上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





エーハイム プロフェッショナル3e 2078

を導入しました。

エーハイムって、昔から知っているけど、
自分が使っていたのは500。
シンプル・お安い だけに、
かなりチープな作りです。
(ぜんぜん問題ないですけどねー。)
「エーハイムって○○だよね~。」
ってオフ会とかで語るには、
エーハイムの上位機種を使ってからでないと、
エーハイムさんに失礼だよなぁ。って。

2078はポンプ流量が、
780~1850L/hと可変なので、
現在の90cmはもちろん、
例の180cmにだって使えるぞ!
大は小を兼ねまくるはずです。

ろ材容量だって8.6L、
ろ過槽容量は14.5L、
サブフィルターなんていらないのさ。

なにより、内臓のプレフィルターだけを
掃除したい場合、

ホースをガチャリと外して、
タンクを開けられる。
コンセントだって、

プラグ式で外せる。
これって、便利じゃない?

まぁ、そんな理由は後付けで、
ただ単純に、機械萌えしただけです。

デデーン!

でか、でかっ、むっちゃデカ!!
もはや椅子!理科室のイス!!
エーハイム500が水筒に見えます。

無理やり突っ込んでパイピング。

ホース内径が、16mmなので、
ポピーグラスたちに合わせるべく、
異径ジョイントで12mmに変換しました。
ホースが細くなったため、
流量をあげると、
なんか詰まってない?
って感じで、エラー表示が出ます。
我が家の場合、3段階目 1000L/hまでは、
問題なく使用できますが、
4段階目の1120L/h以上はエラーで
流量が上がりません。
ちなみに、運用は1段階目の780L/hで
充分足りるので実害はありません。

なんか機能もいっぱいついています。
すでに挙げた流量コントロールの他に、

ろ材が汚れて、流量が減ってくると、
自動的にインペラーの回転数を上げて、
流量を維持する機能。
これはいいですねー。
常に一定の流量を維持できるってことですね。

10秒おきに、流量を変化させて、
海のうねりのような水流を再現する機能。
ただし、流量MAXとMINの繰り返しなのが残念。
任意の流量で設定できるなら使いたかった機能です。
USBでパソコンにつないで
設定を変えられるらしいので、
そこで変更できるかな?
(国内未対応だそうです。)

12時間ごとに任意の流量に変更する機能。
昼間は強く、夜は弱くなんて感じです。
現在は流量1で24時間運転ですが、
将来的には、昼間は流量2に
設定したいと思います。

ろ材の交換時期を知らせる機能。
試しに押してみると4ヶ月後だそうです。
おそらく、純正のろ材を
セットした状態での流量の変化をもとに、
計算していると思われますので、
ホース径を変更したり、
ろ材を好き勝手に突っ込んでいる自分には、
あまり参考にならないお知らせでしょう。

エアーがみを自動で解消する機能
すごい勢いでポンプが回り出します。
この時ばかりは、エラーを無視して、
MAX流量で排出されているように思います。

ほかにも、エラーをパネルに
表示してくれたります。
かしこい子だなぁ。

ちょっと困ったのが、
1日に一回、1分間、流量検知のために、
1350L/hで運転されちゃいます。
当然のことながら、
水槽からの排水流量が変わるので、
ジェットパイプに装着してある、
油膜取り器が使えません。
1分間エアーかみまくりですから…。


気になっていた動作音ですが、
流量3だと、やや気になります。
が、モーター音というより、
ファン音に近い音なので、
意外と不快になりません。
流量1だと、静音化した500以上に静かです。
キャビネットの扉を閉めれば、
まさに無音です。
これはいいですねー。

それから、形状が四角なので、
当然パッキンも四角です。
蓋を閉めるときに、
少し気を使わないと、
水漏れしちゃうことがあります。
ろ材を入れすぎても水漏れします。
漏れた水は、
一度受け皿に溜まり、
その後フレームを伝って
足元に流れ出すので、
受け皿部分で漏れがないか確認しておけば、
大惨事にはならないという、
素敵な機構となっていました。

本体の奥行きが265mmなので、
正味280mmは無いと、
キャビネットには、収まらないので、
キャビネットを改造しました。

8cmも前にせり出してしまい、
ちょっと不恰好です。
後ろの壁をクリ抜けば…、
いや、それは禁断の秘技だ。


メンテナンスツールキャビネットは、
右に移動しました。
エビ水槽は、まだ未完成なので、
見なかったことにしてください。
今回は、改築で資金0円のため、
上部を隠す板の予算が…

出っ張ったのを逆手に取り、
上部にカウンターを新造。

パレットやビーカーを
ちょいと置くのに便利です。
素材はウッドデッキの余り物、
ウリンを使用し、
あえて無塗装としました。
ウミホタルのデッキ材で有名な木材で、
アイアンウッドとも呼ばれ、
非常に水に強い材料です。
色合いや密度が自分好みで、
とても気に入っている木材です。

運用からまだ2日足らずでの感想は、
2078は25000円程度と、
非常に高価なフィルターですが、
その機能と静音性、
消耗品の入手しやすさ、
アフターサービスを考えれば、
悔いのない買い物だと思っています。

試験勉強を頑張った、
自分へのご褒美でもあります。
(結果はまだ発表になっていません。)
本当はマクロレンズを買うために
貯めていたお金なんですが。

自分なりにダラダラと書き綴ってみましたが、
導入を検討している方で、
なにか気になっているところがあれば、
ご質問ください。

エーハイム、ADAと同じぐらい好きです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. モッチ

    ものすごいフィルターを導入されたんですね!
    180cmまで対応出来るなんて…
    もう僕もアクアレベルが上がってきたので、フィルターだけで興奮できるようになってきました
    そのフィルター、最高に格好良いです!

