エビの最後とはどんなものだろうか?





水槽から飛び出して干からびる…、




水質に変化に耐えられず赤く茹る…、




魚に突つかれ跡形もなくなる…、




コケを喰わなくなり、
飼い主に嫌われ、
隔離され、
その存在を忘れられる…、





それは幸せな最後だったろうか?







これは、
天寿を全うしたエビの、
最後の姿を捉えた貴重な写真である。


これは、群馬にあるとあるショップの
いち水槽の写真である。

確認できただろうか。

一見すると流木につかまっているヤマトヌマエビ、
そんな写真に見えるが、

彼はお亡くなりになっている。

「きれいな顔してるだろ。ウソみたいだろ。死んでるんだぜ。それで」
タッチの作者も群馬の人。
うちの親父と同窓生だ。
話がそれた。






天寿を全うしたエビは、
流木につかまったまま、
ただ静かに眠る…、
自身がバクテリアに分解され、
水槽の栄養分になるのを、
ゆっくりと、ゆっくりと、
ただ ただ 任せるままに…。

寿命が尽きるまで働き続けた彼の亡骸を、
弄ぶ者はいない。
皆、彼に敬意を払い、
彼の身がゆっくりと分解されるのを、
そっと見守る。




群馬のあるお店での出来事。


fin
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. スゴイ!!!!!
    まさに「立ち往生」ですねー。
    エビさんの気高く、誇り高く亡くなる姿に涙…(T_T)
    合掌。

    ( 12:50 )

  2. くれいんまん

    圧巻の最期を見せてくださって、ありがとうございます。
    いたづらに亡骸をアップするのではなくて、
    頑張ったエビに敬意を払われているのが良く伝わりました。

    ( 13:55 )

  3. エビの最後の姿を見る機会なんて
    そうそうないですもんね・・・
    片付けずに自然に任されている
    ショップさんに心意気を感じます。

    ( 14:34 )

  4. 貴重な写真をお見せいただきありがとうございました。
    群馬の某有名店の写真を見るたび、行きたくてしょうがなくなります。
    あだち充さんとお父さんが同級生ってのもすごい情報ですね!
    僕はあの写真でラオウを思い浮かべてしまいました。
    コメント失礼いたしました。

    ( 23:31 )

  5. はじめまして。
    ちょっと感動してしまったので、思わずコメント投稿しました。
    ミナミじゃなくてヤマト、なんて言える雰囲気じゃないです。(言っちゃった。)

    タッチは大好きです。あ、あとジブリウム、まさかのパスタ容器。最高でした。

    ( 21:44 )

  6. 我が家でも最近、天寿を全うしたレッドファイヤーが仲間たちやラムズに食され、排泄物が植物に吸収されるという連鎖の流れに乗りました。
    ご冥福をお祈りします。

    ( 22:37 )

  7. 333bankin

    なおなりさん・くれいんまんさん・golgoさん・くまたんさん・むっていさん・まさとさん

    なおなりさんへ:
    マスターもはじめて見たって言ってました。
    凛々しいお姿、素敵な蝦生を送ったんでしょうね。

    くれいんまんさんへ:
    奇跡の一枚だったと思います。
    神々しいまでのエビの姿に、
    釘付けとなり、ただただ立ち尽くしました。

    golgoさんへ:
    ほかの魚やエビが手を出さなかったのが、
    どういう理由なのか解りかねますが、
    見た瞬間、天寿を全うしたんだなぁ。
    って、思いました。

    くまたんさんへ:
    コメントの時は、くまたんのキャラクターじゃないんですね。笑

    むっていさんへ:
    そう、南だったらと思いながら記事を書いていたんですが、
    まぁ、ヤマトが和也で、ミナミが南という絵面のほうが、
    納得いきそうなので、結果オーライとしました。

    まさとさんへ:
    魚やエびの亡骸も、落ちた水草の葉っぱも、
    みんなのうんこでさえも、
    水槽という世界の大切な栄養なんですよね。

    ( 09:59 )

コメントの投稿