上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




色を落としただけなので、
DIYカテゴリーじゃなくて、
どうぐカテゴリーにしました。




Co2システムですが、
結局バラで買うことにしました。
だって、配管関係は、エアツールのパーツに
各社がシール貼って売ってるだけですもんね。

工具屋さんで、製造元の名前で
売っている物の方が、
断然安く変えますもの。

ただ、レギュレーターについては、
目立つパーツなので、
デザイン重視でアクアメーカーのものを
チョイスしました。
無骨すぎるのもなんですから。

今回購入したのはコチラ。SUDOのレギュレーターです。
緑ボンベ変換コネクタと、
ボンベスタンドつきで5000円。
オークションでゲットです。

形状がシンプルだったのと、
汎用のボンベが装着できるのが決めてになりました。
メーカー指定のボンベしか使えないシステムでは、
ボンベ代高くつきそうですから。

流石にタミヤブルーじゃ、浮いてしまうので、
アルマイトを落とすことに決めていました。
アルマイトの脱色といえば、
パイプユニッシュ漬けが定番ですが、
今回はガスを流す機械です。
ネジが痩せたり、
パッキンが効かなくなっては困るので、
サンドブラストで色を落としました。

素地の色になり、
ボンベスタンドとの違和感も減りましたし、
過剰な主張もなくなりました。
タミヤブルー嫌いですしね。

ブラストは、ネジ部分にかけないよう、
組んだ状態で行いました。
当然、内部に砂が入るので、分解して徹底洗浄を実施。
接続部分にシールはしていなかったので、
とりあえずそのまま組み立てました。
ボンベを接続して漏れるようならシールをします。
ついでに、出口を下に向けました。

次は、電磁弁と耐圧ホース、スピコン、コネクタの調達です。
もちろんOEMではなく、製造メーカーさんのもので。




気に入ったらポチっとしてくださーい。
にほんブログ村 観賞魚ブログ シュリンプ(エビ)へ にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
1日1回押して頂けると、やる気が1.5倍(当社比)です。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。