上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




コケさせる実験にて、
過剰な光量で大量発生することのわかった
糸状コケですが、
光量を戻した後は、
その勢いを緩めるも、
ジョジョに奇妙に増え続けています。


これは流石にいかんともし難い事態だと、
第参苔分隊 コードネーム"minam-I"を
招集することに。

"minam-I"を戦場に投入するに当たっては、
あらかじめ準備をしておかねばならない。
そう、攻撃的なグラミー大佐とゴビー曹長の隔離であります。軍曹!

このように特設基地に2部隊を招集し、
"minam-I"が四六時中作戦に
集中できる環境を整備するのであります。
なお、オトシン衛生兵と、
ハブロースス無線係は、
招集の必要はありません。軍曹!


それでは紹介しましょう。
我が軍が誇る最強のコケ駆逐舞台。
"minam-I"です。

なんということでしょう。
ミナミヌマエビとして雇われた彼らですが、
その色は青!
メチレンブルーで染まったわけではありません。
青い遺伝子を強く持ったエリート集団、
それが"minam-I"なのです。
(ただのミナミを買ったのに、
あまりに青くて驚きました。)

戦場に赴く前には、
かれら独自のゲン担ぎ、

"ミ" "ズ" "ア" "ワ" "セ"
"ミズアワセ"
を行います。
時間がかかりますが、
日曜芸人でも見て時間を潰しましょう。


日曜芸人の次回予告も終われば、
念願の派兵です。
邪魔するものがいなければ、
彼らは昼も夜もコケを駆逐しまくります。
そうです、
食べ続けなければ死んでしまうからです。(たぶん)

"minam-I"と比較して、
"yam-ATO"を持ち出す方も多い昨今ですが、
作戦遂行能力にムラのある彼らよりも、
コンスタントに成果をあげる"minam-I"のほうが、
当師団では重宝されていることを
ここに挙げておきます。

偵察舞台として、
もともとこの戦場に潜入していた"nukaeb-I"も、

合流して駆逐を始めます。
その任務の性質上、
普段はほとんどお目にかかれない彼を、
見ることができたのは光栄です。
ぜひ写真を撮っておきましょう。
恥ずかしがり屋さんなので、
盗撮がオススメです。





さて、彼らを派兵してから1週間。
水槽はどうなったでしょうか?
彼らに見つからないようこっそりと覗いて見ましょう。

糸状コケが見当たりません。
まれに見つけられても、
1mm程度の長さで、
その先端は明らかに切り取られています。
まるで鋭利なハサミでツマツマったかのように。
よかったですね。
これで安心して肥料を投下できます。



彼らがいる限り、水槽内の平和は保たれるのです。
ありがとう"minam-I"
声に出す必要はありません。
そっと心の中でつぶやいてください。




[アフターレポート]
ゴビー曹長は、単独行動を好むため、
狭所に複数匹待機させると、
喧嘩を始めます。
気性の荒い軍人です。
できれば、各自が休める隠れ家を用意してあげましょう。

今回の隠れ家は、
お気に召さなかったようで、
尾びれをかじられるものもいたようです。

なお曹長は現在、新設3号器水槽へと
戦場を移して活躍されているそうです。
彼らが"縞々の三連星"として有名になるのは、
もう少し先のお話し。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. かふゆ

    うちもminam-I部隊大活躍です。それにしてもキレイなブルーですね!

    ( 05:47 )

  2. くれいんまん

    ジョジョに奇妙に増えた苔は、スタンドで排除かとおもいきや、
    なんと"minam-I"の登場でしたか!
    あの伝説の部隊の活躍を目の当たりにできてうれしい限りです^^
    うちは"yam-ATO"がいますが、士気が下がってしまい無能な兵士として
    ただ生存しているだけという悲しい末路を辿っております。

    ( 13:07 )

  3. kotori

    yam-ATOよりminam-Iの方が働くんですか…
    …やっぱり。
    ウチのやつら、どうも遊んでばかりで、あろうことか略奪に暴行と好き放題です。
    minam-Iに来てもらおうかな~
    でも、近所のエビ専門店で、yam-ATOとかminam-Iを2、3匹づつ買っていくのもなんだか悪いような気がしてね?

    ( 17:25 )

  4. 青い機体は緑の機体より性能が上なのですね。
    わかります。

    ( 18:12 )

  5. 青い機体、さすがの仕事です(笑)

    ( 00:18 )

  6. 333ばんきん

    かふゆさん・くれいんまんさん・kotoriさん・ミネさん・ひ~さん

    かふゆさんへ:
    青いでしょー。
    これをうまく繁殖させて行けば、
    真っ青なエビの出来上がりですよ。

    くれいんまんさんへ:
    私のスタンド、"黄土色の吊った左手"を発動するには、
    まだ早いと判断しました。
    彼の方に埋め込まれた肉の芽も、
    まだ取れていませんし。
    ATOの意欲を維持するのは、
    我々には難しいようです。

    kotoriさんへ:
    仕事量を平均すれば、minamだと思います。
    ATOをコンスタントに働かせるには、
    相応の努力と設備が必要ですから。
    どちらにしても、数が決めてなので、
    10匹単位(1旅団)での配備をお勧めします。

    ミネさんへ:
    「やつとは違うのだよ。やつとは。
    陸戦用なのに青いのには意味があるのだ。
    ハモン。」
    マクベに意地悪をされて、
    青いMSを1機しかもらえなかったラルの辛さったら…。

    ひ~さんへ:
    ヒートロッドが有効なんでしょうね。きっと。

    ( 23:53 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。