上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




ご無沙汰しております。
LINEを始めたところ、
ツイッターやブログの書き込みがめっきり減ってしまいました。

このままではWEB LOGの意味がないので、
LINEでリアルタイムDIY中継を
した際の様子を記事にすることにしました。

今回は、ボトル水槽で、
簡単に換水ができるよう、
工夫して見ました。

また、アクアライフの記事を参考に、
底面スノコも作製します。

ボトルは100均のものを使用し、

側面に穴を開けました。

ルーター用の砥石で、

チマチマと穴を広げて行きました。
10分ほどで穴はあきました。


ステンパイプに被せたチューブが、
ギリギリ通るサイズに調整してあります。

続いて底面すのこの制作です。

ボトルの口径を採寸し、

アクリルに罫書きます。

切断は、

糸のこ盤を使用しました。


切断する際に溶けた材料がくっついています。

切断面をヤスリで整えます。

綺麗になりました。

底砂で隠れるので、
適当でいいでしょう。

ボトルの底にハマることを確認。

スノコが浮くように足をつけることにしました。

足は、丸棒の端材を利用。

同じ長さにしたい時は、
まとめてカットするのがセオリーです。

無駄が出ますが、楽に加工できます。


スノコに穴を開けましょう。

今回は3mmで。
アクリルが欠けないよう、
ドリルの先端にヤスリ掛けをしています。
詳しくは、アクアライフの記事を参照ください。

DIYとは忍耐。

開けまくりました。

これで完成でも問題ありませんが、
バリが気になるので、

穴の両面を面取りします。

気持ちの問題です。
(右中央の2つが面取り済み)


両面の面取りが完成しました。

先ほど切っておいた足を接着します。

マジックで記した足位置はこの時点で消します。

スノコベースの完成です。

ボトルにきちんと収まります。


排水配管の取り回し確認。


配管が底付きしてもいいよう、
先端は斜めにカットしました。

こんな感じに曲げて見ましょう。


配管の刺さる位置を想定して、

穴をあけました。
たまたまあったアクリル用ドリルを使用。

ハイ完成。


実はブログをサボったもう一つの理由が、

左のザク。

ろか装置自体は付いていないので、

バクテリアの住処を確保しやすい溶岩石を使用。
もちろん田村商店の溶岩石です。
鮮やかな色合いなので、
ボトルアクアにちょうどいいです。

足し水をすると、
底面スノコの下から水を吸い上げて排水します。
その様子はこちらの動画で。



とりあえずうまく行ったので、

こちらのパスタ保存容器を使用し、

水面のゴミも吸い出せ、
底面ろかフィルターも使用できる、
オーバーフロー排水システムを
構築したいと思います。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. くれいんまん

    かっこいい!
    小さなボトルでシステマチックに育成できるのは魅力的ですね!
    アクリルを巧みに造作できるのはうらやましいな~。
    色々作ってみたい^^

    ( 08:11 )

  2. こんにちは!
    アイデアを形に移行できることを
    本当に尊敬します!^ ^

    ( 14:05 [Edit] )

  3. すごーい♪
    なんでも作れちゃうんですね~
    いったい何者なんですか?(^^)

    ( 17:27 )

  4. ハニ

    こういうのですよ!!
    ばんきんさんのこういう発想と完成度!
    始めてばんきんさんのブログ読んだ時の衝撃を思い出しましたwww

    ( 23:10 )

  5. ゆせりうす

    これは素晴らしいですね

    水がちょろちょろでるのが粋ですね

    ガラスに穴を開けられたら私も作ってみたいですねw

    ( 19:55 )

  6. こんばんは、

    凄い凄い!
    素晴らしいです!
    流石です!
    やっぱりガラスに穴を開けるのは、難しいんですよね。
    私に技術が有ったら、作りたいです。

    ( 23:46 )

  7. にゃろめ

    ザクかわいいですね~♪
    ウチのザクはMASTER GRADEのガンプラですが、それは何ですか?
    それ欲しいですw

    私にも、ばんきんさんのような才能があったらメダカちゃんをオシャレなボトルアクアに入れて、リビングでずっと眺めてたいんですけどね~。
    ガラスとステンがかっちょいい(*'‐'*)♪

    ( 23:49 )

  8. ををを!すばらしぃ〜!
    パスタ保存容器での育成は僕も挑戦しようと思いましたが
    DIYスキル0なので諦めました。
    どうなるか今後を期待してます :)

    ( 13:18 )

  9. mt0827

    初めまして、mt0827です!
    前々からブログを拝見さしていただいてました!!
    しかし凄い技術ですよね!
    いろいろと勉強になります(^^)

    ( 20:42 )

  10. このライブ中継を見ていた者になります・・・

    非常に面白く、完成度+手際の良さに感動いたしますた。

    ( 12:11 )

  11. 333bankin

    くれいんまんさん・サカナノートさん・たかちんさん・ハニさん・ゆせりうすさん・麗さん・にゃろめさん・zoeさん・mt0827さん・SUSさん

    くれいんまんさんへ:
    アクリルは接着が楽チンなので、
    色々と作れて楽しいですよー。
    最近は安価な透明塩ビも手に入るので、
    そちらもお勧めです。
    専用の接着剤でどうぞ。

    サカナノートさんへ:
    色々と物作りを経験して行くと、
    完成させられるかどうかが自分でわかってくるので、
    浮かぶイメージも自然と実現可能な物になってきますね。
    最近では、ふと見かけた面白素材から、
    奇想天外な思いつきが生まれるので、
    散財が怖くてホームセンターに近寄れません。

    たかちんさんへ:
    何者って、
    うーん、
    各家庭に使われている、
    畳のい草の本数を数える仕事をしている者です。

    ハニさんへ:
    お金にゆとりがある時期はDIYが実現できます。
    アイディアはいくらでもあるのですが、
    それを形にする資金が足りない。
    最近では、床屋代を浮かしてDIYしています。

    ゆせりうすさんへ:
    道具とビットと根気があれば、技術入りませんよ。
    あっ、ガラスなので勇気もいるかな。

    麗さんへ:
    3000円ほどのホビールーターと、
    砥石のビットがあれば、
    開けられます。
    3mm以上の厚さだと、
    かなり厳しいですが。

    にゃろめさんへ:
    このザクは、1/144の黒い3連星ザクに、
    SDのザク2の頭を乗せたものです。
    かわいいでしょ。
    自分も、ガラスとステンレスは、
    最高のコンビだと思います。

    zoeさんへ:
    パスタ容器の蓋が透明でなかったのが気になり、
    現在、新しい容器を物色中です。
    が、密閉容器で透明蓋っていうのは、
    無い事はないのですが、少ないですね。
    でも、なんとかなる気がしています。

    mt0827さんへ:
    はじめまして。
    来月から有料になりますので、
    購読手続きをお願いします。
    ウソ

    SUSさんへ:
    ブログでもツイッターでもない、
    LINEらしい提案ができたらと思って、
    タイムラインを汚してみました。
    正直、カメラマンがいないと厳しいですね。苦笑

    ( 01:13 )

コメントの投稿



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。