上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




とあるみずくさの種を
分けてもらえるというので、
栽培環境を構築しました。

といっても、
植物を種から育てるなんて、
小学校での朝顔以来。
夏の暑さで土壌乾燥が起こってはいけないと、
腰水栽培を採用することに。

とりあえず、
早めに切り上げた仕事帰りに、
100均で資材調達。

ワイヤー棚、小物ケース、鉢底ネット
で315円なり。

それぞれ、台所、文房具、園芸コーナーから
探し出してきた割に、

ピッタシなサイズですな。

小物入れは、底に穴を開けます。

プラ製品は、ドリルで穴を開けると、
割れる確率が高いので、
ハンダで溶かし開けです。
この際に出る煙は、
たぶん有毒なのでご注意を。

このぐらい開ければいいだろうか。

園芸土は、水槽にいれても問題ないよう、
ソイルを使用。
"ホームセンターアクアリスト"御用達の、
水草一番サンド パウダーです。

しかも処分価格。ラッキー。

ズサーっと入れて、

そのまま洗って設置。
うちの浄水器は塩素除去立が高いので、
蛇口からの水で洗いました。

引っ掛けるのは、エビ水槽。

この水槽はソイルだし、
育った水草はこの水槽に植える予定なので。


上部鏡板をはめると
ほとんど見えないけど、
まぁいいか。

ん?
右の網ですか?

ヤシャブシとキューちゃんが入っています。
両方頂き物ですね。
ヤシャブシはさすさんから頂いたもの。
ほんのり水が色付きます。いい感じ。
キューちゃんは、エビと共に、
お隣さんから大量に頂いたので、
使わなきゃ勿体無いと投入。
今までアンモニアは検出されていないので、
投入する必要はないのですが、
とにかく余っているので。

むむ?
なんの種を植えるのかって?
それは到着したらのお楽しみ。
田んぼでよく見かける葉っぱです。


ホームセンターでも、
ハイドロカルチャー苗が
販売される季節になりました。
意外な葉っぱも売られていたりするので、
普段行かないホームセンターを見つけたら、
ちょっと寄ってみると面白いですよ。




GEX 水草一番サンドパウダータイプ 2kg



アンモニア吸着材 きゅーちゃん 3L

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. こういうのちゃちゃっと作っちゃうのはさすがです!
    しかし、何を植えるのか…田んぼでとよくみかけるはっぱとは?
    気になりますね…楽しみにしてます

    ( 23:57 )

  2. Honeyjapan

    これはまた見たことないものを!!
    発想がすごいですね、相変わらず。

    田んぼの葉っぱって


    稲!?

    ( 00:22 )

  3. やっぱりそうですよね、そうなりますよねw
    完璧な栽培環境ですね(^^)
    続報も楽しみです。
    どんな草がどんな風に育つのか。
    こういうのってワクワクしますねw

    ( 06:11 )

  4. kotori

    田んぼで見ると言えば…種と言えば…れ、れんげ?
    水槽で咲いたら可愛いかも~♪

    どんな水草が育つのでしょう。わくわく

    ( 10:23 )

  5. ななすけ

    たんぼ。。。たんぼ。。。
    わかった!ショートカットなんちゃらですね!
    シュっとしたストレートな髪が綺麗なあの子ではないですか?
    水草って種からのイメージが全然ないので、つづきを楽しみにしています。

    ( 21:38 )

  6. 333ばんきん

    Sakさん・Honeyjapanさん・ほんだしさん・kotoriさん・ななすけさん

    Sakさんへ:
    作ることよりも、使えそうな部材を見つけてくる方が大変です…。
    今回は、一店舗でまかなえたので、うまく行きましたね。
    何が出るかはお楽しみ!
    芽が出なかったら、なかったことにします。

    Honeyjapanさんへ:
    そうなんですよ。水耕栽培で稲の苗を育てようと思いまして。
    来年には庭に水田が…って、ちがーう!

    ほんだしさんへ:
    ちょっとハマってきてしまいまして、
    今日は、小さな素焼きの植木鉢をいっぱい買ってきました。
    今回のは、最終的に水草になりま〜す。

    kotoriさんへ:
    レンゲ可愛いですねー。
    ていうか、家の周りじゅうレンゲだらけですから、
    わざわざ栽培することナーイ!
    今日、種を頂けたので、さっそく蒔きました。

    ななすけさんへ:
    日本名はマツバイかな?
    短いのはチシママツバイと言って、
    絶滅危惧種なんだそうですよ。
    (日本名はしっかり思えられる。)
    今回育成するのは、
    日本にも生えている一族ですが、
    外国産のものです。

    ( 23:42 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。