最近、カワコザラガイの数が少ないなぁ。
っと思っていたのですが、
決定的瞬間に遭遇!

張り付いているカワコザラガイに
しがみつくチェリーシュリンプ。

しつこいツマツマ攻撃。
あっ、外した!

あの吸盤を外した。
スポイトじゃ吸い取れないほどの吸盤を。

カワコザラ持ってった!
レッドチェリーシュリンプって、
カワコザラガイを食べるのか。
潰して落としておいたりしたので、
味を覚えたのかな?
もしくは、
苔が全くない水槽だし、
浮遊餌は落ちてこないし、
アオミドロはまずいし、
カワコザラガイでも喰うか。
ってことなのかな?

かっぱえびせんのポーズ。




ハナビの幼魚がやってきたので、
ブラインシュリンプを
久々に沸かしました。

浮遊餌に慣れていたので、
ブラインシュリンプはいらない感じでしたが、
沸かしてしまったしあげることに。

いつものフィルターで濾して、
流水で洗ってからあげます。

やっぱり、ブラシュリは人気だなぁ。

スポイトであげるので、
食の細めな魚にピンポイントで
あげられるのはいいですね。
つぎは、お前にあげるぞー。って。

スポイトや腕に慣れてくれるという
メリットもありますね。
小さいうちから腕の影に慣らしておくと、
懐っこい魚になります。
あと、餌をあげる時にコンコンって、
水槽を叩いておくと、
それを覚えます。

せっかくなので、

稚魚にもおすそ分け。
まだ大きすぎるかと思いましたが、
食べましたねー。
お腹がブラシュリ色です。

ママさん。

そろそろ産卵のようで、
水草の茂みに出たり入ったり。

うまく稚魚を捕獲できるかなぁ。
敵は"何でも食べます"ゴビー師匠。



次回予告
活き活きアオミドロ生活 第8話
「肥料てんこ盛り実験 パート1」
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. カワコザラガイ、食べるのですか?
    (水槽内で潰すと餌になるとは聞いたことあるのですが・・・)

    私もハナビの幼魚にブラインシュリンプあげてました。
    ハナビって、思っていたよりも縄張り争いが多かった気がしますが、どうですか?

    ( 14:52 )

  2. SUSさんへ

    美味しくいただきました。

    うちのハナビですが、5匹程度で飼育しているときは、
    かなり縄張り争いが激しかったです。
    自分のテリトリーがはっきりしているようです。
    20匹以上になると、
    1匹ごとのテリトリーを確保できなくなるのか、
    群泳するようになりました。
    が、どうしても尾びれをつつかれる固体が出てきます。
    特定の固体が突っつかれ始めます。
    この辺りは、抱卵個体もいるので、
    生殖行動に関係するところもあると思っています。

    ( 23:43 )

コメントの投稿