上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ




夕方のこの時間の時点ですでに、
ブログ村 IN過去最高記録を更新いたしました。
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ

ポチって頂きまことにありがとうございます。

ということで、やる気スイッチが入りました。
本日も もう一つ記事をアップさせていただきます。


さて、今回は、Co2カウンターということで、
我が家のCo2供給システム、
最後の砦にして難攻不落の装着です。

本当はそのデザインから
ADAのビートルカウンターを導入したいのですが、
予算から言って、当分は無理。
手に入れるその日までを
自作のCo2カウンターで乗り切ろうではないですか。

Co2カウンターが難攻不落である所以は、
その取り扱う対象が気体であること、
また、Co2ストーン使用時には、
カウンター内にも其れなりに圧が掛かることです。
密閉には細心の注意を払って製作しました。
いきなり完成ですが。
Co2ミキサーと統一感を出すため、
タミヤカラーの瓶で作成。
今回は小瓶です。
赤はまだたっぷり入っていたので、
オレンジ色になりました。

Co2のインとアウトを蓋につけただけのお手軽制作です。

我が家の水槽は、
モスがほとんどで、
1秒1滴より少ない添加がいいだろうと、
気泡が小さく出るように制作しました。
より少量の調整が目視しやすいと思います。
こいつの1秒1滴で一般的なカウンターの
2〜3秒に1滴相当と目論んでおります。


早速運用。
ドッブゥワァー。
またも大量にCo2を添加してしまいました。
仮運用ということで、
スピコン以降のホースが長く、
調整後のタイムラグが結構あるのです。
出てこないなぁと焦って開くと大量に噴出。
ちょっとひねっては様子を見ての繰り返しが大切なようです。

おおー、Co2添加は面白いなぁ。
などとのんきに眺めていると、
ああー、カウンターから水が漏れとるー!

しかも蓋のネジの部分から。
プラカラー容器の密閉性って
それほど高くないのかなぁ。
内蓋を加工しちゃったせいもあるかも。
とりあえず、シールテープで補修して
使用継続です。

Co2供給システムは楽しいですなー。
このメカ目かしさ。
高圧ボンベに電磁弁、
一見 水槽とは関係ないようなこの機器。
水草が無くたって添加したいぐらいです。
(何のために?)




にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

  1. 駒草園

    No title

    こんばんは
    先日はありがとうございました
    ・・って気づくのが遅すぎですよね(爆)
    まさか ブログをなさっていたとは・・
    壊れかけの年寄りなもんで 気付きませんで失礼しました(爆)
    あの草はロターラ・ロトンジフォリアです

    あっ 水草ランキング 凄い勢いですね! 
    楽しみが1つ増えたぞ~!

    ( 22:38 [Edit] )

  2. No title

    駒草園のマスターさん 先日はありがとうございました。
    まだ水槽ブログを始めて間もなかったもので、
    恥ずかしくて言えませんでした。

    ロターラ・ロトンジフォリアですか。
    コマクサソウと命名するところでした。
    だいぶ赤みも出てきて、水面に到達するほど伸びましたので、
    初のトリミングを行いましたー。

    皆さんには、知識も経験もとても追いつかないので、
    更新回数だけでも、と思っています。
    とにかく、何をするにも初体験の初発見なので、
    記事にするのが追いつかない状態です。

    職場からかなり近いので、ふらっと寄らせていただきまーす。

    ( 22:57 [Edit] )

  3. No title

    こんにちは

    カウンター見栄えいいですね
    細くしたCO2吐出口は、熱を掛けて引っ張ったんですか?

    ( 09:57 [Edit] )

  4. No title

    先端は、アロンアルファーについてくるノズルでーす。
    スパイラルカウンターを導入したので、ジャンクボックス行きになってしまいました。
    次のDIYの材料になってくれることでしょう。

    ( 10:33 [Edit] )

コメントの投稿


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。