上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




写真について幾つか質問がありましたので、
記事にしてみました。

※カメラについては、独学なので、
理屈や用語が間違っているかもしれませんが、
ご指摘いただければ修正します。


自分の場合、マクロレンズは高いので、
クローズアップレンズなる
フィルターでごまかしています。

600円から3000円ほどで、
手持ちのレンズの前に装着すれば、
近接撮影が可能になります。
逆にいえば、近づかなければ撮れなくなります。

いくつか持っているので、
覚書も兼ねて写真を載せておきます。
いずれの写真も、ピントの合う
ギリギリの距離まで近づいて撮影し、
各種設定はオートでカメラ任せです。
ブログにアップする時と同じく、
画質を補正していますが、
同レンズでは補正値を統一しています。

以下の写真の、
レンズ55mm-f5.6は、NEX5純正の18-55ズーム。
レンズ80mm-f5.6は、CANONの28-80ズームに、
NEX変換アダプターを使用して装着したものです。

被写体は貝ですが、
後ろにエビの亡骸が写っております。
が、深度の比較にちょうど良かったので、
最後のお仕事として写ってもらいました。


レンズ55mm-f5.6 クローズアップ+2


レンズ55mm-f5.6 クローズアップ+2 & +3


レンズ55mm-f5.6 クローズアップ No10


レンズ55mm-f5.6 クローズアップ+2 & +3 & No10


レンズ80mm-f5.6 ノーマル状態


レンズ80mm-f5.6 クローズアップ+2


レンズ80mm-f5.6 クローズアップ+2 & +3


と言った具合です。
NEX5の18-55mm ズームレンズで、
55mmの時はレンズ先端から15cmぐらいの接写ですが、
+3装着で10cm、
No10装着で5cm、
+2、+3、No10全部重ねて装着して3cm
の接写ができます。

3cmまでの超接写では、
ガラスのそばで静止している、
エビや貝ぐらいしか撮れませんが…。
5cm接写だと、水槽前面で泳ぐ魚を
捉えることが可能です。

しかしながら、被写界深度は狭くて、
超ピンポイントの距離にしか
ピントが合いません。
もちろん、絞りで変更できますが、
自分の環境の場合、明るさの関係で、
もっとも開いた状態で撮影しています。
各写真の底砂を見比べると、
ピントの合う幅がわかると思います。

マクロレンズは高くてなかなか買えませんが、
+3のクローズアップレンズなら1000円未満なので、
一枚持っていると面白いかと思います。

レンズによって、
フィルターのサイズが違うのでご注意を。
レンズの前面にパイ49mmとか58mmとか書いてあります。
プロテクターをつけている方はそのサイズです。
また、一般的なプロテクターなら、
その上から装着も可能です。










にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. ハニ

    なるほど〜
    高価なレンズを買わなくても接写は可能なんですね〜
    カメラは奥が深いそして深みにはまると出れなくなりそうですね。

    ( 23:15 )

  2. こんなレンズがあるとは!
    接写したいけどレンズは高いから無理と思っていたのですが
    こんなに簡単に手に入るとは!!
    333ばんきんさんに感謝永遠に!

    ( 23:46 )

  3. イマイ

    エビ…

    ( 23:46 )

  4. レンズを重ねることができるんですね。
    近々入手したいです。
    ばんきんさんに近づくために・・・。

    ( 05:26 )

  5. 確かにばんきんさんの画像は綺麗だから気になるな・・・
    わたしは最近、スマホで撮った方が綺麗に撮れるようになっちゃって。。。
    デジカメをいじる時間よりもスマホをいじる時間の方が長いので、なんとなくスマホ撮影のコツをつかんでしまったようです・・・もちろんマクロは無理だけど(スマホ用のレンズあるのかな?)
    これじゃいつまでたってもダメだな。

    ( 08:06 )

  6. ほほう、良い情報ありがとうございます。
    マクロレンズ高いですよね。
    とても参考になりました。

    ( 21:43 )

  7. 333ばんきん

    ハニさん・amoさん・イマイさん・masafi1015さん・さすさん・ミネさん

    ハニさんへ:
    レンズってとても高いので、
    とても手が出ないんですよね。
    実際に撮って見ないと解らないから、
    なおさら手が出ません。

    amoさんへ:
    フィルターが装着できるカメラさえあれば、
    これでずいぶんと幅が広がると思います。
    ズームレンズにも着ければ、
    色々な距離の接写レンズとして使えます。

    ヤマトヌマエビ愛護団体常任理事のイマイ様へ:
    まことに申し訳ありません。
    規約22条6項 死体写すべからず
    に違反してしまいました。
    次回からは気をつけたいと思いますんで、
    ゆるして下さい。

    masafi1015さんへ:
    お手頃なのでぜひ試して見てください。
    用途の幅は広くありませんが、
    きっと面白い写真が撮れると思いますよ。
    あと、私に近づいたところで、
    あまり意味がないので、
    違うところを目指しましょー。

    さすさんへ:
    スマホに貼り付けたりする接写レンズや、
    ズームレンズもありますよ。
    プラのレンズだと数百円から、
    きちんとした筒状レンズは3000円ほどだったと思います。
    いらないケースに貼り付けて使うと便利です。

    ミネさんへ:
    安い割には使えるでしょ。
    +3辺りから試して見てください。
    オススメはNo10ですがちょいと高いので。

    ( 23:58 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。