上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




用語解説

ヤマト師匠:コケを一網打尽。
水草水槽の救世主にして必需海老。

ヤマト先輩:コケなんて食ってられるか!
俺たちは人工餌をむさぼり食う!
誰にも止められねぇぜ。


やはりヤマト師匠の存在は偉大であります。
先日の記事の通り、
マクロレンズで撮影しないと見えないほどに、
緑藻は駆逐されました。

そこのあなた、
水槽内にヤマトヌマエビが
いっぱいいるからといって、
安心してはいけません。
もしかしたら、
あなたの水槽にいるヤマトヌマエビは、
すべてヤマト先輩かもしれません。
心当たりのある方は、
明日の朝、ショップに行って、
ウンチラインの見えない
(ウンチラインとは、
エビの背中に見える
ウンチの詰まった線のこと)

ヤマトヌマエビを買い足してください。
師匠がいれば、
先輩も改心して働き出すはずです。


ところで、
コケや藻がなくなれば、
当然のことながら、

食害が起こります。
水草が食い散らかされるのです。
まぁ、これに関しては
今回は深く触れないでおきましょう。

今日の記事は、
ヤマト師匠→ヤマト先輩
この変貌の過程を追って行きます。

購入時のヤマトヌマエビは、
ショップで適度に
腹を空かせた状態で維持されており、
ウンチラインも破線または一点鎖線です。

この状態はいわゆるヤマト師匠であり、
水槽にいれるなり、コケの類を食いあさります。
しかしながら、
師匠が師匠で居続けるわけではありません。
ある日を境に、師匠は先輩へと変貌します。
大和沼海老珍走団結成です。

そのキッカケは何でしょう?
調査によると、
飼い主からの愛情を
感じられなくなった日の3日後か、
人口餌の旨さを知った翌日からです。

愛情は昔のアルバムなどを見返して、
もう一度あの頃を思い出せば解決しますが、
旨し餌の誘惑に負けた先輩を、
緑藻キラーに戻すのは、非常に困難です。
そう、ニコチン依存は軽減できても、
完全に無くすことはできないのと同じです。
飲みに行った次の日から、
またタバコを吸い始める彼を思い出せば、
みなさんも納得するでしょう。

ご覧ください、

水面の人口餌に群がる先輩達を。
水面に誰よりも早く到達しようと、

見苦しくもがくこの姿を。

こうなったら、水槽内での治癒は不可能です。
この事例でも、沈下性の餌は避け、
ヤマトヌマエビへの人口餌の
供給はほぼ皆無な状態を維持しましたが、
その匂いにつられ、
やがては水面から餌を強奪するに至りました。

被害者ハブロースス

「沈下性の餌が来なくなって、
ずいぶんと過ごしづらくなったよ。」


ペットに餌をやる。
至極当然の行為ではありますが、
水草水槽を維持するにあたって、
ヤマトヌマエビは管理要因。
コケを食べてくれるものとして
お招きしております。
これは揺るぎない事実なのです。
(ヤマトヌマエビ愛好家の皆様には、
何とも信じ難いことでしょうが、
これは水草愛好家の多くが、
思っていることだと
当社の調べで判明しました。)

では、先輩化したヤマトヌマエビを、
師匠に浄化するにはどうしたらいいのか?
そう、ヤマトヌマエビ水槽を
立ち上げればいいのです。
ヤマトヌマエビだけを飼育し、
餌の量をコントロールすることのできる水槽を。

我々は、メイン水槽を維持するのに、
みずくさストック水槽を立ち上げて、
換水用水だけ水槽を用意して、
ヤマトヌマエビ更生施設を立ち上げる。
いったいいくつの水槽があれば、
メイン水槽は維持できるのでしょうか?


