上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





東京のベッドタウンとしては、
やや遠く、かと言って、
避暑地と言うには最高気温の高い、
新幹線だけは留まる街の外れにある、
ホームセンターの金魚コーナーに、
パック詰めで売られていた水草。
ホテイソウは100円なのに、
こちらは400円、
当然のように売れ残っている。
きっと、良質で、
名高い出の水草なのだろうけど、
ホームセンターでは、
誰も気に留めない。
あの人たちの目的は、
クイックルワイパーの替えだったり、
単三電池だったりするのだから。

何と無く気になって、
一つだけカゴに入れる。

それらの斜向いには、
小さな瓶に押し込められ、
高々と積み上げられたベタ、
どれもこちらを見つめ、
やっと迎えが来た、
連れて帰ってくれますよねと、
懇願しているようにも思えたが、
あえて気づかないふりをして立ち去る。
目一杯泳ぎ回れるような、
素敵な水槽をみんなに用意してあげられたら、
どんなに素敵なことだろうと、
思ってはみたものの、
今の自分には到底叶わない事象なので、
彼らに目を合わせることができない。

あゝ、
神が私に、
宝くじの当選という幸福をもたらすのなら、
私は彼らに、
25mの大きな水槽を与えることができるのに。

あなたとわたしの人生も、
あの瓶詰めのベタ達と
変わらないのかもしれないわねと、
右横を併歩する妻が言う。

昨日よりも少し早めに訪れた夕暮れが、
彼らの影をいつもより遠くに
運んでいるのに気づかない二人。
彼らは冷蔵庫の中の食材を思い描き、
夕食の献立を相談しつつ、
買い物客が長く連なるレジへと向かった。



おわり





まぁ、そんな感じで買ってきた水草ですが、
植えてビックリ、
翌日には10cm以上も茎が伸び、

朝昼晩と、水槽内を行ったり来たり。

植えないで浮かせておいても
良いということなので、
いっそぶった切ろうかとも思いましたが、
どこまで伸びるのか、
この目で確かめるのも一興と、
1週間ほど放置して見ました。

ヘッド部分は青々とし、
調子は悪くない。

茎はどんどん伸び、
最背面の底面フィルターパイプ裏から、
水槽最前面へとせり出し中。

このまま伸び続けたら、
水槽内が茎だらけになってしまうかも。
しかも、根元の方から、
葉っぱを随時切り離し、
水槽内に浮遊しまくる。
茎は先端への供給パイプ。
途中の葉っぱはもう用無しと言わんばかり。

でもね、

こっちの水草の、
まっすぐな伸びっぷりの方が、
今は100倍気になっているんだよね。




けふのすいそう

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。