上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




有茎草が育ってくると、
せっかくのアーチが崩れて、
残念な感じになりますよね。
かといって、
トリミングすると、
スカスカになったり、
茎が見えちゃったりして、
やっぱり残念な感じです。

そこで、1号器では、
以下のようにして有茎草を維持しています。

理想とするラインより2、3cm伸びたら、
その分をカットする。
それを、差し戻す。
差し戻すといっても、
底砂に埋めてしまうと、
当然ながら
有茎草の森に埋れてしまいますので、
森の上に刺します。

底砂に植えなくても
それなりに育ってくれていますし、
有茎草は先端が美しい。
小ぶりで密な先端を、
見えるように使いまわします。

あとは、森の中にビローンと根を張って、
また育ってくれます。

この方法が、
いい方法なのかわかりませんが、
うちの場合、うまく維持できています。
根元は密になりすぎずに、
森の上部を密生させられますし、
頻繁にトリミングして
形状を維持することができます。

でも、スカスカの森だと、
差した先端を保持できず、
浮いてきちゃうので、
最初にある程度密生させておく必要があります。

ある程度 完成型に近づいてきてからの維持方法ですね。



で、1号器ですが、
お手軽維持を目指して、
トリミングついでに模様替えをしました。

流木を拾ってきた石へと変更です。
左と中央の石が不自然ですが、
土留めなので、仕方ない。
もっと小さな石をいっぱい拾ってくればよかった。
石の上に掛かるように水草を育てれば、
それなりに見えるでしょうか。


手前に底砂のスペースを大きめに取って見ました。
水草着生中の流木などを、
沈めてストックできるようにです。


水草ですが、
できるだけゆっくりと育つように、
光量を落としての維持です。

赤みも強すぎたので、
鉄分の添加は中止し、
秋色にしたてている最中です。
現在、液肥添加無し、
底床肥料を月1回 2かけら 追肥です。


この石、青くて綺麗でしょ。

本当ならば、両側の有茎草を、
もっと高い位置でアーチにしたいのですが、
ハナビがメインな水槽なので、
遊泳スペースの維持優先です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. えっ!土に植えないんですか?!
    これは初めて聞きました(>_<)
    土に押し込まなくていいから楽そうですね(^^)
    ちょっと試してみたいと思います!
    一号機レイアウト綺麗ですね(*^^*)
    密生具合が素敵です(^^)
    大したコメントじゃないのに禁止キーワード解除して貰って申し訳ありませんm(_ _)m

    ( 12:03 )

  2. DC

    お初にコメントさせていただきます
    コントラストが美しい、すばらしい水槽ですね!
    青い石は拾ってきたなんて、うらやましい
    水中に沈めてみないと地面じゃ表情がわからないですから、本当にすごい!
    それにしてもADAガラス、キレイだ

    ( 14:58 )

  3. 333ばんきん

    モーリー海老岡さん・DCさん

    モーリー海老岡さんへ:
    成長は遅いかもしれませんが、
    うちではむしろ好都合で、
    この水槽の有茎草、
    1/3以上は、土に触れてもいません。
    まぁ、適当でも、水草ががんばってくれます。

    DCさんへ:
    はじめまして。
    色合いを確認すべく、
    烏龍茶をかけて、
    色合いを確かめながら練り歩きました。
    その地域では価値のない石ころですが、
    場所と用途によっては、
    価値が生まれるというのも、
    面白いものですね。

    ( 01:11 )

  4. 初めまして☆

    その発想いいですね(^^)/
    自分も試して見ましょうかっw

    後季節で色を変える準備??センスありありじゃないっすかぁ(~o~)
    羨ましい☆

    ( 10:19 )

  5. 333ばんきん

    Beeeeマルさんへ

    始めまして。コメントありがとうございます。

    随分の間、この方法で維持していますが、
    先を急がないなら、この方法で充分維持できますよ。
    今回の30cmCUBE陣は、
    長期維持を目指しているのですが、
    水替え以外することがないのではつまらないので、
    ちょくちょく手を入れています。

    ( 00:21 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。