水草を頂いてからというもの、
モス以外の水草に俄然興味が湧いてきました。
Co2供給システムは高いので、
オークションを中心に、
少しづつ揃えて行こうと思います。

でとりあえず、
DIYで何とかなりそうなのが、
拡散器の部分。

パレングラスなども興味深いですが、
水槽内に設備を入れないで済む、
外部濾過の配管に横入りする形の
ディフューザーを自作することにしました。

この手の工作の場合、
T字型の継ぎ手を用いるようですが、
うちのパイプは10mmアクリルですし、
透明度の高い継ぎ手は見つけられなかったので、
アクリルパイプで作成することにしました。
配水の縦管の途中に設置したいと思います。

買ってきたのは、
アクリルパイプ10mm、
ルーター用砥石、
逆し弁です。

アクリルはT字に繋がるよう、
丁寧に削り出しました。
と言っても、10mm径の砥石で削ったので、
それほど大変ではありませんでした。

逆し弁とアクリルのパーツを接着。
配水側なので、
それほど圧は掛からないとは思いますが、
入念に接着。

ディフューザーにホースを脱着する際に、
壊れてしまうかもしれないので、
接続部分は別の場所に導いた方が
良さそうです。
ガラスに砂を詰めて、
あーじゃねー、こーじゃーねー、
と曲げること3本目。
やっと満足行く形に。

でも、ガラス管はやばい感じが。
これ、絶対割っちゃうな。

ということで、プラパイプに変更することに。
T字も断面接着のみでは不安なので、
補強材を両側に設置。

プラパイプを取り付けて完成です。


もうちょっとシンプルに仕上がる予定だったのに…。

Co2システムはまだ無いので、
エアーでも送って楽しむことにします。

次に作る時は、
CO2ストーン内蔵のタイプにしよう。

追記
接続して見ました。
あれだけ試行錯誤したのに、
パイプはいらなかったかも。
エアーポンプは反対側なので、
こんな感じに接続。
早くCo2を添加して見たいものです。



気に入ったらポチっとしてくださーい。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks