オレンジ魚はとても丈夫で育てやすいです。
10匹買って、現在は7匹となっていますが、
導入後数日間で亡くなった3匹以外は、
飛び出すこともなく育っています。

サイズは、ランプアイよりも一回り小さく、
悪さもしないので助かります。
最初はランプアイに餌をとられまくって、
やや痩せていましたが、
ランプアイの隙をみて餌を食べる方法を覚えたのか、給餌後は、誰よりもお腹が膨れています。

ランプアイの成魚は4匹となってしまいましたが、
その多くは水槽からの飛び出しです。
(いっそ、水は半分ぐらいにしようかとも思っています。)
稚魚が10匹以上いるので、
その成長に期待したいです。
4匹中一匹は、少し大きく、
背びれと腹びれの形状が違うので、
おそらくメスだと思います。
メスは攻撃的で、他のランプアイを突っつくのですが、
卵を護る行動なのかもしれません。



今日もやってしまいました。

CO2をドゥブゥワーッファーーと。

一面の気泡です。
パイピングを見直していないので、
微調整時についついやってしまうのです。
CO2ストーンは気泡が出にくく、
それなりに圧を掛けないといけないので、
スピコン後のチューブも耐圧の方がいいのかな。
シリコンチューブが膨れて、
圧の掛かり方がコントロールしにくいのかも。
長すぎるのもありますが。

プラ製の逆止弁はあまり役に立っていないようで、
CO2ミキサーから水が逆流し始めました。
耐圧の逆止弁に変更するなり対応策を考えます。
ミキサー自体は問題なさそうなので、
正式版の制作に取り掛かりました。
きちっと攪拌して、
完全にCO2を溶かし切れるよう、
パイプの配置と容器の容積を改善しました。
また、接着剤とバスコーク頼りだった
接続部分は、より製品に近い形に仕上がりそうです。
冬に向けてヒーターを
ビルトインしようかとも思いましたが、
容器が非常に大きくなるのと、
目視による点検がしにくくなるので、
諦めることにしました。


サテライトへ侵入を試みる石巻さん。



にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ





コメント

    コメントの投稿


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks