上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




加藤水槽さんの連載しているDIY記事を見たら、

AQUA LIFE 2013年 08月号 送料無料

今や照明はスタンドタイプの時代だ!
と感じ、
DIYにチャレンジ!
パイプ内に配線をいれる方法もあるよって事で、
今回はそちらに挑戦です。

内部が濡れることもないだろうと、
予算を抑えるために巻きステンレスをチョイス。

縦軸と横軸の2本です。

配線の逃げを作るため、
グラインダーで削りました。
巻きステンレスは、
パイプカッターで切り込みを軽くいれ、
加工部周辺のステンレスだけ剥いでおくと
あとあと楽チンです。

9.5mmの巻きステンレスを、
潰さずに曲げるのは至難の技なので、
曲がる部分は、タモで作成。

柔らかい木材だと、
直角を保持できないし、
硬すぎる材料だと、
パイプを適度に保持できません。
タモは白すぎるので、
ステインでこげ茶に塗装しました。

ヘッド部分もタモで作成。

配線を引き込めるように加工しました。
また、LEDスポットの放熱に
支障がない程度に被る形状としました。

これらを組み合わせて完成です。
足元は、記事を参考に、
穴で保持する形状とし、

水槽の下駄履かせ棚に差し込みました。
もちろん配線も下駄台の中に隠しました。
スタンドは、この部分で回転します。


新旧LEDスポットです。
旧型は露出配線になっていたのと、
スポットを吊り下げていたので、
新作はずいぶんとスッキリしました。


ちょっと角度が違いますが、
この程度なら、足元の差し込み部で
微調整して修正できます。

アクアスカイとの併用で、
恐るべしパワー!
CO2も添加開始したので、

キューバパールから気泡がー。

大量~。

やったね。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. おはようございます。
    LED照明と木材の接合部はどうなっているのでしょうか。
    穴を少し小さめに開けてそこに差し込んでいる感じですか?
    水槽前のビールが楽しさを演出してますね。
    テレビジョンのレモンの役割みたく見えました(笑)

    ( 06:27 )

  2. さすがばんきんさん、自由自在ですね。
    この夏一個くらい何かDIYやりたいなあ。

    ( 07:57 )

  3. お子様の夏休みの宿題で工作はあるのでしょうか?
    手伝ったらダメですよ!すぐにバレますからw

    ( 16:58 )

  4. 333ばんきん

    masafi1015さん・ミネさん・zinさん

    masafi1015さんへ:
    ヘッド部分は、ちょうどの大きさにくりぬいて、
    芋ネジ1本で固定しています。
    配線も入っているので、落下は大丈夫のはずです。

    ミネさんへ:
    夏といえばDIYですからね。
    どんどん作って行きますよー。

    zinさんへ:
    息子は6年生ですが、
    大人の科学とか一人で組み立てちゃうので、
    自分が手伝うまでもないようです。
    まぁ、工作の宿題は無いんですが。笑

    ( 09:19 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。