上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




流木のアク抜きに
重曹が有効とのご助言を頂きましたので、
早速実施して見ました。

とはいえ、どれだけの量を入れたもんでしょう。
流木組は大きく、
バケツには入れられませんから、
水槽でのアク抜き。
3×3×9として81リットル。
グーグル先生にお尋ねしても、
重曹の使用量については
あまりお答えいただけません。
唯一、1リットル5gという情報が頂けたので、
それを参考にすると400g。
うほー、結構必要ですなー。

参:ママー(もちろん嫁さん)重曹大量にない~?
嫁:掃除用ならいっぱいあるよー。

4kg
掃除用?
大丈夫かな?
成分表示だと重曹のみだけど…。
まぁ、生体が入っているわけじゃないし、
アク抜き後にシッカリと
真水でトリートメントすれば
大丈夫じゃぁないかな?

えーと400gだと5gスプーンで…。
8杯…、いや、80杯?!
目分量でいいや。
4kg袋だから8分の1だ。

ザッパー。
うへぇ。
いっぱい入っちゃったヨ。

多分1kgは投入…。
まぁ、多いいほうが効果覿面だろう…。

ジャブジャブかき混ぜて、

うーん、飽和。
溶け切らないよー。
白砂の底砂みたいでキレイだなぁ。(現実逃避)

とりあえず、

ポンプ仕込んで回しとこう。

翌日。

おおー、重曹、ほぼ溶けたー。
しかも茶色水。
かなりいいペースでアクが出てますねー。
流木のアク抜きに重曹は効果ありの様ですね。
幸いなことに、タール類の流出は確認できませんしネ。

でも、出続けるアク、
竹炭がどれだけアクを
吸着しているのか解らないな。
そうだアク水を採取して、
そこに竹炭を入れてみれば、
純粋に吸着状況が解るのでは?
もうちょっと茶色くなったら、
実験してみよう。

1週間ほど重曹に漬けて、
数日間全換水。
その後2週間ほど足し水でアルカリ抜き。
こんな感じで水槽運用に
持ち込みたいのですが、
大丈夫でしょうか?




でました。

モヤカビ。
未乾燥の流木なのでやっぱりね。
これだけのアルカリ水溶液でも
御構い無しに出てくるのか。
出切った頃に歯ブラシ攻撃ですな。

それと、

ガラスが厚くなったせいもあるんでしょうが、
透明度の低さが気になるような。
写真に撮るとそれほどでもないですが、
やっぱり緑っぽいなぁ。
ADAの水槽がいかに透明か、
改めて実感する今日この頃です。

90cm運用まではまだまだ長い道のり。
その間、60cm水槽は、

水草ジャングル。
流木島に植えてあった、
ミニ侘び草を水没させました。
これはこれで、ワイルドで良い

お気に入りの白いハナビ。


呼んだ?


餌をあげる前から満腹な、

バンブルビー。
絶対、稚エビ食ってるよ。
レッドビーの。

という感じの60cmでした。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. aquafox

    こんにちは。

    流木も大きくなると出る灰汁の量も多いから中々大変ですね。
    私は最近灰汁が出ても気にならなくなりましたが、やはり灰汁を取り除くためにはブラックホールを使うのが一番効果的かなと思います。
    メンテナンスや交換が楽なように、外掛けフィルターにブラックホールだけを入れてガラガラ回しておくという手もあります。
    モヤモヤは取り出して擦るか、ヤマトなどを入れて食べてもらうのがいいかな。
    バンブルビーはカワイイ姿とは裏腹に強いのですね。

    ( 13:26 )

  2. aquafoxさんへ

    色付き水も、アマゾンみたいでかっこいいなぁ、と思い始めました。
    水草水槽向きではないですけどね。
    やっぱり、ブラックホールですね。
    水槽運営を開始したら、流木の裏に仕込んで、
    流水ホースで水流を当ててみます。

    モヤモヤは、エビがいいのですね。
    そういえば、ブランチウッドの時に、
    チェリーシュリンプが大活躍したので、
    今回もエビさんに頑張ってもらうことにします。
    3cmルールがあるので、ミナミにしますが。笑

    バンブルビーは結構凶暴です。
    我が家のは、世間で言われるほどではないですが、
    そこそこ縄張り意識もありますし、
    口にはいるサイズで動いているものなら、
    ガンガン食いつきます。
    満腹中枢が麻痺しているのか、
    お腹パンパンでも食い続けますね。
    腹を減らすと、悪さをするので、
    頻繁な餌やりが日課になりました。

    ( 22:36 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。