上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




水草水槽とは切っても切れない設備、
それがCO2の供給システムです。

自分の水槽には、モスしかいないので、
別になくてもいいんですが、
ちょっと興味があります。

と言っても、
自動で添加するものは1万円以上しますし、
CO2ボンベ代も高額です。

植物は光合成で酸素を出すわけですが、
生き物ですから同時に二酸化炭素も出していて、
光が当たっているうちは酸素の方がはるかに多く、
夜になれば二酸化炭素の排出量の方が多くなります。

ということは、ライトのタイマーに連動して、
電気的に止めるコックが必要なわけです。
ホームセンターの工具売り場で、
エアーツール関連のパーツを揃えていけば、
熱帯魚用よりもはるかに安く揃うでしょうが、
それでも高価なことには変わりません。

ペット屋さんで、
手動で安価な、かつ単純な方式のものを見かけたので、
どのぐらいCO2が溶けるものなのか試して見ることにしました。


水作 CO2添加セット

筒の中にCO2を満たして、
自然と水中に溶けて行くのを
待つシステムのようです。

試すのにはこれでも高価なので、
交換用CO2だけ購入。


メスシリンダーを利用し、
CO2がどのぐらい溶けたかを測れるようにします。

水と接する表面積に比例するのかもしれませんが、
1cm程度の円の面積でどのぐらい溶けるのかも興味深いです。


水槽の淵にかけられるように、
アクリルの端材で作成しました。


昼の間、設置して10mlほど溶け出したようです。

うーん、この程度だと、
添加していないのと変わらないのかな。
もう少し太い筒で試して見る価値がありそうだけど…。

とりあえず、10ml程度を朝に供給すれば、
夜までには無くなるので、
供給を止める動作はしなくて済むかな。


昨日トリミングしたモスをいれて、
ビーカーでも試して見ました。

こちらも10mlほど溶け出しましたが、
水の量が少ないので、
CO2の濃度は断然濃いと思われます。
モスからも気泡が確認できました。

大きな水槽で自然溶融型の添加を行うとすると、
相当な気積のパイプが必要になってしまうので、
ボンベをつないで添加しているのでしょうね。

CO2必須の水草を生やしたくなったら、
ホームセンターでエアーツールパーツを
漁ることにしますが、
自分、水草よりも苔が好きみたいです。

でも、パールグラスやリシアにも憧れるなぁ。







何かが発生しているらしく、
エビが大量に群がっています。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。