上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




現在、4つの30cmCUBEを、
全て底面ろか&麦飯砂利で維持しています。


底面濾過とはいいつつも、
泡の力で揚水して、
煙突からオーバーフローさせるわけではなく、
気泡で上昇水流を発生させ、
緩やかに循環させているだけなので、
実際には投げ込み式に近い形です。


ちょっと気になっているのが、
300%換水後(注水しながら排水し、
水槽容積の3倍程度の水を入れ替える)
3つの水槽は文句無しの透明度を維持できるのに、
一つだけ、
白濁とまではいかないものの、
背景がぼんやりとしている水槽が
あるのです。


そう、矩流木の3号器です。

自分としては、こんな感じに、
後ろの財宝がクッキリ見えないと、
納得がいかないのです。
そう、透明度フェチなのです。
ちなみにこれは3号器です。

今まで、4号器は、流木からの色素流出で、
ほぼブラックウォーター状態で維持していたし、
1/3換水だからわかりませんでしたが、
他の水槽より、明らかに透明度が劣ります。

陰性植物メインだし、
有茎草もないからかなぁ。とは思いましたが、
明らかに違う点がもう一つ。
これは試して見なくては!

他の3つは底砂が前面で1~3cm、
背面で10~12cmなのに対し、
この水槽は、前面1cmで
背面は多いところで5cm、
少ないところは3cm、
スノコが隠れるギリギリです。
流木レイアウトの都合上、
取り出せるようにと
底砂を最低限にしていたのです。
この薄い底砂が、バクテリアの定着を阻害し、
大量換水後にバクテリア不足に
なっているのではと。

とりあえず、
家に残っていた砂利を、
追加して様子を見てみることにしましょう。


メダカの特選麦飯ジャリ 5kg 送料込


それから、今度立ち上げる5号器は、
(一応、最後の水槽の予定?)
砂利を変えて、
溶岩石で立ち上げてみようと思います。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。