上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




昨日は、
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

⬆をたくさんポチッとしていただいたので、
調子に乗って連続で記事を書いちゃいます。



水草の連続投入の影響か、
どうしても我慢できず、
小遣い日前にホームセンターにて、
Co2ボンベを割高で購入してしまいました。

購入以来、ただ横たわっているだけの
レギュレーターが、
早くボンベをくわえさせろと懇願してきたのも要因です。

金属感満載のボンベにちょっとビビりながらも、
レギュレーターのバルブはきちっと閉じて、
冷静に接続。
ブッファーーーーーー、
水槽内にCo2大量噴出。
夜なのに…。
スピコンのバルブを締め切っていませんでした。

以前作成したCo2ディフューザーでは、
Co2は溶けきれずに水槽内に気泡として噴出。
本来なら、外部フィルターの前につけて、
フィルター内で溶かすのでしょうが、
うちの場合、パイピングの関係で、
水槽前の配水パイプにしかつけられません。

まぁ、予想はしていたので、
こっそりと作成しておいたCo2ミキサーを導入しました。

製作に使用したのは、
タミヤのアクリルカラー瓶(大)。
何と美しい瓶でしょうか。
機能性に特化した無駄のないデザインです。
赤をチョイスしたのは、
空瓶がこれしかなかったから。
他の色はまだ入っていますので。

Co2ミキサーを自作する上で注意したのは、
メンテナンス性。
Co2ストーンも含め、
後々洗浄できるように工夫しました。

今回は試作なので、
Co2がどのぐらい溶けるのかを見極めて、
もう少しコンパクトに仕上げる予定です。

早速外部フィルターに接続。
Co2を添加開始。
あっ、
Co2カウンター、うちにはまだ無い…。
とりあえず試運転だし、
まぁいいや。
水積が小さいので、
当然溶け切ることはないのですが、
水流にかき混ぜられて、
それっぽく水槽内に流れて行きます。
気泡破裂音が聞こえないので、
十分な成果が出ている気がします。
前面からは見えないように配置しました。


Co2カウンターを導入するまでは、
ちょっと危ないので、
とりあえずCo2の添加は辞めることにします。
カウンターだけは奮発して、
ビートルカウンターをつけたいのですが、
なかなか中古では手に入りません。
間に合わせで簡易カウンターを自作してみようと思います。

水草、元気に育つかなぁ。

次は液肥に挑戦です。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. No title

    こんにちは初めまして、よろしくお願いします。

    ミキサー自作すごいですね
    Co2添加場所は考え方によって色々言われますね、フィルター前の方が溶け込みやすいとか、フィルター内のバクテリアに影響を及ぼすからフィルター後の方が良いとか。

    私には難しいことは分かりません・・・ ^^;;;

    ( 17:52 [Edit] )

  2. No title

    揖斐えびさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
    微量のCo2がどのぐらいバクテリアに影響するのかわかりませんが、
    万が一の際、ポンプがエアーを噛んだら嫌だなぁとは思いました。
    フィルター後のパイプが長ければ、後ろにつけても溶けるのでしょうが、
    うちの場合は、すぐに水槽なので、ミキサーを作ってみた次第です。
    試行錯誤、失敗しながらのアクアリウムなので、
    参考になるかは疑問ですが、
    お気に召しましたら、またお立ち寄りください。

    おそろいのCo2カウンターも自作しましたので、
    近いうちに記事にさせていただきます。

    ( 00:41 [Edit] )

コメントの投稿


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。