こんなフィギュアをゲットしたんですよ。

これは面白いなぁ。
水に入れたいなぁと。

よし、水草電球に封入してみよう。

草の絨毯をイメージして、

ジェルキャンドルの素を
ホットプレートで溶かす。

浮いてきた気泡はライターで炙って消す。

少しジェルを入れたら魚のフィギュアを入れる。

冷めたら出来上がり!

って何にも見えねー!!

大失敗。
塗装したフィギュアを封入するのは
難しいのか?

考察
余ったジェルは透明なまま固まったので、
フィギュアの塗装などの不純物が
影響している模様。
高温でも影響のない塗膜を作れば封入できるか?


キャストは高いし、
寒天はカビが生えるし、
なんかいい方法ないかなぁ。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. こんばんは~m(__)m

    ミニチュアの表面のクリアーに問題があるのですかね?WAXとか?

    カラーサンドも怪しくなってきますね。

    ( 22:48 )

  2. はじめまして!(゜◇゜)ゞ

    すごく、すごい事してますね♪
    びっくり!そして尊敬!
    なんとか形に出来たらいいですね~(^-^ゞ

    ( 23:36 )

  3. フィギュアかわいいですね
    そして電球…なぜ濁ったのでしょう…
    できたらとってもかわいいのが出来そうです

    ( 00:14 )

  4. toyo-s2

    あっそっか。
    逆にスノードームの様に固めないのは
    どうでしょう。

    ( 00:14 )

  5. 何がどうしてこうなったのか、さっぱりわかりませんw
    ジェルと塗装が反応して濁ったんですか?

    って聞いて、そうですと言われても解決策は思い付きません(^^;
    ごめんなさいw

    ( 07:23 )

  6. Riapapa

    はじめまして。

    333ばんきんさんのブログを楽しみにしている者です。

    余計なお世話かもしれませんが・・・

    ダイソーの植物が育つ不思議なゼリー(透明)はどうでしょうか?
    ゼリー→フィギュア→ゼリー→水の順で透明になります。

    ( 23:14 )

  7. 333bankin

    toyo-s2さん・江戸川一歩さん・いぼ仙人さん・toyo-s2さん・ほんだしさん・Riapapaさん

    toyo-s2さんへ:
    カラーサンドは水溶性の塗料で作られていて、
    かなり怪しいと思ったもですが、
    その後の検証で、
    問題無いことが判明しました。
    やっぱり、フィギュアに使用されている塗料が問題のようです。

    江戸川一歩さんへ:
    いろいろと次の策はねっております。
    今後にご期待ください。

    いぼ仙人さんへ:
    ジェルで封入するのは諦めて、
    他の方法を模索したいと思います。

    toyo-s2さんへ:
    むむ、それは、自分も考えておりました。
    それに伴う資材も入手済みです。
    お楽しみに。

    ほんだしさんへ:
    えぇー!
    答えくれないんですかー?
    ほんだしさんなら、
    ズバッと解決策を提示してくれると思って記事を書いたのにー。

    Riapapaさんへ:
    すごい!
    それは素晴らしいアイディアですね。
    フィギュアの固定も可能だし、
    透明度は高いし!
    早速試作して見ます。
    パテント代は払わなくてもいいですか?

    ( 00:11 )

  8. KIN

    お初です。
    ラジコンの頃から毎回楽しみに見させてもらってます。

    素材からの溶け出しが問題なら、ウレタンクリアをラッカー上に塗る方法では???

    ブツを置く高さまで充填したら
    ブツを「どぶ付けコーティング」×3層 くらいでコーティングした後、冷却
    (この時点で曇ったらアウトですが。。。。。)
    "ひたひた"まで充填して冷却 (再度溶け出させないため)
    その後、全部に充填

    。。。。。でイケないかと。

    ( 16:53 )

  9. 333bankin

    KINさんへ

    塗膜で保護する方法も考えたのですが、
    100度に耐えられるかどうかのデータが見つからなかったので、
    今回は諦めてしまいました。

    ( 02:35 )

コメントの投稿