上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ハナビを飼い始めてからというもの、
エサやりが楽しくて仕方ありません。
自分にとって、水槽の主役はやっぱり魚です。

楽しみ方は人それぞれだし、
水草メインの水槽も好きなのですが、
現時点では、
ハナビの飼育が楽しくて仕方ないです。

そんなこともあり、
ブログ村のカテゴリーを
熱帯魚に移したわけです。



ハナビは結構泳ぐせいか、
すぐに腹ペコになります。
腹ペコだと苛立ってくるのか、
仲間の尾びれをつついていまいます。
なので餌やりは日に2回。

朝は、少量の人口餌のみ。
水面にバラ撒きます。
仕事前にパラっと。
朝は、水が蒸発して、
油膜取り器が機能していないので、
フィルターはオンのまま給仕し、
その後、足し水をします。

夜はお楽しみの餌やりタイム。
まずは人工餌から。

餌を油膜取り器が吸い込まないように
&
流されていかないように
夜はフィルターをオフにします。

人工餌の匂いと水槽を叩く音で魚を寄せます。
その間にブラインシュリンプを漉します。

ハナビもゴビーもマキュラータも
活き餌が大好きで、

食いつきはハンパないです。
ヒレの発色が良くなるのは、
活き餌のおかげなのかな?

1匹だけ、色の載らないハナビがいます。

白っぽいですよね。
アルビノとまではいきませんが、
半透明で綺麗です。
お腹が減っているのは、
餌やりの途中写真のせいです。
が、ストレスがあるのでしょかねぇ。

ブラインシュリンプは、
孵化してもすぐに餌となってしまい、
ちょっと申し訳ない気持ちがあります。

大きくなるまで育ててしまうと、
情が湧いてしまって、
餌にできなくなると思い、
飼育したい気持ちを抑え続けていたのですが、
ついに堪えきれず、
少数を育てて見ることにしました。

クロレラの粉末を餌にしました。

どこまで育てられるのかわかりませんが、
要するにシーモンキーですよね。

淡水バージョンのホウネンエビは、
いまだ孵化させることができないので、
近いうちに勉強してリベンジしたいと思います。
もしかしたら、卵がダメになっているのかな?

ホウネンエビは淡水ですし、
2cm以上になるので、
大きくなったら水槽にいれても綺麗でしょうね。
ただ、数週間で寿命が来てしまいますし、
卵は回収し、
乾燥させないと次世代に繋がらないので、
プラケース飼育の方がいいでしょう。

うちの周りで採れるのは、
もちろん国産ホウネンエビですが、
現在入手してある卵は、
外国産のものです。
できれば、比較して見たいので、
来年のホウネンエビシーズンまでには、
孵化のノウハウを身につけたいです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. ななすけ

    写真二枚目の真ん中のハナビちゃん、とっても元気そうでキューティー
    色の乗らない子も個性がありますね。
    元々そういう固体なのかもしれませんね。
    逆に手の掛かる子のほうが可愛かったりしますよね。
    現在ハナビは何匹いるんですか?

    うちもエサは一日二回です。
    特に朝はすごい勢いでダンス&ダンス&エサくれーです。
    可愛いですね。

    ( 08:09 )

  2. ななすけさんへ

    変わった子が気になるし、可愛いですね。
    その後も、様子を観察していますが、
    色の乗らない子のようです。
    全部色が乗らないとかなりショックですが、
    一匹だけなら、むしろ、愛おしいですなー。

    計算上は23匹です。
    が、とても数えられません。
    とても人懐っこく、いつも水槽前面をうろちょろしているのですが、
    動きが早くて数えられないのです。

    やっぱり癒されますねー。

    ( 22:44 )

  3. さっか

    初めまして!
    ハナビで検索してこのサイトに辿り着きました

    自分もハナビを飼っているのですが
    元々、怖がりな性格の魚のせいか餌やりに近づいただけでも隠れてしまい、餌やりにも一苦労です汗
    この記事だとめちゃくちゃハナビに懐かれていてホント羨ましいです...
    自分もこんな感じで懐かれたい!っと思ってるんですが
    なにかコツとかあるんでしょうか?
    もしよろしければ教えて欲しいです!

    ( 15:30 )

  4. 333ばんきん

    さっかさんへ

    初めまして。コメントありがとうございます。
    ハナビの水槽に前で、いつも過ごしているので、
    ハナビも慣れてくれたようです。
    晩酌も、ネットサーフィンも、
    ブログ更新も、
    ハナビの30cm圏内で行っていますので…。
    ちなみに水槽に鼻をつけても逃げません!
    証拠写真をブログ右のサムネイルにアップしておきますね。

    ( 22:32 )

  5. さっか


    画像見せて頂きました!
    近寄っても全然逃げないんですね
    羨ましいです(>人<;)

    こちらは近づくとハナビ達が逃げてしまうため
    餌やりの時は、餌を水面に撒いて自分が部屋から出ていって始めて食べてくれます...orz
    しかも一匹が拒食気味(?)で
    口をパクパクさせてるんですけど餌を目の前に出しても反応してくれず...
    うーん、ハナビって意外と難しいなあと四苦八苦しております(泣

    ( 23:26 )

  6. 333ばんきん

    さっかさんへ

    拒食は、自分も悩むところです。
    実際のところ、拒食になった個体は、
    すでに何らかの問題を抱えている場合が多く、
    そのままだと死に至ってしまいます。
    病気やら衰弱なりの症状をすでに抱えていると思います。
    ハナビは、弱った個体への攻撃が激しいので、
    注意は必要だと思います。
    餌やりの回数を増やすことで、少量を小分けにし、
    均等に餌を与えるなどの配慮は必須だと考えます。
    また、できるだけ、粒度の小さい餌を与えるなどの配慮も必要だと思います。
    一度慣れれば、すごく懐っこい魚で、
    毎日の世話も断然楽しくなると思いますので、
    ぜひがんばって見てください。

    ( 00:12 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。