はやく、ヤマト師匠レンタルサービスを
立ち上げて欲しいものです。
腹ペコ師匠、
7泊8日、
10匹単位でレンタルいたします。
なお、レイアウトコンテスト直前は、
混雑が予想されるため、
割り増し料金とさせて頂きます。
返却時に便利な、
ヤマトヌマエビ捕獲罠も
同梱しての配送となります。

ヤマトヌマエビ愛護協会に
訴えられそうになったら、
この記事は削除します。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. こんばんは、

    すごく、面白かったです。
    夜中なのに、爆笑してしまいました。
    えびをやっている人たちは、水槽立ち上げ時に、エビを入れても大丈夫かどうかの、
    パイロットとして、水槽に入れます。
    うちは、今、やまとくん人海戦術実行中です。

    早速、リンク、貼らせて頂きました。
    私も、解らない事など、質問をしたいと思っていますので、
    宜しくお願いします。
    新しいお仲間が出来て、心強いです。

    ( 01:59 )

  2. ブラボー!!
    ヤマト愛を感じます。

    このレポートにより弊社水槽を観察いたしますと、
    確実に「先輩」のレベルまで達しております。
    現に大型ヤマト師匠、いやヤマト先輩は収容所に
    1ヶ月も入れられたままです。

    ヤマトレンタル。北海道への輸送は影響ないでしょうか・・・

    ( 08:10 )

  3. おはようございます。
    朝から楽しい記事で仕事するのが嫌になりました。
    ヤマト専用ドック、立ち上げたいですね~
    そこで充分調整して、新たに放射能除去・・・ジャナカッタ、藻苔除去のミッションに就いていただきたいです。

    ( 09:58 )

  4. kotori

    どうやらウチの師匠5匹たちも、先輩になっているような・・・
    ヤマトエビ更生施設。必要かもしないです。
    どのくらいの期間で先輩は師匠に浄化されるのか?気になるところですね。

    ( 16:10 )

  5. うちのヤマトは師匠なのか、先輩なのか、どっちだろうなあ。
    今のところ無事に苔がでてないのがヤマトのお陰なのかがはっきりしないので、アオミドロが出てるキューブ水槽に数匹移動して確認してみます。

    ( 18:34 )

  6. ほかにもサイアミーズ・フライングフォックス先輩もいます。
    ヤマトヌマエビとサイアミーズ・フライングフォックスに関しては餌をまったく与えないように育ててます。

    他の魚に餌をあげるときは極少量づつあげ、エビやフライングフォックスがきたら終了です。
    しかしこれで対処できるのは一般的な魚だけで、コリドラス類等の底モノ系はムリなので
    水草水槽のときは底モノをあきらめるしかないですね。

    ( 23:50 )

  7. 333ばんきん

    麗さん・ハニさん・yossyさん・kotoriさん・ミネさん・はげじゅうさん

    麗さんへ:
    ヤマトヌマエビは、いろんなところで、
    いろんな需要があるんですね。
    偉大です。
    リンクありがとうございます。
    また、詳しく教えていただいてとても助かりました。
    現在、鋭意勉強中&資材準備中です。
    私でお役に立てるかは不安ですが、
    ドシドシご質問ください。

    ハニさんへ:
    残念ですが、ヤマトレンタルは
    バケツで持ち帰るシステムだそうです。
    活きの良いのを自分で掬って、
    マイバケツか、金魚すくい袋で持ち帰るそうです。
    マイバケツを持参すると2円引きだそうです。

    yossyさんへ:
    いっそのこと、汽水域も用意して
    繁殖もさせてしまいましょうか。
    でも、本気でヤマト水槽を立ち上げちゃおうかと思っています。

    kotoriさんへ:
    更生の判断は、やはりウンチラインでしょう。
    ウンチラインの色合いや、
    一点鎖線っぷりで判断するのがいいと思います。ウソ

    ミネさんへ:
    アオミドロを採取して、
    丸めて転がしておくと、
    師匠はついばみます。
    先輩はガン無視です。

    はげじゅうさんへ:
    餌やり難しいですよね。
    うちのハナビは、成魚から幼魚まで混在しているので、
    一気に大量にやらないと、
    幼魚まで行き渡らないし、
    餌が少ないと喧嘩して尾びれが食われる…。
    水面のエサを貪るようになったら、
    別水槽行きでしょうかねぇ。
    幸いなことに、コリドラスハブローススは、
    何かを勝手に食べているようで、
    元気に育ってくれています。

    ( 22:42 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。