク抜き済み流木でも、
きちんと下処理をしようと思います。


モルタル擬岩ですが、
ph7.5の水道水に1日つけ置いてph8.5
ダメですね。
ミョウバンつけ置き2日間の効果はあまりなかったかな。
1週間水中養生して、またphを測定します。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks