上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




配水用のポピーグラス。
そこまでのパイピングを、
見える範囲で
アクリルパイプにしているのですが、

汚ったない~。

ポピーグラスの汚れも気になりますが、
アクリルパイプの汚れもかなり気になる。
コケですよね。コレ。

同じアクリルパイプでも、
キャビネット内の日に当たらない部分は、

汚れてはいるけど、コケは無し。

うーん、
光を通さないパイプにしよう。


オールステンレスパイプ。
巻きステンレスは、
スチールの周りに
ステンを巻いたものなので、
オールステンが必須です。


パイプカッターで切断し、

バリを取って完成。


早速取り付けました。

接続部分は、シリコンホースですが、
クリアホースでもいいかも。

ポピーグラスも綺麗になりました。

こうなると、
吸水側もステンレス化したいですが、
あちらは、曲げないといけないので…。

うまく曲げることができるでしょうか。


オトシンのお腹って、

おたまじゃくしと同じで、
内臓が透けてる…。グロい。

葉っぱを、

腹のヒレで掴む。
カワイイ。

ゴビー師匠、

飯食い過ぎ。
水面の浮遊餌を食べることを覚えてから、
周りを蹴散らして食いまくり。
しかも、稚エビやら、ミジンコやら、
四六時中 食べてるみたい。
お腹こわすよ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. もうゴビーちゃんではなくゴビーさんですね。
    しばらく見ないうちにゴツくなっててびっくりしました。
    ポピーグラスって汚れやすいですよねー
    昨日ハイターで綺麗にしようとしたのですが、取りきれなかった・・・。

    ( 17:11 )

  2. ななすけさんへ

    ゴビー師匠は、4匹とも健在で、
    稚エビキラーと化しています。

    ポピーグラスですが、
    パイプ形状が単純なので、
    パイプブラシで綺麗になりますよ。
    一般的なパイプ掃除用は、スプリングなどで出来ていて、
    硬めで、押し込んで掃除する形ですが、
    スドーのおそうじブラシホース用なら、
    ひも部分から差し込んで、
    引きながら掃除できるので、
    無理な力も掛からずグッドです。
    汚れのひどいところは、
    小刻みに抜き差ししながら洗います。
    数百円なのでお試しあれ。

    ずいぶん使って、毛がへたってきたので、
    今度、アクリル毛糸に改造して見ますね。

    ( 23:07 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。