先日のアクアリウムバスで購入した骨格標本。

いろんなところで販売されているけど、
カエルはなかなか売ってない!

製造元さんの出店だったので、
ストック品も引っ張り出してもらって
お気に入りを選んで購入しました。

でも、ちょっと気になった点が。
まず、フタが白い。
カエルの素晴らしさは、
正面から見た顔でありんす。
フタが不透明だと顔が見えない!

それから封入された空気。
ちょっと邪魔。

ということで、

容器を開けてカエルの向きを反対に。
ついでに空気が入らないように封入を。

なんとなく、干物のイメージがあって、
カエルは硬いものだと思っていたけど、
きちんと関節は動いた。
生きているかのごとく可動する。



気泡が消えるのをひたすら待って、
出来上がったのがこちら。

ちょーイカす!
あとでキャップに装飾を施して、
フタを下にして飾ろう。



空気を全部抜いたので、

カエルの顔を正面から楽しめる!


やっぱ、カエルって最高。


にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. たかちん

    これはマジもんのガイコツですか?
    こ、こわー!(;´Д`)

    ( 05:17 )

  2. 久しぶりにコメントさせていただきます。

    透明標本は、身が残っているところがスゴイですよね。
    以前、自分でも作っていました。
    手間と時間がかかりますが、なかなかの感動ものです。
    ばんきんさんなら、簡単に作れちゃうのでは?

    ( 13:14 )

  3. たかちんさん・taketatuさん

    たかちんさんへ:
    ホンモノですよ〜。
    正確には透明な皮みたいなものも付いてます。

    taketatuさんへ:
    以前作ろうと調べた時には、
    薬品を多く使用するので、
    コストがかかりすぎるなぁと感じました。
    何より、入れる生き物を自分で工面するのがねぇ。
    生きたのは殺せないし、
    死んだのはエビが骨にしちゃうし。

    ( 02:04 )

コメントの投稿