前回、エーハイム500による
雨水供給を装備した睡蓮鉢。


課題となるのは、
雨水タンクが空になった際のポンプの空回し。
水に使っていない状態での稼働は、
モーターへ相当の負荷がかかって
壊れてしまうでしょう。

これを解決すべく、
まず考えたのがフロートスイッチの設置。
電源供給の途中に浮き付きスイッチを
取り付けることで、
(エーハイム500程度なら可能)
水がある時だけ通電させることができます。
価格も2000円以下とお手頃。
ただし、フロートが小さく、
コケや汚れによって動作不良を
起こしてしまうのでは無いかとの懸念が。

続いてフロートレススイッチ。
浮きではなく電極によって水位を感知。
可動部品が無いので信頼性が高いか?
これ自体を電路の一部にはできないので、
別途リレー回路を組まなければならない。

続いてフロートバルブの設置。
トイレのタンクでおなじみのフロート。
電気的にポンプを制御するのではなく、
減った水を水道から供給してみてはどうか。
フロートバルブは1つ持っている。
が、雨水を使って睡蓮鉢を維持しようと言うのに、
水道水を足してしまうのは本末転倒ですな。



フロートスイッチでほぼ計画していたのですが、
ふと立ち寄ったジェットスキー屋さんで、
ビルジモーターなるものを発見!

※参考


12Vの水中ポンプで、
船底などに溜まった海水を排出するものだとか。
ポンプにフロート内蔵で、
水位が下がれば勝手に下がるんだって。
本当は8000円ぐらいするんだけど、
全然売れないから3000円だって。

群馬は川でジェットスキーとかする人いるけど、
マリーナのように船を水に付けっ放しってことは無いので、
こういうポンプは需要が無いのかな。
なんせ、海無いからね。

帰ってきてから調べてみると、
流量については、
エーハイム500の5倍!ぐらい。
まぁ、買ってきちゃったからね。


エーハイムよりはコンパクト。


12V 3Aの電源が必要。
3Aとなると、PC関連ものかなぁ。

使われていないモニタのアダプタがバッチリ!


結線は、3WAYスイッチで、
オン、オフ、オートになるように。とのこと。

(赤いのは血じゃ無い。インク)
でも、タイマースイッチにつなぐので、
常時オートで結線します。
オンオフはタイマースイッチで制御です。


内部にフロートが見えます。
テストスイッチで、
フロートを無理やり浮かしてオンにできます。

底は簡単に外すことができました。

フロートが沈んだ状態で入っています。
電源オフの状態です。


これが浮いた状態=オンです。
フロートが大きいので、
かなりの浮力がありそうです。
これなら、ちょっとしたコケなんぞ
気にならないでしょう。

さて、問題の流量ですが、
試運転したところ、
水道全開並みの流量です。
睡蓮鉢が洗濯機になること請け合いです。

と言うことで、

分岐を設置し、
睡蓮鉢への流路の他に、
雨水タンク内へ戻す逃げの流路を作成。


睡蓮鉢への給水量はダブルタップで絞り、
余った水流で雨水タンク内を攪拌します。
底に溜まった砂を浮かせてポンプに吸わせてしまいます。

また、逃げを作っていることで、
ホースが凍結した場合、
タンク内に循環させて、
水流を逃がすことができるハズです。
(タンク内は表面しか凍らなかったので)


数年間使用しているタンク内ですが、
ゴミは微量で、かつ細かいので、
これくらいならポンプで
吸い出させても大丈夫でしょう。

凄まじい流量なので、
本体も動いてしまうだろうと、
重りを装着しました。

また、タンクの底から少し浮かすことで、
ゴミを直接吸い込むことを防げるハズです。

本日は風が強く、
屋外でのハンダ付けは困難を極めました。


あまりの強風に、ライターは無理だったので、

収縮チューブはバーナーで。

防滴ボックス内に全て収めます。

建物外壁のコンセントから、
タイマースイッチに接続。
その後ACアダプターを経由してポンプを駆動させます。
緑のホースは、ポンプの配線のカバー代わりです。
耐水コードでしたが、
経年劣化が考えられるので、
少しでも傷つかないように。

タンブラスイッチは、
冬場にオフにするために
後から追加しました。
睡蓮鉢もホースも凍ってしまいますので。


タップで水流を調節し、

ちょろりと流れるようにしました。

これで、
タンクの水がなくなっても、
モーターに気を使わなくて良いので、
思う存分給水できます。

といっても、あまり雨が降らないので、
毎日1分だけ駆動させて、
蒸発分を補うように設定しました。

おわり



次は、ソーラーポンプかなぁ。

テトラ ソーラーファウンテン




追記
水位センサー付きのポンプはすごく便利で、
色々と使えそうだなぁと思っていたのですが、
室内で使用するにはうるさすぎます。
今回のように、屋外かつ半密閉タンク内であれば、
駆動音はほとんど聞こえませんでした。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. たか

    お願いします

    電池で点灯する水草電球の作り方を詳しく教えてもらえないでしょうか?
    どうしても子供に作ってあげたいのですが協力してもらえませんでしょうか?お願いします!

    ( 12:50 )

  2. 333bankin

    たかさんへ

    電池で動作するものは作ったことがありませんが、
    電池からコードで配線する形なら作成は容易だと思います。
    LEDに関する知識が無いようでしたら、
    100均で売っているボタン電池式のLEDライトキーホルダーを、
    電球のソケット内に仕込んで見てはいかがでしょうか。
    ホームセンターの電材コーナーなどで、
    大きめのソケットを見つければ、
    仕込むのも簡単だと思います。

    ( 17:40 )

  3. ma883

    はじめまして

    流れる落ち葉のようにここに漂着いたしましたら、居心地よく大変楽しく拝見させて頂きました。
    いつぞやの記事にミドボン導入予定!とのお言葉が。
    手元にSUS仕様のレギュレーターが複数余っておりますのでよろしければ1台差しあげますのでお使い頂ければと思いコメントいたしました。
    国産大手メーカー品(特注)ですし、新品ですので問題ないかと思います。
    以前はADA製を使用していましたが、分岐により圧力不足の為にオーダーしました。3年以上使用してますがGOODです。
    長文失礼しました。
    詳細等ご連絡できますので、お気軽にお申し付けください。

    ( 20:03 )

  4. 333bankin

    ma883さんへ

    はじめまして。
    楽しんでいただけたということでとても嬉しく思っています。
    レギュレーターの件ですが、次のコメントのメールアドレスまで、
    お手数ですが連絡をいただければ幸いです。

    ( 11:03 )

  5. たか

    なんどもすいません。

    皆さんの電球アートを見ていると開けた穴の部分はどうやってフタをしてるのか疑問に思ってしまいました。
    教えて頂けませんか?
    お願いします。
    本当に何度もごめんなさい。

    ( 20:53 )

  6. 333bankin

    たかさんへ

    他の方のは分かりませんが、
    私のは、ふさいでないです。
    そこから水を足したりしてます。
    コルクで栓をしても可愛いと思いますが、
    光が届かなくなるので、
    照明付きには向かないですね。

    ( 23:38 )

  7. たか

    ありがとうございます

    お返事ありがとうございます!
    色々試行錯誤してみたいと思います!

    ( 17:15 )

  8. 333bankin

    たかさんへ

    DIYは、マニュアルより試行錯誤だと思います。
    好きなように色々やって見て下さい。
    行き詰まったらコメント下さい。
    具体的な質問であれば、
    何らかの手助けができるかもしれません。

    ( 00:34 )

コメントの投稿