    ( 01:13 )

  2. モッチさんへ

    この先、長くアクアを続けて行きたいので、
    思い切って奮発して見ました。
    嫁さんは、好きだね〜。ってあきれてました。
    この無骨なデザインかっこいいですよねー。
    盛りだくさんの機能もなんか魅力的です。

    エーハイムのフィルターを見るといつも思うのですが、
    どうせキャビネットにしまうのだから、
    透明のケースにしてくれればいいのにって。
    そしたら、汚れが一目瞭然なのに。
    あ、でも、ろ材カゴも透明にしないと見えないか。

    ( 01:27 )

  3. ツルエビ

    おはようございます

    プレゼントの件ですが、LEDライトなんて厳しいですよね?

    プレゼントリストみたいのがあれば分かりやすいかも(^-^)
    水草も良いなぁ♪

    色々ワガママ言ってスイマセン(;^_^

    ( 05:10 )

  4. 2078と迷って2080にしたんですが…
    失敗だったかなぁ。

    流用に手を焼いています。
    シャワーパイプでは制御できず、
    ○○○の○○○パイプを注文してしまいました。
    効果が出るといいのですが…

    ( 07:59 )

  5. 朝、お弁当を作る前に、サラっと読もう~と、来てみたら
    ガッツリな内容だったので、ゆっくりになってから再度、読み直しにきました☆
    賢いフィルターがあるんですね~・・・知りませんでした。(知ってても活用しきれないけど)
    毎回、感心するのは、格好良く隠したり、見せたりが上手いですよね~!!
    あんまりスマートだから、参考になりません~(泣)
    でも、アイアンウッドはチェックしときます。(キッチン用に・笑)

    ( 11:20 )

  6. 私はキャビネット内にフィルターを入れるので信頼性の高いエーハイ派なのですが、こういうハイテク品は一つも持ってないです・・・全部、クラシック・・・理由は欲しいけど高いからです(笑)

    デッキ材の木・・・これまた高そうな木ですね。
    長く使うと艶が出てきて更に良い感じになりそうですね。

    ( 20:11 )

  7. すごい、こんなにすごいフィルターがあるなんて知りませんでした!
    流量を変えられるなんて500を使ってる僕からするとうらやましい限りです(´o`)
    さすがはエーハイムですね。
    ちなみに創設者のエーハイムさんは最近亡くなったらしいです、残念ですね

    ウリンいい木材ですね、無塗装でこんなに味わいがあるとは

    ( 21:03 )

  8. 流量変化とはいいですねぇ
    潮の満ち引き的な事もやってみたくなるー
    渦潮てきな感じとか~
    淡水だけど色々想像しちゃいますね^^

    ( 21:44 )

  9. こんなお利口なフィルターがあるんですね!
    今の私には縁のないサイズなので、まったく知りませんでしたが、
    読んでいるだけで興奮してきますね!
    私も海水水槽に波を立てたーい!!!

    ( 01:43 )

  10. ツルエビさん・zinさん・kotoriさん・SUSさん・amoさん・きなこさん・sat-masさん

    ツルエビさんへ:
    LEDライト作れますが、
    素人が作った電気製品を100Vコンセントに刺すのって、
    ちょっと怖いですよねー。
    自分も保証ができないのでNGかなぁ。
    ミクロソリウムの十字とスーパーナローに子株がついたので、
    その子らと、ボルビと獅子葉、ミニミニ流木4つをつけて、
    着生系陰性植物4種セットでいかがでしょう?
    あれ、今確認したら、ほとんど持ってますね。
    あとは、赤系の有茎草、チドメ、ナナプチぐらいしか、
    差し上げられる状態のものがないですー。
    詳しくは、メールにて。
    とりあえず、メールフォームからメール送っておきました。

    zinさんへ:
    2080ハイパワーですねー。
    コックなどで絞ると、モーターに負担がかかったりするんでしょうかね?
    うちのテトラの外部フィルターは、絞って流量調整してね。って書いてありました。
    謎のパイプ楽しみにしていまーす。

    kotoriさんへ:
    賢いフィルターでしょー。
    そのうち、自動で洗浄できるようになるんじゃあないかなー。
    まつ毛パイプ大爆笑しました。
    あの発想に脱帽です。

    SUSさんへ:
    エーハイムの良いところは、
    安価な製品でも安心して使える品質でしょうかね。
    余ったフィルターで、水槽がまた立ち上げられるなぁ。
    なんて、微塵も思っておりません。はい。
    そうなんです、ウリンって、すごく高いんです…。

    amoさんへ:
    フィルターのフタを開けられるっていうのが、
    とてもいいです。
    運転止めて、コック絞って、フタ開けて、
    スポンジフィルターだけ交換する。
    キャビネット内に設置したままで。
    これをやりたかったんですよー。

    きなこさんへ:
    流量調整を、モーターの回転数で制御しているので、
    コックで絞った場合のように、モータに負担もないですし、
    モーター音も、消費電力も、比例して落とせますね。
    それにしても、値段が高い…。涙

    sat-masさんへ:
    さすがにデカすぎて焦りましたよ。
    30cmキューブを縦に2個ですからね。
    海水水槽で波を再現したら、
    海藻や、イソギンチャクが揺らいで素敵でしょうね。

    ( 17:51 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。