いつか使う日がくると、
骨董フリマで購入しておいたシャーレ。

鯉カラーベタを入れて、
ガラスのテーブルの下に入れて、
上から眺めようかとも思いましたが、
鯉ベタは超お高いので断念。




水槽をひとつ開けないと、
新作に取りかかれない。
悩んだけど、
3号器を解体することに。

そうなると、

陸上部分の植物の行き場が必要だ。

ということで、
水槽は使わずにテラリウムを立ち上げて、
植物の行き場を作ろう!


引っこ抜いた植物たち。


引っこ抜かれた水槽。


ポンプ使用イメージ。
水盆のイメージで組んでいきたい。


流木の接合作業。

ホットボンド、
エポキシパテ、
濡れててもくっつく怪しい接着剤、
これらを駆使して組み上げる!

水の流れは一本道、

ウォータースライダーな感じに。

器状とくねりスライダー状の流木は、
ピンときて押さえておいたもの。
やっと出番が来た。


基本形の完成。
どの方向から見られても良いように、
ぐるぐる回しながら組み立て。


盆栽を意識しつつ細い根っこ流木を追加。


完成!

で、苔と植物を植えていく!


流水は一本道。

苔でやんわりと吸い上げさせる。

植物潤う。

なのだ!
なのか?


立木風植物は、5本あるのだけど、
うるさくなってしまうので、
3本しか植えられなかった。

ボルビ水上葉は、
この環境では厳しいだろうとパス。

それ以外は全部収まった。


キッチンで流水テスト。

容器からはみ出ている部分があるので、

流水テストには細心の注意が必要だ。

水量は5L以下だろうが、
垂れたら大惨事だ。
念のため受け皿で囲おうと思ふ。


水は張らずに仮設置





意外と予想通りに組み上がった。

なんかイカすぜ!
羽虫が来なきゃ最高のインテリアだ!
そう、羽虫や小蝿が来なきゃな。
あと、アブラムシ。
90cmの水上部分で苦労した記憶が蘇る。
まぁ、この時期は大丈夫だゼ。
そう自分に言い聞かせ、
ストロングオフを飲み干す。



次は揚水ポンプの加工だってばヨ。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. marty

    ばんきんさんこんにちは。

    かっこええシャーレですね〜。

    絶対理科室に置いてますよね?それ。
    で制作過程にちょいちょい写るSMAPシールと僕のシールにニヤニヤしてしまいます。笑

    水漏れ怖いですよね。
    5Lって水槽で言えば大した量じゃなく感じますが、2Lのペットボトル2本半ですからね!?
    大惨事ですよね・・・

    ( 23:45 )

  2. 磯自慢焼津

    また素敵な作品作ってますね。

    私もシリンダーグラスでテラやったとき、虫やらカビやらがわいてやめました。
    食虫植物とか良いと聞きましたが、どうなんでしょうね^^;

    ( 10:35 )

  3. 333ばんきん

    martyさん・磯自慢焼津さん

    martyさんへ:
    シールを作業台に貼ったのは大正解でした。
    結構記事に写るしね。
    実際入れてみたら3Lぐらいでしたが、
    それでも大惨事ですよね。
    家族に迷惑かけないようにしっかりと管理します。

    磯自慢焼津さんへ:
    そこいらの食虫植物は虫を食べさせちゃいけないって聞いたことがあります。
    そういう環境で育っていないからって。
    以前維持していたの水槽のテラ部分では効果なしでした。
    ハエトリグサでした。
    あと、カビは困りますよね。

    ( 11:39 )

コメントの投稿