みなさんの20thメンテナンスツール、
どのぐらい育ちましたか?
自分のピンセットは、あと一息で完成です。

購入当初は真っ黒だったピンセットも、
コツコツと日々使い続けることにより、
ピカピカの銀色へと変化してきました。



やっぱり、ADAと言えば、
ピカピカのステンレスですよね。



黒バージョンを使い続けると、
このように育ってくれるわけです。



まるで最初から鏡面仕上げだったかのような、
いや、使い続けたからこそのご褒美に、
鏡面仕上げになると言った方が納得いく。



20thのシルバーは、ブラストタイプで、
鈍く光るものだったので、
(正確には鏡面とのツートンかな)
鏡面を手に入れることができるのは、
ブラックを買って使い込んだ人だけ!

残るはここだけ!


え?研磨剤で磨けばいいだろうって?
そんなことをしたら、
花柄も削れちゃいますし、
何より粋じゃないでしょ。

使い込んだ結果としての鏡面が欲しいのです。
そして、我が家に訪ねてきたADAコンプリーターが、
20thモデルに鏡面なんてないでしょ?!
何これ?
っていう質問に対してこう言うのです。
「道具は使ってこそ道具、
ほら、お前さんも、
飾ってないで使ってごらんよ。
こんな素敵ツールに変貌するんだから。」
って。


え?
ハサミはどうなったかって?





トリミングなんてほとんどしないので、
買った時のまま、真っ黒です。笑


あと一つだけ欲しいメンテナンスツールがあります。
そう、プロシザース・スプリング
ストレートタイプが欲しいのです。
2014Ver.が鏡面で有ることを祈るばかりです。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. 見事に鏡面化されてますね。
    そういう仕様だったのですね。育て甲斐がありますね。
    私はADAのメンテナンス製品何も持ってないのですが、
    プロシザース・スプリングだけは欲しいと思ってます。

    ( 10:23 )

  2. kotori

    育てるツールだったんですねー!
    やられたな~

    ( 21:52 [Edit] )

  3. aquafox

    イイ感じにエイジングしてますね。
    カッコイイ!!

    ( 22:22 )

  4. はじめまして、

    20thのツールの黒は黒といってもPVDのようなメッキの黒のようでしたので、
    黒買っても削れてくるし、見苦しくなりそう。と思っていたんですが、
    ここまで使い込むとこんなにも綺麗になるんですね。
    目から鱗です。

    ( 23:56 )

  5. BAN

    はじめまして

    御ブログ開始から読み進めてようやく
    ここまで来たのでコメントさせて頂きました。
    小生も水草道を歩む者として
    貴殿の水槽を参考にさせて頂きます。

    今後も楽しいブログを届けて頂きたく存じます。

    まずはご挨拶まで



    ( 08:47 )

  6. 333ばんきん

    ミネさん・kotoriさん・aquafoxさん・45Fさん・BANさん

    ミネさんへ:
    鏡面は傷が目立つのでラインナップから消えたのでしょうが、
    やっぱりカッコいいです。
    通常のハサミだと、切った際に先端がぶれて、
    水草を引き抜いちゃいますが、
    スプリングタイプならバッチリです。
    (先端がぶれない切り方をマスターすればいいそうですが)

    kotoriさんへ:
    ここまでピッカピカにするのは、
    結構時間がかかりましたよー。
    ハサミもピッカピカにしたいなぁ。

    aquafoxさんへ:
    こういう商品だって言うくらい、
    かっこ良く仕上がってきましたよー。
    手にも馴染んできたし、
    この先も長くお世話になりそうです。

    45Fさんへ:
    自分も現品を見た時に、これは禿げるなと思いました。
    角から削れるように禿げると予想したのですが、
    全体的に色落ちするように塗膜が消えました。
    傷だらけも、職人っぽくてかっこいいだろうと思って買ったのですが、
    予想外のピカピカっぷりに、嬉しい誤算です。

    BANさんへ:
    コメントありがとうございます。
    好き勝手にやっているので、
    あまり参考にはならないと思いますが、
    楽しんでいただけたら幸いです。
    今後もよろしくお願いします。

    ( 09:21 )

コメントの投稿